シェア

「その人が辛いと言ったらもうそれは完全に辛いので...」の会話スレッドまとめ

その人が辛いと言ったらもうそれは完全に辛いのであって自分の経験と比べて軽んじたり否定したりしてはいけない、と何度も思うし何度でも言う

高校生の頃まで自分ももっと辛いことを経験していると言わなければいけないと思っていました。自分はまだマシと思えるように。
でも、そのことを怒られ、ただその発言を聞けと言われました。愚痴を聞くのが楽になりました。

「言わなければいけない」のところに考えさせられました。確かに私にもそういう時があったので。それをどこで、誰から何から学んだのか。

多分、周囲の大人の会話を聴いていてと思います。不運に見舞われた方と話している時に近況を聞かれて「私は何事もなく幸せに過ごしています」と言い切るのは今でも抵抗がありますし。

「いやぁ私もいろいろあるよ〜」って言っちゃいますし、よく聞きますよね。この言葉には「だから気持ちわかるよ」の共感の表明ともとれますし、これがビンゴの時もある。だったら何を求められてるのか…

考えてみれば大人の場合は「お互いに大変だけれど、何とか乗り越えようね」というところまで話が続くけれど、高校生の時は相手が黙っちゃいました。
ケースバイケースというやつなのでしょうかね。

言葉の続きかぁ〜なるほど。高校生という子供でも大人でもない時期ということも関係してそうですね。

そうですね。あと、高校時代は言動にダメだしされることが多かったので、「校風に合わない」というのもあったかもしれません。
栄養士になりたかったので、大学の付属高校に進学したのですが、いわゆるお嬢様学校というやつで浮いていましたしね。

言動のダメ出し?!酸いも甘いも噛み分けた大人の行動学を高校生が型から入るのって、ちょっと危なっかしい。でもこれも長い人生の学びということでしょうか💦蛇足ですが私もその文化圏からはもれなく浮きます。

おお。浮きます仲間がいてうれしいです笑

  1. トップ
  2. “反省卿”シーナブラック
  3. 2021/03/04 19:38:30 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ