シェア

「#CUE #CUE文芸部 #メンテ頑張って...」、@rettiwTdesudeR さんからのスレッド

#CUE
#CUE文芸部
#メンテ頑張って
#運営さん無理するな

メンテ明けないので、それまでここでss書いてます。

練習がてらなので適当です。

テーマは、ジャーマネと志穂のコント練習で。

ある場所に連れて行くと志穂から言われて来てみれば、そこはよく来る公園の一角だった。

春風も気持ちよく、蝶もちらほら見える。

「あのー、志穂さん、ここで何するんですか?」

終始無言で手を引かれて来たため、本当に何をするのか分からない。

公園の屋根のついた所で並んで座り、志穂は話す。

「ジャーマネ、今から私と漫才をしてもらう」

膝の上でぎゅっと両手を握り締めて、志穂は俯きがちになった。

何か深い理由でも……ん?漫才?

「えっと……漫才?」

コメディアン的なそういう事かな?

頭の中に疑問符が浮かんでは消える。

尋ねると、志穂はこちらをしっかりと見据えて吠えるように言った。

「ジャーマネ、夫婦漫才をするぞ!」

夫婦漫才って……えっと?

再び増えた疑問を振り払って、すぐさま立ち上がってから、志穂に向かって言う。

「アウトォォォォ!!!!」

まずいですよ、志穂さん!

いや、こっちも結婚とか考

えてるけどさ!

いきなり段階踏み越えて早くないですか!?

「ちょっと落ち着こう、志穂の事を考えてるけどさ、明らかに飛び越えてるよね!?」

志穂は、目を細めて不服そうな顔をしながらも、ベンチの隣を指差して言う。

「取り敢えず、座れジャーマネ」

落ち着いていないのはジャーマネだろ、

そう言われて、深呼吸してから隣に座る。

隣に座ることに躊躇いも覚えなくなってるあたり、自分なりに志穂の事を思えているのだろうか。

「………。」

「…………。」

……沈黙辛すぎる。

嘘だろ、隣に座ってるのに何考えてるかまるでわからないぞ。

というか、志穂の考えてる事がわかった事は、

一度もないんだけどさ。

「どうして、夫婦漫才を?」

誰に吹き込まれたのか、志穂なりに調べたのか分からないがいきなり言われて心の整理がついてない。

隣を見やると、仏頂面だった顔は少しだけ緩んでいる。

「特に深い意味はない。ジャーマネとやってみたくなっただけだ」

深い意味は無いって、気になる。

……まあ、志穂のやりたいことをしようか。
志穂に振り回されるのはいつもの事でもあるし。

「オッケー、でもやるなら本気でやろう」

このままレッスンに活かせそうなら活かしてほしい。

……無理だとは思うけど。

「本気で……か、臨む所だ」

暗い笑みを浮かべ、ふふふと口に出して言う志穂の姿に少し笑いそうになる。

側から見たら、志穂は飛び切り可愛い小悪魔という所だろうか。

漫才か……あんまり見ないけど。

「それじゃ、志穂は新婚さんの奥さんってところかな?」

合ってるのか分からないけど、そう提

案しておく。

「それなら、ジャーマネは私の旦那だな」

旦那……良い響きだ。

「確定なんだ……いや、凄い嬉しいけどさ」

まだ婚約もしてないのに、その呼び方はゾクゾクするな。

「って、忘れるところだった。夫婦漫才する?あんまり知らないんだけど」

漫才する理由は分からなくても、一緒にやりたくなってきた。

それじゃ……と一息入れてから、志穂は静かに言った。

「ジャーマネ、子供は何人欲しい?」

「……んんっ!?」

急に何をいうのかな!志穂さん!?

「いやいやいや、その質問今して良いの!?」

際どいどころか完全にアウトなんだけど

これは、多分志穂が何かを間違えて覚えてきたのかな……?

流石にそういうことの話題は避けてきたけどさぁ……志穂さん何かあったの?

「私は2人欲しい」

2人!?
いや、愛を育むの大事だけどさ!

そんなことを思いつつも、素直に返事をしてしまう。

「あっ、はい」

何が夫婦漫才だ……とんだ

公開処刑じゃないか……!

いや、周囲に人はいないけどさ!

「ジャーマネ、温かい家庭を作ろう」

前をしっかりと見据えて、志穂はそう宣言する。

温かい家庭を作ろうって、言い方がもはや古い気もする……。

男っぽい口調も相まって、志穂の方が旦那っぽく聞こえる……って、あっ!

「そのセリフはこっちが言うやつじゃん!」

そう言うと、志穂は満足げに頷いて言った。

「ジャーマネにも、夫婦漫才の何たるかがわかったようだな」

いやぁ、志穂さん、それ多分違いますよ。

本当にどこで覚えて来たのやら、そんな事を思いつつも、今一度言い直す。

「志穂、2人で温かい家庭を、

作ろう……この先色んなことがあると思うけど、君を守り続ける」

そう言い切ると、ポスリと肩に志穂の頭が載った気がする。

正面を向いたまま、志穂の顔を直視しようとしても出来ない。

触れ合っているのに、恥ずかしさのあまりまともに見れやしない。

「ジャーマネ……漫才しないのか?」

その声のトーンに、不穏なものを感じる。

おかしいなぁ、さっきまで良い雰囲気だったのに志穂さん急に不機嫌になってない?

「もう無理です、漫才分からないから……」

「猫は好きか?」

「唐突だね……いや、好きだけど」

謎会話をこれからする事になりそうだ。

果たしてこれは、漫才なのか?

レッド!という者です。その辺にいるただの物書き。 アイコンはまっちゃんさんに、背景はチモシーさんに描いてもらいました!《同人サークル:外角の傘⛱》『団体:SpiritDream』所属!SpiritDreamの副団長!【あんハピ♪広報部No.156】ごちかわファミリー107 ↓ #レッドのゲーム部屋

  1. トップ
  2. レッド! SpiritDream⛱
  3. 2020/04/11 20:01:46 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ