シェア

「ある人が見れば重要な史料、ある人が見ればただの...」の会話スレッドまとめ

ある人が見れば重要な史料、ある人が見ればただのガラクタ。詰まるところ、史料が残るかどうかは、それを見て評価する個々人の資質にかかっています。それに、プロ、アマは全く関係ないです。普通の人が、これは取っておこう、という行為が史料を残すのです。プロだって自分の専門以外は、全く興味なし

失礼します。下世話な例で言えば、家族がオタクの気持ちなんか理解しないオタクグッズを捨て、後年それが高額のレアグッズだとしても、それを認めない人からしたら、ただの廃棄物となってしまいますね。金銭以外でそれの価値を認める価値基準がないとその価値を測るのも難しい現実もありますね。

そうです、そうです。ある家族が、オタクグッズを無価値と判断するように、他の家族が重要なものと評価するものを、オタクは無価値とみなすのも同じです。価値判断は、千差万別ですので、一概に責められないのが悩ましいところです。でも、オタクのものだからとか、ダンナの収集品なんて意味がないと

勝手に捨てる配偶者や家族は、言語道断です。そういうヒトは、自分の価値基準こそが絶対という(本人がそう意識する、しないにかかわらず)考え方の持ち主です。多様な価値を認め合うことと、史料保存とは、実はとても似通っているのです。史料調査をしていて、昭和40年代の映画ポスターが出てくること

がありますが、アタクシたちは、ちゃんと史料整理封筒に収め、決して排除することはありません。いったい、整理を終えたどの史料に注目する方が出現するか、わからないけれど、そのために整理して保存する措置をとる。これこそが、史料調査、整理、保存の極意です。

  1. トップ
  2. “反省卿”シーナブラック
  3. 2021/02/25 16:56:31 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ