シェア

「思うに日本の最低賃金は1700-2000...」、@nauselin さんからのスレッド

思うに日本の最低賃金は1700-2000円/hが適正で、しかもそれは非正規ではなくて正規無期雇用の人に適用すべきだと思うんだよね。
で非正規有期雇用には3500-6000円/hぐらい必要だと思う。
それに抵抗感あるとしたら、それは正規と非正規を身分として捉えているからじゃね?

日本は国連から賃金の低さで勧告を受けていたと判明!このままじゃ生活ができない... | 横浜メトロポリタン

労働|かねてより叫ばれていた最低時給1500円の声だが、とあるツイート民より最低賃金を巡る恐ろしい事実が明

metropolitan.century.yokohama

何で正規無期雇用が非正規有期よりもそんなに賃金が安く換算されるかというと、正規無期雇用には「後から支払える」からなんですよ。実際のところ日本の今までの賃金って20-30代で働いた分の給与を40-50代で受け取っているのが実状。
逆に後から支払えない非正規には数倍の給与は支払ってトントン。

本当に日本の賃金はそんな風になっているのだろうか?と言うのをみんなも思考実験してみて欲しい。
今働いている会社で20-30代が一斉に半数辞めたら、会社はどうなる?
じゃ、40-50代は?
20-30代に半数やめられたら会社は立ち行かないんですよ。逆に40-50代はリストラすると賃金を踏み倒せる。

それが日本の賃金の構造。
中年以降に解雇をすると企業が圧倒的に得をする。若いうちに使い潰すと得をする。
そういうインセンティブがある。
そこを把握しないで「若いうちは教育期間。中年以降が働き盛り」とか真に受けていると、認識が現状と食い違っているからマトモな対策なんて出来ないですよ。

もし本当に中年以降が「働き盛り」だったら企業は必死になって慰留する。でもしないでしょ?
ただでさえ日本の賃金制度は中年以降も優秀な人だけ昇進させて(ここは当たり前)そうでない人は窓際族として生活保障だけにしてきた。でそれをリストラで生活保障すら0にした。
それが「おいしい」んですよ。

まぁ、その分を誰が負担するの?って言ったら、今まで個人が消費財で消耗する中、ゼロサムの貸借表で資産を守られていた法人や資本家、あと相続で受け継いだ資本にあぐらをかいて、投資するにも「で、どこが儲かるの?」しか頭に無かった人達が引っ被るのが最終的な行き先かなーとは思う。

特に「で、どこが儲かるの?」しか考えていなかった層(個人も法人も含む)はゴッソリ持って行かれるべきだと思う。
それ、あんたが稼いだ分じゃないもん。
あんたの才能、使ってないやんって話ですよ。

そうなったら基本的には物価は上がると思う。全体的な物価は上がるとは思うけど、その時に地価と不動産価格と家賃だけは、人為的に上げさせないように抑え付けないとダメだと思う。
ここを政治的に抑え付けないと、資本構造と産業構造の根本が変わらない。

これぐらいの賃金と物価の上昇があって、家賃が今のままぐらいが「適正」なのではないか。

リプ欄でのやり取りで、新たに見えてきたのは正規雇用と非正規雇用の本質的な差は何かと言うこと。
違いは、その会社に「技術と知見を投資しているか」ということ。もちろん、正規雇用は投資する側だ。
非正規有期はそれが最低でも一ヶ月単位で清算されている、というのが表向きの位置付け。→

会社は銀行や投資家からお金を投資されて運営されるが、同様に創業者からは「意志」を、正規雇用社員からは「知見」「技術」を投資されて運営されている。投資された金は返済されたり、配当を支払いながら再融資されたりするものだが、当然ながら会社に投資された「知見」や「技術」に対しても対価を→

支払わねばならない。
が、そこを無かったことにして、その分を通貨のやり取りだけにぶち込んでしまったらどうだろう?
そりゃ、本来の筋通りにやっているところに較べたら圧倒的に有利になるに決まっている。もちろん、有益な知見や技術わ投資されていた場合ならば、の話だが。

ちなみにこの中に「労力」は含まない。労力は投資してはいけないのだ。毎月清算される。これが正社員が「最大限会社に投資したとき」に最低賃金となる。が、上記で非正規雇用の時給はその数倍にすべきと書いたとおり、これは現実的な数字ではないだろう。→

あくまで正社員が極端に自社にリソースを全振りしてしまった場合でも生の労働力として換算されるのが、おそらく今の物価で言うとそのぐらい。
さて、話はその正社員から受けた「大卒なりの知見」やら「訓練された技術」やらを会社が使い込んで全部、金銭に換えてしまった場合の話に戻ろう。→

その極端な例がブラック企業問題でももはや常連化しているユニクロのような業務形態だ。何故、優秀な学生をあんなに使い潰して莫大な利益を上げられるのか。あの利益の源泉は何なのか。
それが今まで不可視だった「投資された能力」なんだと思うんですよね。→

あと、私が言った「本来の最低賃金」なんて貰ってない正社員、たくさんいますよね?皆さんの会社の運転資金、何だと思いますか?
そう。その「差額分」ですよ。

でも、現実問題として現場でどうすればいいのかなんて分からない。そう思う人も多いはず。会社に労組はあるけど、会社が潰れたらなんにもならないと説得されたりもしているのではないか。
じゃあ、どうしたらいいの?
そうなった時に会社が支払えるもの、ありますよ。→

その会社の株です。
支払う金が無いなら、支配権を売るしか無いでしょう?そんな今まで搾取された会社の株なんか嫌だ、いらないって人もいると思う。ひどい会社なら特に。売ればいいと思う。でも、そんな会社の株、誰も買わないかも知れないですよね。→

「市場価格か額面のどちらか少ない方」で「価格を6掛け」とかで換算して請求すればいいんじゃないですかね?
そんな交渉、会社が載る訳が無い?だから、労組を作るんじゃないですかねぇ。反対運動をする労組じゃなくて、交渉する労組。従業員同士で何掛けにするかの情報を流通させる場として。→

理念に賛同できる会社だったり、着目点にちゃんと惚れ込んで就職した会社なら、ちゃんと投資した分の利益も出るかも知れないですよ。銀行から出向してきた役員を追い出せるかも知れないですよ。密かに慕ってきた上司を応援できるかも知れないですよ。

あ、そうそう。
このラインで交渉すれば、ユニクロの社員も柳井会長が儲かるのと同じぐらいの速度で自分に利益を還元できるかも知れないですよ。

少なくとも、お金のない会社からお金を取ろうとしてもダメ。
と言うか、無いものは無いし、それでももぎ取ろうとすると大きく減債される結果しか存在しない。だから交渉で取るとしたら、支配権。支配権は株式で行使される。これを奪い取ることでちゃんとやれば今まで「ダメな経営者に→

金を貸していた出資者」にちゃんと損を押し付けることができる。
今までの労働組合の賃金闘争だと経営者を追い詰めることはできても、それに金を貸す(そして貸し渋る)銀行に追及の手をかけることが出来なかった。
何故、今の賃金相場がこれだけ割り込んでいるのか。→

今まで金を貸す立場を独占していた銀行や金融機関が「必要な人件費」を貸そうとしなくて、経営者が出したくても、出した分を経営が悪化したときに「無駄な人件費」としてリストラの対象にしていたからです。
「人に金をかけない」という致命的な判断の失敗をした出資者は→

それを理由にちゃんと経済的な損失を被らないといけないと思うんですけどね。
「それが資本主義」でしょ?

メンタル話し相手。ほしをみるひと。 #INFP #ADHD 診断済み精神3級。うつサバイバー10年選手。後ろに向かって前向きです。ライフはハックしない。石をちょっと格好良く積む。緑A14転色組、KSL陣営。

  1. トップ
  2. ナウゼりん
  3. 2019/03/11 09:28:34 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ