シェア

「80年代90年代の東京では日常茶飯...」、@okadaic さんからのスレッド

80年代90年代の東京では日常茶飯事だったよ。私は田園都市線沿線でパンツの中触ろうとするのと生ちんこ握らせようとしてくるのが一番多く、精液つけられたこともある。スカート切られるのは中央線沿線でよく聞いた。駅員に突き出せるのは服の上から触られたときくらいで、他は怖くて泣き寝入りだよ。

続)制服汚されて洗うのも駅員に突き出すのも非常に時間がかかる。「痴漢のせいで遅刻しました」と言えば一応ノーカンになるんだけど、あんまりみんな言いまくるから教員室も「もう少し早く家を出ろ」と怒るし、生徒の側にも「深追いするだけ無駄」って空気が醸成されていくんだよ。本当に知らんのか。

続)「痴漢に遭った」とだけ言うといつまでも、服の上から偶然ちょっと手が当たったような被害「だけ」をワーワー言ってるように見えるから、だから伊藤詩織さんのように具体的に書くのが大事なんだよ。私も最初にエッセイ書いたときもっと詳しく被害内容記すべきだった。ヌルかったと反省しとるよ。

続)「あわよくば服の上から胸とか尻とか柔らかいとこタッチできればラッキー」くらいのは、マジで文字通り毎朝、遭っていた。される側も「この程度なら」と自分で手首捻り返したり大声出したりして蹴散らしていた。大抵はそこで逃げていく。やめないやつを駅員に突き出す。

続)被害者も駅員も毎朝毎朝毎朝同じことで心底ウンザリしていて、痴漢だけが元気いっぱい「自分はやってない、偶然手が触れただけで冤罪だ、証拠なんかない、こんなガキの馬鹿げた言い分を聞くのか」と大騒ぎして「こんな目に遭ったのは『初めて』だ!」と言うのだ。準備した台詞のようにすらすらと。

続)あーそう「初めて」なのこちとら毎朝だよお気楽で結構なこったね、と呆れて、被害届という話にならなかったりする。罪に問えないなら訴えるだけ時間の無駄、また現行犯を物理で撃退するしかない。でも、自分が露出してくる系、目つきヤバい奴は、そもそも逃げる以外の対処法とれないよ。怖すぎて。

続)そして私は小学校から制服着て電車通学してたので6歳から同じ被害に遭っていた。父親の風呂上がりの裸は見たことあっても勃起したちんこなんか見たことないから、一番最初は自分が何を触らされてるのか全然わからず、別の乗客が気づいて大慌てで追い払ってくれるまで手が離せなかったりしたよ。

続)大人に被害報告するとまず言われるのが「育ちゃんかわいいから〜」で、これで片付ける連中、友達の父兄とかはマジで何もしてくれない。親に言うと「あんたがボンヤリしてるのが悪い!」と怒られて、足を踏めとか大声出せとか撃退法を教わった。でも習った通りにはできなかったりもする。怖くてね。

続)毎朝のことなので、中学進学までには、身体に手が伸びてきたら感情を動かさず機械的にはねのけて指を生えてる逆の方向に曲げるくらいのことは簡単にできるようになる。とはいえ、大人になってから愕然としたことがある。私は見知らぬ異性に身体を触られることへの危機意識が異様に薄いらしいのだ。

続)宴席で知らんおっさんに肩抱かれたり手握られたり背中や太もも撫でられたりしながら普通に接してて、「セクハラだ!」と大騒ぎされるまで気づかなかったことがある。「大丈夫ですよ、このまま乳首やまんこまで触る気がないのは指の感触一つでわかりますから」と答えて皆を仰天させた。麻痺してる。

続)服の上から雑に撫でさすられるくらいは偶然かもしれないし減るもんでもないからノーカンで、服の下まで侵入する感触を察知したら機械的に指を折る。これは痴漢に慣れきった私が獲得した鈍感力だけど、本当は「指一本触られるのさえ不快」という女性のほうが正しくて、私は自分を可哀想だと思うよ。

続)「あなたみたいな『いくら触られても平気』という女が、彼らをつけ上がらせてセクハラがなくならないんだ」と才媛からお叱り受けたこともある。ビッチのせいで風紀が乱れる。彼女は地方出身で電車痴漢に遭ったことはないと言う。私だって制服脱いだらパタリとやんだよ。でも今も被害は続いている。

続)正確に言うと大学生や会社員になってからも痴漢被害には遭ったけど、せいぜい何ヶ月かに一回だ。それでもすごい頻度だね、日本スゴイ! と思うけど、小中高と毎朝遭ってたアレとは桁が違う。ロリコンの変態性欲とかじゃないよ。非力な、遅刻できない、泣き寝入りしそうな対象を狙う。それだけだ。

続)かつての自分のような子供たちが今日も「日本で」性暴力被害に遭っている。だからなるべく具体的に記述する。デートレイプやストーカー被害については正直まだ告発できないこともあるけど、「痴漢」なら任せろ。何しろ可哀想な私には鈍感力があって感覚が麻痺している。何度語っても「平気」だよ。

そう、怒りに身を震わせた男性は、是非とも痴漢を憎んでください。でもその憎悪対象のイメージにもすり合わせが必要ですよ。小学生の私のパンツまさぐってたのは田園都市線沿線にマイホーム建てて都心に通勤するごくごく普通の会社員で、目的は「ストレス解消」だったりする。

続)「満員電車にはチカンという名の変態部族が出没する」というイメージは少し違う。私は毎朝毎朝、普通のジャパニーズビジネスマンたちがストレスに抑圧され頭がおかしくなって鬱憤晴らしたくなる、その「魔がさす」瞬間に被害者として立ち会ってただけなのだろうと思うよ。

そろそろ重箱の隅つつく輩も出そうなのできちんと書いておくが、当時は「田園都市線の駅から乗ってきて新玉川線を経由して半蔵門線の駅で下りる」ラッシュ、が正確ですね。でもこの方のおっしゃる通り。郊外の住宅街に暮らす妻も子もある男性が一番多かったのだろうと思うよ。

続)ちなみに私は丸の内線も使ってたんだが、田園都市線には「壊れたサラリーマン系の痴漢」が多いのに比べ、丸の内線に乗り換えると「目当ての学校制服があってそのターゲット児童を痴漢するためだけに毎朝せっせと乗ってる(明らかに通勤客に見えない)ロリコン」が多く、その違いは歴然としていた。

続)丸の内線で見かけるのはまぁ、チカンという名の変態部族としか形容できない「プロ」感というか、車内で周囲からも浮きまくってるので、見た目だけで警戒して守ってくれる大人も多かった。田園都市線のほうが怖かったな。急行の駅間が長いし、みんな同じような顔で、誰が痴漢か全然わからないから。

続)「誰が痴漢か全然わからないから腕力で敵わなさそうな大人は全部警戒する」を徹底していた。夕方の下校電車で隣に座って優しそうに話しかけてくる老婆さえ警戒していた。今田勇子の例もある。変装した誘拐殺人犯で、飴玉をくれるといって睡眠薬を盛られるかもしれない。それが東京、それが日本だ。

続)「×月×日に新玉川線車内で生徒に話しかけたら逃げられた、妻もおたくの卒業生だが、最近の教育は地に落ちとるぞ!」みたいな苦情電話が学校に届くこともあった。沿線の生徒が一応注意されるけど、鼻で笑うしかない。「無視された」感傷なんか知るかよジジイ。こちとらカラダ張って通学しとんのだ。

続)「電車で隣り合った見知らぬ人と穏やかにその場限りの軽妙洒脱な会話を楽しむ」なんて大人になるまで全然できなかったことだ。大人同士なら「軽く会話しておいたほうが逆に危なくない」という状況もありうるしね。にこやかに挨拶して別れて「ここは平和でいいなぁ」と考える。子供時代とは大違い。

続)この調子でずっと淡々と痴漢体験を語って二十年以上経つけど、驚くのは「それ以上詳しいことは人前で話さないほうがいい、興奮する変態を悦ばせるだけだ」と窘められたときだ。トーンポリシングっていうか何ていうか……「巷にあふれる痴漢体験告白をエロ消費しすぎてんのは貴様だろ!」と呆れる。

続)このくらいの連投、私にとっては「朝飯前」でいくらでもやるけどな、まぁもう午前10時なので普通に仕事するわ。で、「日本じゃない別の国の話なんじゃない?」という最初の疑問への答えは、「幼い私にとっては、これこそが、保護者の同伴無しに外出ると同時にまず直面した『日本』だった」ですね。

続)あとは本でも読んでくれ。『 #ハジの多い人生 』にも『 #40歳までにコレをやめる 』にも満員電車の話を書いています。「義務教育を受けに行く道すがら子供が毎朝性暴力被害に遭うのなら、それは子供ではなく、その国の社会が悪い」。なぜわからない(フリをする)のか。
hanmoto.com/bd/isbn/978416…

続)あとは本でも読んでくれ。『 #ハジの多い人生 』にも『 #40歳までにコレをやめる 』にも満員電車の話...

「あんなお嬢様学校の生徒が、信じられない」と私も疑われたことあるが、黒塗り高級車で送迎されてるとでも思われてたのかね。「女子校は性が無い楽園!」て言う人もいるけど、都心では「その楽園の校門に辿り着くまでが地獄」で、面構えが違うタフな女生徒が育つんだよ……。

その通りです。生育環境の違いで実体験が無いという人は想像力をもって補ってほしい、と訴えながらも、私は私で鈍感力が身についてしまい「そんなもんじゃねーぞ」と酷さを張り合うような物言いになりがちで、注意が必要だ。軽微だからと軽んじてはいけない。十分、異常だよ。

続)親戚に医者がいて、風邪ひいたとき「よく効く座薬を入れてあげる」と言われたのを泣きながら大暴れして拒んだことがある。親にも失礼な態度だとか言われ謝らされたんだけど、すでに痴漢撃退が日課になっていた小学生の私は、高齢男性と二人きりになって肛門に物突っ込まれるなんて絶対に嫌だった。

続)「座薬程度で」と怒られた。たしかに座薬はたかが座薬だ、親戚にお尻見せるのが嫌だと泣く女児なんて「軽いもん」だと思われたろう。でも私は「通学路で誰に何をされてもおかしくない、顔見知りの大人や警察や聖職者だって怪しい」と思っていたので「私の恐怖、軽んじられたもんだな!」と驚いた。

続)結局、受け取った座薬を母親が入れることになったと記憶しているが、その後もその医者からは「大人を信用しない愛想の無い子供」「自分たち夫妻を嫌っている」「自意識過剰なのは親の教育が悪いせいだ」とか言われ続けて、どれだけ愛情を示されようとも、私は大嫌いになった。父方の祖父ですけど。

続)私が悪いの? あんなにうるさく気をつけろと言われ、教わった通りに痴漢撃退できるように成長して、教会でだって児童虐待が横行してるんだから油断するなとか聞いて学んで、どうにかこうにか「最悪」に至らずここまで生き延びてこられたのに、私が、悪く言われんの? 絶対違うだろ、って思ったよ。

続)祖父はもちろん、孫に欲情する性犯罪者じゃなかったと思うよ。でも想像力に欠けていたよね。「少し触ったくらいで大騒ぎするなんて」「スキンシップは愛情表現のうちだ」「俺たちを痴漢と一緒にするな」と怒る人たちは、その怒りを、泣いて暴れて拒絶する女児にではなく、痴漢に向けてくださいよ。

  1. トップ
  2. 岡田育 / Iku Okada
  3. 2020/06/22 07:35:42 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ