シェア

「十数年前に助けたかえでちゃんの、あまりなかわい...」の会話スレッドまとめ

十数年前に助けたかえでちゃんの、あまりなかわいさもとい不憫さに、お家へ連れ帰ってしまう真田幸影少年という可能性を検討したい

まずはかえでちゃん→幸影少年の呼び方検討。

お兄ちゃん
お兄さま
兄さま
幸影お兄ちゃん
幸影お兄様
幸影兄さま
ゆきお兄ちゃん
ゆきお兄さま
ゆき兄さま

名前付きの方が心臓もってかれるのと、適度な長さを評価して、ここでは「幸影兄さま」を仮採用。

「幸影兄さま」と「兄さま」の混合で

幸影少年は世を忍ぶ仮の姿が真真田修練院の生徒なので、普段は寮生活だけど、休みの度に実家に帰って来てかえでちゃんに勉強とか忍術とか教えてる。

帰ろうとすると、かえでちゃんはうる目になるけど、我儘言っちゃいけないと我慢して、「幸影兄さま、またお勉強教えくださいね」と笑顔で見送る。

幸影少年、寮にかえでちゃん連れて行こうとするの家の人に止められる。

かえでちゃん、真田のお家の人に連れられて歌舞伎を見に行った縁で咲助と出会う。

咲助はツンデレの標準装備である【好きなコほどイジメちゃうでごさる☆】を発動するさせて、髪引っ張ったりする。
何処からともなく幸影少年が現れゲンコツ。

幸影少年は大大名の後継なのでお見合いの話が引っ切り無しにくるけど、
「かえでちゃんを幸せにすることが俺の運命だから」(目が笑ってない笑顔)と断る。
真田の家の人、惣領息子の行く末に不安を覚える。

幸影少年、たまに他愛無い風にかえでちゃんに「かえでちゃん、俺のこと好き?」と聞く。
はじめの頃は微笑ましく見守っていた真田の家の人、段々不安が強くなる。

なんだかんだと咲助と仲良くなったかえでちゃん。真田のお家の庭でおままごと。

咲助「お、おまえ、しょうらい、だれとけっこんするんだよ!」
かえで「けっこん?」

咲助「だれもいなかったら、お、おれがけっこんしてやってもいいんだからな!」
かえで「ないしょにしてね。かえでね、幸影兄さまのお嫁さんになりたいの」(照れ照れ)

微笑ましく見守っていた真田の家の人、戦慄

幸影少年の誕生日に、子供が一生懸命頑張れば作れるお守りなんかをかえでちゃんが作って(指にちょっと怪我)プレゼントする。
「幸影兄さま、お怪我しないでくださいね」
幸影少年、にこやかに受け取った裏で号泣。

幸影少年とかえでちゃんがお参りに行って、幸影少年がどんなことお祈りしたの?と聞くと、はにかみながら答えるかえでちゃん。
「幸影兄さまがお怪我しませんようにって」

かえでちゃんは幸影少年の頬の傷が自分のせいだと思っていてなんとかしたいと思ってる。その縁で、穴山さん家の系列の薬屋さんを覗いたりしてる

ただ、この状況だと時間が経過しても幸影少年の恋愛フラグが立たない可能性がある。ひたすらはた迷惑な鬼いちゃんで終わってしまう。いっそ、武者修行に出て数年後に再会とか。

かえでちゃんが16歳くらいの頃に戻ってきて、フラグがぶっ立って色々あって運命に選ばれるといい

かえでちゃんは10歳過ぎたくらいから、真田家が大事に育ててる娘さんってことで政略結婚の話が持ち込まれる。
真田家の人も、娘みたいに育ててきたし、掟もあるから、良い縁があれば、と前向きになる

幸影少年「いいですよ。ただし、俺より優れた男でなければ認められません」(次期組頭。遠呂智の術習得済み。筆頭大名の跡継ぎ。その他色々)
真田家の人、頭を抱える。

ちなみに、この時のお相手は鎌清

若君に同じ年頃の友達が増えるのは良いことだという大人たちの配慮(下心あり)から、秀虎と引き合わされるかえでちゃん。
きゃっきゃと遊んでいるけど、秀虎は世間知らずから来る傲慢さを発揮してかえでちゃんを怯えさせる。

どこからともなく幸影少年が現れ秀虎を池ボチャ。(かえでちゃんには、秀虎が足を滑らせたようにしか見えない)
幸影少年「いけませんよ、若君」(目が笑ってない笑顔)
秀虎「・・・!」(愕然)
かえでちゃん「幸影兄さま。いつの間にいらしたの?」(抱きつき)

  1. トップ
  2. yamasi
  3. 2015/09/14 08:52:40 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ