シェア

「「無症状感染者の発生理由、世界...」、@tenichi08 さんからのスレッド

「無症状感染者の発生理由、世界で初めて発見」

韓国の研究陣がコロナウイルスは、感染2日目に最も急速に増殖し、1週間が過ぎれば事実上活動を停止するという事実を霊長類実験を通じて確認した。 また、ウイルスが活動を止めれば、症状はないのに陽性診断が出るという事実も一緒に明らかになった。

いわゆる「無症候感染者」だ。 予測が困難だった新型コロナの活動パターンを、韓国の研究陣が猿の実験を通じて確認した。 実験の結果、ウイルスは感染後2日間、喉や肺などを中心に急激に増加し、免疫機能を大幅に低下させた。 同時に血管炎症も誘発する現象を世界で初めて発見した。

徐々に活動性が低下したウイルスは、感染から1週間後、事実上活動を中止することが分かった。 しかし、全身血管で炎症を保ち続けることを確認した。 症状がなくてもPCR検査を通じてウイルスが検出される。 コロナの特性を確認した鼓舞的な成果で、治療剤開発に重要な糸口になるものと期待される。

無症候感染者の発生理由消息は8月6日付けニュースです。
簡単に要約すると、感染2日目までウイルスが旺盛に増殖し、1週間後にはウイルスの活動が低下して止まります。 そのため症状がありません。 ただ血管には炎症が続いています。 そして、感染の伝播力は有症状の患者と同じです。

  1. トップ
  2. JeongWoo
  3. 2020/08/09 20:45:17 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ