シェア

「自分自身の経験から言うと、「自...」、@ohnuki_tsuyoshi さんからのスレッド

自分自身の経験から言うと、「自殺したい」という衝動が起きるときは精神が著しく疲労していて、うつ病などの状態に陥っている可能性もあるので、早く親しい人に打ち明けて、精神科を受診し、休養を取った方が良いです。

僕は論理的には自殺を肯定しないですが、うつ病で希死念慮にとらわれたことはあります。「死にたくなる病的状態」は確かにあって、それは医療と休養はなければ回復しない。そして、それを隠さずに、周囲の人の支えを得ることが大切です。

僕は都庁在籍時にうつ状態になって、精神科を受診して上司に報告しました。上司は「気付いてやれなくて申し訳なかった」と言って、仕事を軽減してくれました。死神は誰の心にも現れます。そんなときはみんなで支えあいを。そして、ためらわず精神科受診を。

ちなみに希死念慮というのは「理由なしに死にたくなる衝動」です。高いところから飛び降りたい、電車に飛び込みたい、といった気持ちが湧いてくる。理由は後付けです。後になって思えば当時、自殺するような苦しい理由はありません。ただ、そういう病気なのです。

自殺した人も、その周囲の人のことも僕は責めるつもりはありません。ただ、人間は不可抗力で自殺してしまうことがある。今後、自分自身や周囲の人に死神が訪れたとき、ああこれは協力して駆除するべきものなんだなと気付ければ良いなと思います。

「世界」を宇宙に拡げることを仕事にしたいと考える自営業者。主な仕事は科学ライター。主な趣味はパラグライダー。フォローしていない方のmention通知は切っているので気付かないことがあります。お仕事に関する依頼・お問い合わせは contact@下記URLのドメイン のメールへお願いします。アイコンは自撮り(FaceApp

  1. トップ
  2. 大貫剛
  3. 2020/07/18 16:11:11 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ