シェア

「YouTubeがGoogleに$1.65Bで買収さ...」、@tmiyatake1 さんからのスレッド

YouTubeがGoogleに$1.65Bで買収された裏話
・YouTubeはM&Aと一緒にレーベル会社との交渉をやってた
・YahooとGoogleが買収オファーが最終候補社
・Denny's駐車場の朝3時にディールが締結
・$1.65Bの値段はちゃんとした理由があった

詳細スレッドは↓

YouTubeがGoogleに$1.65Bで買収された裏話 ・YouTubeはM&Aと一緒にレーベル会社との交渉をやってた ・Yahoo...

1/ 買収までの数ヶ月はYouTubeにとってかなり大変だった

YouTubeの需要がありすぎて、YouTube創業メンバーChad HurleyさんとSteve Chenさんはサーバースペースの確保で必死だった。

当時はAWSなどがなかった。

2/ 当時はYouTubeの株主や従業員の友達にサーバーがないか聞いてた

実際にメールで「使ってないサーバーがあれば借りても良い?」と連絡してた。

友達や知り合いの会社や家まで回って、お願いしてたらしい。

3/ 当時はYouTubeはNapsterみたいに音楽レーベル会社や映画スタジオの著作権問題を出来るだけ解決しようとしていた

問題になるコンテンツを取り下げてたが、異常なユーザー成長率とコンテンツアップロード数により、取り消すスピードが追いつけてなかった。

4/ YouTubeは初期から著作権問題に取り掛かっていて、それ専用の法務部やコンテンツ管理部門を作っていた

5/ それでも問題を抑えられなかったため、かなりの訴訟リスクがあった

当時はChadさんやSteveさんはリソースが足りないと思って、何回か方向性について迷った。

6/ YouTubeは様々な面でプレッシャーを感じてた

インフラ(サーバー)のたりてなく、キャッシュがどんどん減っていって、音楽レーベル会社からは数百億円を請求すると脅されていた。

同時に多くの会社からパートナー提携をしたいとの連絡まで。

7/ YouTube CFOのGideon Yuさん曰く、このタイミングで調達するのは厳しかった

調達してもインフラやIPホルダーにすぐお金が流れるだけだった。同時に、ChadさんとSteveさんはかなりバテていた。ローンチしてから18ヶ月であり得ない成長率を保つのにかなりのエネルギーを使ってた。

8/ ChadさんとSteveさんがUniversal MusicとMTGをした時に、Universal側がかなりアグレシッブに著作権についてプッシュした

その夜にChadさんとSteveさんはCFOのGideonさんに会社を売りたいと相談した。

YouTubeの株主と取締役と相談した結果、全員同意した。

9/ 売手先は大手企業で、交渉力があり、インフラ問題を解決できるところが理想的だった

Microsoft、Viacom、News Corpなど、数社がYouTubeの買収候補社として名前が出たが、結局はYahooとGoogleだった。

ChadさんとSteveさんはファイナンス経験がなかったので、株主のSequoiaにかなり頼った。

10/ YouTube CFOのGideonさんはYahooで働いてたので、彼経由で売却の話を進めた

ただ、YouTubeの創業者たちはシリコンバレーで有名になってたので、彼らがYahooと会っているのがバレないようする必要があった。

そのため、YouTubeオフィスから運転して14分ぐらいのDenny'sでMTGをすることを決めた。

11/ 初日にChadさんとSteveさんはGoogleのLarry PageさんとEric Schmidtさんと会った

その次の日にYahooの経営メンバーと会った。

Googleはすぐにオファーを出したが、かなり低かった。

12/ M&A交渉と同時に、YouTubeは音楽レーベル会社との提携の話を進めてた

2006年9月にWarner Musicと締結、広告売上のレベシェアの案件としては当時はほぼあり得なかった話。

それ以外に3社と締結を進めていた。実際に買収が発表された日に、YouTubeはCBS、Universal、Sonyとの締結を発表している。

13/ 色んな交渉が行われている中、YouTubeはオフィス移転をしていた

引っ越しが行われている中でレーベル会社と交渉をしてた。Sony Musicとの電話の最中に引っ越し屋さんが間違って電話システムのコードを引っ張ってしまって、電話が途切れたこともあった。

14/ 2006年10月頭にはYouTubeはYahooと締結しそうだった

Yahooと最終MTGをして、その日にM&Aのタームシートを締結するところまで来た。

前日にGoogleに最後のチャンスを与えた。ある金額をGoogleがマッチしたらYahooとのMTGをキャンセルすると言った。

15/ YouTube創業者がGoogleにオファーした$1.65BはeBayがPayPalを2002年に買収した金額の10%増だった

Peter Thiel、Elon Musk、Reid Hoffman、そしてYouTube創業者などの「PayPalマフィア」の間ではお互い競争しあっていたので、PayPalよりも高い金額で売ることが重要だった。

16/ Googleはその$1.65Bに応じたが、YouTubeチームはYahooとのMTGの前にサインするように要求した

何もサインしないままYahooとのMTGをキャンセルして、最後の最後にGoogleが引いたら困るので、次の日の朝のYahooのMTGの前にサインする必要があった。

17/ そのため、Google法務部長David DrummondさんとYouTube CFOのGideon Yuさんが朝3時にDenny's駐車場で待ち合わせ

Gideonさんの車のボンネットに買収契約書を置いて、彼らのBlackberryからの光を照らしながら読んでた時に、パトカーが来た。

18/ 警官がパトカーのサイレンを一瞬鳴らし、こんな場所・こんな時間に何をやっているのかと聞いた

手を上げながらGideonさんは「M&A契約書の締結をしてます」と言った。

19/ Tシャツ、ショートパンツ、そして帽子を逆に被ってたGideonさんを警官が呼びつけて、契約書を見せろと言った。そこには$1.65BでGoogleがYouTubeを買収すると記載があった。

警官は場を去り、DavidさんとGideonさんは契約をサインして帰った。

UniversalとのMTGの3週間後に買収が確定した。

20/ タームシート締結から発表までは5日ぐらいだった

従業員に伝える時にはLarry Pageさん、Sergey Brinさん、Eric Schmidtさんと一緒に話した。

引っ越しをしたばかりの多くの従業員たちはかなりビックリしたらしい。

21/ 祝うためにオフィスの迎えにあったTGI Fridaysに行った

その時のChadさんとSteveさんの映像がこちら:

22/ 買収が完了した直後は、YouTube社内はそこまで変わらなかった

Googleとは別々にすると判断されたため、いまだにYouTubeは別オフィスにいる。

唯一変わったのはGoogle特有の無料ドリンクやスナック、そしてケータリングが非常に良くなったこと。

オリジナルテキスト

The untold story of Google's $1.65 billion acquisition of YouTube, from those who lived it

Business Insider spoke with early employees, investors, and founders about the months and weeks leading up to YouTube's landmark sale.

businessinsider.com
  1. トップ
  2. Tetsuro Miyatake
  3. 2020/06/15 09:06:04 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ