シェア

「小学校の時、僕と結構仲の良かっ...」、@F_kokutiyou さんからのスレッド

小学校の時、僕と結構仲の良かった男子が、臭かったんですね。服装もボロボロで、口呼吸。鼻水もよく出ていましたし、目やにもついたままでした。

子供って凄まじく率直なので、そういう「変な子」はイジメられやすいでしょう。
彼も結構イジメられていました。

僕は仲が良かったので、彼の家に遊びに行くこともありました。
すると、彼の家では、お母さんがずっとゲームやってるんですね。なぜかお父さんが一緒にいることも多い。

小学生の下校時刻に両親が家にいるわけです。
小学生ながら、それはちょっと変だなと思っていました。

そして、彼の家はやっぱり臭い。
掃除されていなかったのだと思います。家の中にゴミが積み上がっていました。

要するに、彼は半ばネグレクトを受けていたのだと思います。
親が子供に無関心なので、身だしなみも汚いまま、臭いまま学校に行かされていた。

なぜ急にこんなことを書いたか。

ネグレクトを受けた子供は、学校でイジメられやすい。
イジメられた子供は、対人関係を閉ざしがち。
対人関係を閉ざせば、対人能力は育たない。
学校に行かなくなれば、学力だって育ちにくい。

そんな子供がそのまま成長し、就職活動に突入したらどうなるか。

まぁ、恐らく就職活動にはかなり苦戦することになります。

彼が就職に苦戦する原因を遡っていくと、この場合、家庭教育に行き着きます。
発端はネグレクトですから。

ネグレクトは極端な例として、それ以外にも、小学校~高校あたりの発達・成長を阻害する要因は色々と考えられますよね。

僕が大学生の就職活動を直接見始めたのは、大学1年生からでした。
そこからこの歳まで、大学生の就職結果と、大学生活の様子、受けてきた教育、過去の経験などを見聞きしています。

だからこそ強く思うのは、しつこく言うように、「就職活動は短期対策だけでクリアできない」ということです。

多くの大学生は無自覚かもしれませんが、恐らく例外なく、幼少の頃から現在にかけての経験や教育などによって、現在の自分が作られています。

対人能力や学力、ルックスには、それが非常によくあらわれるんですね。
もちろん、先天的な素養は言うまでもないですが。

そういった過去と就職活動の関係性を僕はずっと見ているので、「就活対策したいなら大学生活を充実させた方がいいよ」と、言ってます。

今さら過去に戻ることもできないし、家庭教育も変えられないでしょうから、せめて大学生活は。

ですから、何度も何度も言うように、僕の動画は「キャリア支援」のために作っています。

でも、僕に見えている「キャリア支援」と、他の人に見えている「キャリア支援」の領域が恐らく大きく異なるので、ピンと来ない人は来ないのだと思います。

模擬面やES添削だけが就活対策ではありません。

もし模擬面やES添削だけが就活対策だと思っている支援者がいるのだとしたら、その人は、あまり大学生を見ていない(過去まで含めて見ていない)支援者なのだと思います。

国家資格キャリアコンサルタント

YouTubeチャンネルgoo.gl/QMyYmM
質問等 f.situmon@gmail.com

  1. トップ
  2. エフ(Fラン大学就職チャンネル)
  3. 2020/07/16 13:20:23 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ