シェア

「これ、商売側からの仕掛けという...」、@okadaic さんからのスレッド

これ、商売側からの仕掛けというのはもちろんだが、それだけ気にする子供(や気にさせる親)がいるってことなんだろうな。

続)私は顔にホクロがあるんだけど、ちょうど同じ位置にもっと大きなホクロのある幼馴染がいて、二人きりのとき「大きくなったら手術で取れるんだってよ!」と唐突に謎の励ましを受け、戸惑ったことがある。たぶん彼女は大人になる前に取ったと思う。私のは今もあるけど、たまに写真の修正で消される。

続)あの幼馴染は周囲の大人から「ホクロさえなければ器量よしなのに」みたいなこと言われて育って、そして手術で望む美しさを得たのだろう。そうなれるならそうなればいい、と思う一方で、三つ七つのうちから毛を剃られ毛を染められホクロを取られて痩せろと言われる社会はやはりおかしいとも思う。

続)私だって取れたらホクロを取ったと思う。顔の歪みも気になるし歯列矯正は今も悩んでいる。レーシックで近視は治した、名を変えたりもした。こう、自分一人でしか納得して到達できない「こんなもんだろ」っ境地があってな。それに達するより前の子供の段階で摘み取ってしまうのは、どうなんだろね。

続)今ちょうど歯科治療に通っている。私は子供の頃から両側の奥歯が上下びっしり昔ながらの銀歯だ。実家近所に親の友人が開業した小児歯科医院があり、虫歯だらけの私は社交の一環として通っていた。大人になった今、少しずつセラミックに替えながら、自分の歯が削られ続けることに想いを馳せている。

続)永久歯が生え揃うと同時にずーっと小児歯科通って毎週ゴリゴリ削られて銀歯だらけ、でも「女優じゃあるまいし」と歯列矯正はさせてもらえなかった。結局30年ビクともせず保ったのだから藪医ではないし当時最良の技術だったかもしれんけど。あれは、早いうちにしとくべきだったのかな。わからんな。

続)審美的な矯正以外に、私は当事者じゃないのでよく知りませんが「左利き」とかも似たところあったりするんだろうな。厳しい家庭で人格崩壊するまで矯正させられたという体験談もあれば、共働き家庭で育ったうちの親のように放任されたまま大人になる場合もある。今は左利き用の文房具などもあるし。

続)「変えたい」と願う子供の意思が尊重されるべきとも思うが、……と「社会」に「思わされている」ッッッ、の場合が大半だろうし、それ子供に正しく理解納得してもらうのはなかなか難しい現実もあるよな。私だって理解納得には時間がかかった。心は女優だから歯並び治したかったよ、子供の頃ほどね。

続)なお「社会」に「思わされている」の元ネタはここです。

続)私は「クソくだらない不毛をカネの力でアウトソーシングで解決」が割と好きなので、脱毛はしてよかったと思っているが、行ったサロンは当時はプラセンタがどうこうを断るのが煩わしく、今はきっと水素水とかセールスしてるはずで、二度と足を運びたくないし、我が子は近づけたくないですよね……。

続)脱毛がよかったのはたとえば月経の不快感が減ったことで、そしてこれは(少なくとも我が家では)母から幼い娘へ伝達されるような事項ではなかった。自分で調べて自分で望んで金払って「よかった」と思えた買い物だから、まぁマイボディマイチョイスと呼んでよかろう。でも早すぎてもなぁと思うよ。

  1. トップ
  2. 岡田育 / Iku Okada
  3. 2020/06/04 10:04:57 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ