シェア

「社畜なんてなるか!とイキってたニートの末路を書...」の会話スレッドまとめ

10.5万1.6万771
2020/11/22 18:54:39 公開

社畜なんてなるか!とイキってたニートの末路を書く。

29歳無職、友達ゼロ。2浪2留ぼっち陰キャが成功者やインフルエンサーに影響され勘違いして、意識だけ高いニートになって3年

その結果、何も成し遂げられず仕事も遊びも恋愛も人間関係も何一つまともにできず20代終わった。
俺の人生なんだったの

最初は一人でいいと思ってた。煩わしさもなく、自由で気楽で平和。内向型だし人間関係は元々向いてないんだし、普通の人生は諦めようと。

でも20代も終わりに近付いて、いつものようにぶらぶら出歩いてカップルや家族連れを見ると
急に何もない自分に苦しくなった。今までは何も感じなかったのになあ

まだ年齢的には若くて余裕のある時期は、他人はそんなに気にならなかった。諦めがついた。

しかしいよいよ30代という節目が近付いて、いざ可能性や選択肢が閉ざされ始めると一気に心境が変わる。
途端に余裕がなくなり、焦り、劣等感で苦しくなった。
きっと結婚とかもそういう感じなんだと思う。

今まではいつか成功して見返してやるという心の余裕がどこかにあった。
ツイッターを頑張ったり意識の高い情報に触れていたことで、どこか未来への希望があった。

一人のほうが自由で気楽で、自分は恵まれてると思っていた。
でもそれが最近は段々なくなってきて、耐えられなくなってきた。

ホリエモンやひろゆき、プロ奢ラレヤーとか
そういうなんか自由そうに生きてる成功者たちの情報を見て、なんか無理に働かなくても人生うまくいく気がして。

俺はニートになってからそれまで依存してたゲームもやめて、ツイッターやYouTubeでそういう情報収集ばかりして何かした気になっていた。

今まで意識の高い、ためになる、役に立つ情報とかをなんとなく集めて
それによって無意識に将来に明るい希望を感じることで精神が安定していた部分があったと思う。

しかしニート期間でそんなことをしてるうちに3年経ちもう29歳。
気付けば俺には何も残っていなかった

俺の唯一の成果といえば、ツイッターでフォロワー1000人いったことくらい。1円にもならなかったけど。

これはニート初期の頃、2浪2留ぼっちの悲惨な学生生活からようやく解放されニートになった反動で
やっと自由になった!という一時的な万能感と勢いがあってできたことだった。

そこから意識高い系になって、自分の辛い過去やそれでも前向きに生きる姿勢を発信してだんだんフォロワーも増えて自信がついた。
たぶんそれだけが心の支えだった。

しかしそれも2年目3年目とどんどん勢いは落ちていって、浮き沈みが増えた。

いつしか自分の発言に対する他人の評価ばかり気になり、言いたいことも言えなくなった。息苦しい。

他人の評価が気になるのは、自信がないから。自分の軸がないからだ。
今まで学校生活で散々虐げられてきて友達ゼロのニート、ツイッターしか社会との関わりがない。自分の軸も自信もあるわけがない

そしてツイッターを休むことも多くなって、ある日自分には何もないんだと唐突に理解し、死ぬほど苦しくなった。

俺にはこのツイッターしかなかったんだと思う。今までそのおかげでなんとか心の平穏を保っていられてたんだ。

今はそれすらもメンタルの弱さでできなくなって。俺には何も残らなかった

別に親が死んだら詰むとかが怖いんじゃない。

このまま人と誰とも関われず、歳を重ねるごとに未来への希望や余裕がなくなっていき、そのうち世の中を恨んで暴走するしかなくなるという未来が想像できるから怖いんだ。

このまま40代50代とかまでニートを続けていたらとても精神が持たないだろう。

せめて人間になりたくなった。働いてるとか自立してるとか当たり前の、人並みの肩書、ステータス、自信が欲しくなった。

そうでもなければもう、このまま人と関わることができないと思った。

以前は俺ニートだよーなんて開き直れるくらいの開き直りがあったのにな。

たまに勢いが乗って、勇気出して人と会ったり行動するたびにどこかボロが出て。

やっぱりいつもどこか小バカにされてるようで。俺はやっぱりだめなのかと心が折れて。

陰キャってね、すぐバレるんだよ。
ハロウィンの時、仮面つけてたのに陰キャって言われたよ。喋り方や仕草でもう一瞬でバレる。笑

実はこんなことを書くに至ったきっかけは、今朝見た夢だった。

小学生の時からずっと好きだった子がいて、好きなあまり意地悪しちゃって。
そして中学でついに同じクラスになれたのに
その時俺は陰キャになってて惨めで話せなくて。

そんな過去を思い出して辛さを日記に書きまくってたらこうなった。

俺の人生が狂ったのはあの頃からだったかもしれない。

小学校低学年以来、やっと中学であの子と同じクラスになれたのに
俺は何もできなかった。
告白するどころか話しかけることもできない惨めさ。

陰キャになったから。それが全ての悪夢の始まりだった。

あの頃にもし普通にあの子と喋れたらどんなに良かっただろう
もし告白なんてできたりして上手くいってたらどれだけ良かっただろう。

あの頃の弱く、惨めで、自信のない陰キャになった俺にそんなことは不可能だった。

陰キャにさえなってさえいなければ。

もうみんな、あの頃のことなんて忘れているのだろう。

闇金ウシジマくんで、俺みたいなフリーターくんのウツイというやつが
久々に再会した同級生に昔話ばかりして内心呆れられてる描写があった。

みんなとっくに先に行ってて、みんな働いてて、もう結婚とかし始める年齢なのに。今の俺みたいだ

陰キャになるって、そういうことなんだよ。
自分だけ時間が止まっている。あの時からずっと。

みんな、今頃何やってるんだろうな。
普通に恋愛とか就職して、ちゃんとした人生歩んでるんだろうな。

俺が浪人や留年で周回遅れしてた時期にたまたま再会した過去の知り合い達は、みんなそうだった。

陰キャになった俺は高校では更にひどい扱いを受けた。

陰キャのくせに、名前の順で後ろだったイケメンくんに話しかけてしまったがために2年間ずーーーっとネチネチと悪口陰口を言われ続けていた。キモいとかウザいとか。聞こえるところで言われてた。

彼は顔もよくて、運動も勉強もできて。そんな彼に何も言い返せなくて黙っているしかなかった。

元々自分が嫌いだったから。キモいとかその通りだよなって。認めるしかなかった。
なんというか、いじめとかって感じじゃないと思う。わからされた

その2年間で俺の自信は、完膚なきまでにぶっ壊された。

高校3年間は本当に何一つ楽しい思い出がなかった。3年目は文化祭も行かなかった

卒業式のあと、誰とも話さず、何も起こらずいつも通り一人で帰ったな。あれ、何もなかった…って。

ひたすら家と学校の往復で、遊びに行く友達もなく、世界も広がらなかった。これがガチ陰キャの現実ね。

勉強する気にもなれずそこから2年浪人して、やっと受かった大学でも1年目サークル入らず、2年目から出遅れてサークルに色々入ってみるもどこも馴染めず幽霊になり、友達も相変わらずゼロで単位も取れず2留した。

中退は親に悪いし、今までのが全部無駄になるのが嫌でなんとか卒業。そこだけマシかな

就活は、2浪2留で友達ゼロでゼミもサークルもまともにやってない俺なんて無理だろとハナからやる気にならず、就活なんてバカらしいと思ってやらなかった。

当時は意識高い系の流れもあり、みんな揃ってスーツ着て同じ格好で就活する異様さに疑問を持ったりして。
実際は面接が怖くてできなかった

好きなことで生きていくだの、都合のいい情報ばかり見て普通の人生なんてこっちからごめんだ!みたいに強気だった。

その結果、29歳何もないニート。ネットで何かしら稼げるとたかをくくってたけど結局メンタル弱くて続かない

誰もが「それ見たことか」となる結末。こうならないように気をつけてな!

少しはポジティブなことを書いておくと、もう自分には何もないと気付いてやっと本気で就職する気になった。
ニートでもサポートしてくれそうなとこ調べて就職相談の予約を取った。
30まで、もう残された時間が少ない。就職でもしなきゃ自立できない。このままずっと。今からでもやり直すしかない

反応くれた人達、ありがとう。思ったより辛辣なコメントもなくて救われてます。全部読んでます
似たような境遇の人とか、気分悪くしたらすまない。でももう書くしかなかった
本当にツイッターしかない。でも続けると無意識に自分の承認欲求や見栄に潰されてメンタル終わる。どうすればいいんだろな

精神的に追い込まれると、つい過去のことを考えてしまったり思い込みで恨んだりすることがある。これが悪化していくのがかなりヤバいと思っている。
親のせいや誰かのせいにしても何も変わらないのはわかってる。自分を変えるしかない。そのために自立したい。自立するには結局働くくらいしかなさそう

若干言われたので書いとくと、一応見た目はできる限りは整えてる。
眉毛や髪型くらいは整えたり。下手だろうけど。気合入れる時はコンタクトも。
自宅の鏡では自分イケてるんじゃね?って錯覚するようにはなったくらい
なお外で見るとなんか違う模様。お察し。後に自宅の鏡は脳内で補正かかると知る笑

今も相変わらず人前に出ると自信なくなる。普段から人と喋ってないから余計に。
自信ない→人と会えない喋れない→ますます経験不足で自信なくなる、というループにはまってる。
友達一人でもいたらこんなことにはなってないと思う。
喋る練習したいな。

体が細くて弱々しいのでもっと太って筋肉つけたいと思い、最近マイプロテインのセールでウエイトゲイナープロテイン買ってそれ飲んで筋トレしてる。
結局自信や精神力も体の強さなのかと思ったりして。筋肉が全てを解決するとかしないとか。

問題はちょっとサボるとすぐ戻るから本気で続けなきゃ。

寝たけどあんま眠れなかった。
で目が覚めた瞬間からなんか怖くなった
たぶん変わることへの恐怖。脳は変化を嫌って、戻ろうとする性質があるらしい。
前にもnoteで想いを暴露してせっかく褒めてもらえたのに、メンタル潰れて続けられなかった。
もう繰り返したくないからせめて紛らわすために書いてる

就職をしようと思った理由。
まず30歳のボーダーラインまで残り少ない焦り。
自立するため
そして一度もやりもせず逃げたままなのが自分にとってよくない。
正直、現実は甘くないから決まったとしてもどうなるかはわからない。
それでもだめだったら、また次の手を考える。
一度は頑張った、が欲しい。

  1. トップ
  2. 🍃佐倉 蓮🍀〜いのりまち町民🚩〜
  3. 2020/11/22 18:54:39 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ

最新スレ

人気スレ