シェア

「「ねぇママ、“浦島太郎”読んで...」、@gloria34ultima1 さんからのスレッド

「ねぇママ、“浦島太郎”読んで」

「昔々あるところに、浦島太郎という青年が…」

「もっとニンジャスレイヤーっぽく」

タロ・ウラシマは平凡なサラリマンである
趣味の釣りを楽しむ為にオールドトーキョー湾にやってきたが、そこで異様な光景を目にしたのだ
浜辺に打ち上げられたバイオタートルを5人の男たちが囲んで棒で叩いている!サツバツ!なんたるマッポーめいた光景か!

もっとも異様なのはその男たちそのものである!
まるで五つ子!同じ顔、同じダークスーツを着込み、同じサイバーサングラス、同じタイミングでタンを吐き、そして同じタイミングで

「「「「ザッケンナコラー!!!」」」」

ヤクザスラングだ!コワイ!

もしも読者の中にネオサイタマの裏事情に詳しい人が居ればもうおわかりだろう
彼らこそヨロシサン製薬が非人道的実験の末に生み出されたクローンヤクザなのだ!
もちろんタロ・ウラシマは知る由もなく、近付いていく

「ドーモ。ええと、やめてあげませんか?かわいそうです」

「ダッテメーコラー!」「スッゾオラー!」「テメッコラー!」
コワイ!善良なネオサイタマ市民であればしめやかに失禁するであろうマントラめいたコトダマが飛び交い
5人のクローンヤクザが懐からチャカを取り出した!

BLAM!BLAM!BLAM!BLAM!

一糸乱れぬ斉射!

ナムアミダブツ!タロ・ウラシマは為す術なくネギトロと化してしまった……

…かに思われた!!!

「「「「「グワーーーーーッッ!!!!」」」」」

クローンヤクザの5つの首がボーリングのピンめいて宙を舞い、緑色のバイオ血液がしぶきをあげる

タロ・ウラシマは?無傷!!!

いったい何が起こったというのか!?
ニンジャ動体視力をもつ読者ならばもうおわかりだろう
横殴りの雨のように迫る弾丸を、全て最小限の動きで躱す。まるで弾がすり抜けたように!
そして愛用のチタンカーボン釣り竿による 一 閃 !ワザマエ!
平安時代に生まれた暗殺術、チャドーの動きである!

「ドーモ、タロ・ウラシマ=サン。ベッコウです」

周囲にウラシマ以外生きた人間はいない
なんとバイオタートルが喋ったのだ!オバケか!?

「…ドーモ、ベッコウ=サン。タロ・ウラシマです。お前は一体…」

驚くウラシマ。しかし相手が何者だろうとアイサツを返さねばスゴイ・シツレイだ

「私は海に隠された楽園都市“リューグー・ステイト”の使者です。リューグーは今ソウカイヤに狙われ危機に瀕しています。貴方こそ我々が求めるソルジャー!どうかリューグーを救ってください!もちろんお礼はします。万札でもコーベインでも、お望みならば高純度メン・タイ(※違法薬物)も用意できます」

かつてのタロ・ウラシマはキョートリパブリックを牛耳るザイバツ・シャドーギルドに所属するアサシンであった
戦いの日々に疲れ果てネオサイタマへ亡命したのだが…

「…(インガオホーというものか)」

戦いから逃げても、別の戦いが自分を追い掛けてくる
幾多の命を奪って来た者の運命を悟るウラシマ

◆◇◆◇前回までのあらすじ◆◇◆◇
タロ・ウラシマは一時的にメガピーチヤクザクランの首領・モモタロと共同戦線を張り、ヨロシサン製薬傘下のカマボコ工場に潜入
巧妙にカモフラージュされた実験施設を破壊するためだ
しかしそこで驚くべき真実が明らかとなる!!!

「俺が…ニンジャ…バイオニンジャだと……?」

「フィーヒヒそうだ、解析したそのDNAは間違いない。お前は20年前にこの施設で作られたバイオニンジャ、ソレも失敗作だ!ピーチカプセルに入れタマ・リバーに流して処分したはずだが…まあいい」

「そんな…」
「モモタロ=サン!気をしっかり持て!」

「さて廃棄被検体7号、いや今はモモタロ=サンと呼んだ方がいいかな?」

ドクトルオーガはおもむろにタブレット端末を取り出し操作する

「折角20年振りに帰宅したのだ。サンズ・リバーへ送る前にミッションをやろう。タロ・ウラシマを殺せ」

その直後である!

「グワーーーーー!!!!」

モモタロの全身に激痛が奔る!
彼の誕生と同時に植え付けられた血液中のナノマシンが作動し、ニューロンをハックしているのだ!
もはや指1本すら己の意思で動かすことは叶わない
今のモモタロはドクトルオーガのリモートコントロール殺人ジョルリ人形なのだ

「グ…俺から…逃げろ…ウラシマ=サン」

モモタロはウラシマを見据え、右手に“ジンギ”左手に“ニンキョー”2本のドスダガーを構える
既にダブルドスダガーカラテは臨戦態勢だ!

「目を覚ませモモタロ=サン!ヤクザクランの仲間の仇を取るんじゃないのか!」
「ククク、無駄さ。ヤツのニューロンはナノマシンが完全に支配している」

「イヤーッ!」
右手ジンギによる斬撃!

「ヌゥンッ!」
ウラシマは華麗にブリッジ回避!

「イヤーッ!」
左手ニンキョーよる刺突!

「ヌゥンッ!」
ウラシマは華麗にジャンプ回避!

「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」
「ヌゥンッ!ヌゥンッ!ヌゥンッ!」
斬撃!回避!刺突!回避!斬撃!回避!

「イヤーーーッ!」
ゴウランガ!ジンギとニンキョーによるモンゴリアンチョップ斬りだ!

「ヌゥゥゥンッ!」
ワザマエ!ウラシマはチタンカーボン釣り竿で受け止める!

ワン・インチ間合いでの目まぐるしい攻防!これがニンジャのイクサ!!!
勝負はほぼ互角に見えた!

しかし!

ウラシマのチタンカーボン釣り竿を用いたイアイドーは長いリーチを活かしてこそ真価を発揮する!
それに対してモモタロのダブルドスダガーカラテはワン・インチ間合いでの“超”近接戦闘に特化した殺人術!
ウラシマにとって相性がとてもうまくない
このままではジリープアー(※徐々に不利)だ!

装甲めいた強靭な皮膚組織を持つタマ・リバー生息のバイオワニでさえダブルドスダガーカラテの前では0コンマ3秒でオサシミボートに乗せられてしまう
卓越した回避能力で凌いでいるが実際危機的状況だ!

「イヤーーーッ!」
ゴウランガ!ジンギとニンキョーによるモンゴリアンチョップ斬りだ!

「ヌゥゥゥンッ!」
ウラシマはチタンカーボン釣り竿で受け止め…否!!!
ウラシマ!それはフェイントだ!

「ィィィイヤーーーッ!!!」
「グワーーーーー!!!」

ローリングヤクザソバットが胴体にクリティカルヒット!
ウラシマは荒野のダンブルウィードめいて高速回転しながら吹き飛ばされる!

“ 注意は一秒、後遺症が死ぬまで ”
平安時代の剣豪にして哲学者・ミヤモトマサシが残したコトワザである
ウカツ!まさに一瞬の判断ミス

「グ…ヌゥ…!」
タタミ10枚分の距離を吹き飛ばされたウラシマは内臓に深刻なダメージを受け動くことができない!

ナムアミダブツ!ここまでか!

「フィーヒヒヒ!このシンジケートに楯突くウラシマを倒せば実際キンボシ・オオキイ!私のシックスゲイツ昇格も300%確実!さぁモモタロ=サン、トドメを刺せ!」

しかしドクトルオーガが気付いていなかった!
モモタロの肉体及び精神も限界が近付いている事に!

ナノマシンによるニューロンハック!
肉体の強制的リミッター解除!リモートコントロール!
常人であれば7秒で糸の切れたジョルリめいて崩れ落ち絶命する程の超負荷がモモタロの肉体と精神に甚大なダメージを与え続ける!
その命はもはやローソク・ビフォア・ザ・ウインドだ!

加速する肉体と反比例して薄れゆく意識の中で
モモタロはソーマト・リコールを見た

モモタロはヤクザである

しかし一般のネオサイタマ市民がイメージするような傍若無人なヨタモノではない

物心つく頃既に育ての両親は高齢で、モモタロが15才を迎える前に死亡
しかし確かに受け継いだ物があった

父からは
悪を赦さぬニオーの心

母からは
弱きを助けるボサツの心

そしてモモタロは過酷なネオサイタマを生き抜く中で出会った信頼できる3人の仲間と
メガピーチヤクザクランを起ち上げる

ソウカイニンジャに命を奪われた仲間達

イヌタ
無口で愛想は無いが、忠義に厚い男であった

キノボリ
お調子者の三枚目で、頼りになる怪力の持ち主だった

トリハネ
女癖の悪い二枚目だが、決して仲間を売る事はなかった

「ドグサレッガァーーーー!!!!」
雄叫びめいた上級ヤクザスラングが秘密実験施設オニガシマサティアンに響き渡る!

「ドクトルオーガッ!コラーッ!!!」
呼び捨てである!
敵同士であっても呼び捨てする行為はスゴイ・シツレイ案件!それほどまでにモモタロのカンニンブクロが爆発したのだ!

東京都某市住み。しかし心は故郷(ふくしま)に置いてきた。
重度のフリーダムウォーズ難民。続編はやくハリーハリーハリー。手遅れになるぞ(´・ω・`)
他FF14(Asura)・GEシリーズ・コードヴェイン等

無言フォローの方へのフォロバは気まぐれ(・ω・)ゆるせ

  1. トップ
  2. GLORIA@フリウォ2たのしいね!
  3. 2020/08/07 09:14:44 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ