シェア

「フィコシアニンの単離をやってみ...」、@raptorial_owlet さんからのスレッド

フィコシアニンの単離をやってみようと思いたって、最初は藍藻の仲間を採集することを考えていたんだけれど、その辺の泥水すくって得られるユレモとか集めても大した量にならないので、そうだイシクラゲ拾ってこようと思ったのが先週のことで、それからほぼ毎日道端見てるけどついに見つからない。

イシクラゲ、基本的にこういうところに無尽蔵に転がってるイメージが強いから、すぐに見つかるだろと思っていたのだけれど、全然気にしてない時にはめちゃくちゃ見つけるのに、いざ見つけようと思ったら見つからない不思議。
確実に生えてる所は知ってるけれど、近所じゃ無いんだよね。

イシクラゲ、基本的にこういうところに無尽蔵に転がってるイメージが強いから、すぐに見つかるだろと思っ...

道端見て歩いていたら、イシクラゲよりは万人受けしそうなもの見つけた。良いことあるかな。

いや、押さえでスピルリナ錠剤買ってあるけど、「その辺の生き物から単離する」ってのが良さみあるじゃん。

フィコシアニンに関しては、以前@rei_nari先生のツイートを拝読し、ガリガリ君ソーダなど青色をした氷菓の着色料(スピルリナ青)として用いられていると聞いてから面白そうだなと思っているのだけれど、ちゃんと教材化できるのはまだ先だと思う。

ちな、フィコシアニンはタンパク質色素なので熱変性して色が消える、というお話であったので、秒でガリガリ君ソーダ買ってきて熱したものの、色が変わらなかった。その時の考察では、おそらくフィコシアニンだけではなくクチナシ青も色素として用いられてるという結論に。

といわけで押さえで買ったスピルリナ錠剤。今夜子供を寝かしつけたら予備実験して、明日学校で、って感じですかね。

子供寝たんで。

ほい、ほい、ほいっと。

磨砕して水を加えてろ過するだけ。極性高いから水で抽出されるはず。食用色素だし。

えええええ
マジでか!めっちゃ綺麗な青だ!すっごい!

あと励起光がすっごく強いなこれ。ちょっと光当てただけですっごく赤くなる。クロロフィルより強そう。

次のやつ。
今度はフィコエリトリンを単離してみよう。どっちがいいかな。わざわざ焼きのりじゃない乾のり買ってきたから、失敗したら美味しく食べます。

フィコエリトリンやるまえに、実験器具片付けようと思って、出来心で乳鉢についた磨砕して水を加えたスピルリナ錠舐めてみたんだけど、

まっ
ずい

なにこれなにこれなにこれなにこれ

天然温泉の底にたまったもやっとした有機化合物っぽいもの舐めたような味がする!
いや、舐めたことないけど!

なにこれ硫化物なの…?

ほい次。今度は紅藻類のフィコエリトリン抽出。
乾のりを磨砕しようとしたけど、乳ばちでは潰れてくれないのでフードプロセッサーで強制的に粉にした。やはり水で抽出。

わあ綺麗。ピンク!ピンクだね!
(他に感想ないのか)

励起光は橙色。色素によって見える色違うの面白いな。

ろ紙に残った残渣のノリ食べたらスピルリナよりずっと美味しいです。食べ物の味がします。

というわけで、明日はちゃんと動画に残します。ありがとうございました。

理科の教師がやっているにしては学術的でも教育的でもないアカウントがこちらになります。骨格標本作成、動植物、キャンプ、授業のアイデア、お絵かきなど。好な動物はホンドタヌキとフクロウ。好きな花はマツムシソウ。専門畑は昆虫病原菌。秀文堂生物図説 執筆。

  1. トップ
  2. 理科教師とらふずく
  3. 2020/06/14 15:47:41 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ