シェア

「UnityのS-1解説スレッド 1/ ハイ...」、@tmiyatake1 さんからのスレッド

UnityのS-1解説スレッド

1/ ハイレベルな数字
・月間アクティブクリエイター数:150万人
・スマホ/PC/コンソール市場の50%のゲームがUnityで作られている
・Unityで作られたアプリの月間ダウンロード数:30億
・新規プロジェクト数:1.5万/日
・2019年売上:$541M
・2020年1月〜6月売上:$351M

UnityのS-1解説スレッド 1/ ハイレベルな数字 ・月間アクティブクリエイター数:150万人 ・スマホ/PC/コ...

2/ Unityのビジョン

クリエイターの思いや想像を現実にする会社。

3/ Unityのクリエイターたち

Unity Proを使うユーザーは2019年では平均1日4.9時間使っていて、2020年では5.1時間/日に上がっている。

Unityで開発すると同時に20以上のプラットフォームでプレーできるようになる。

3.1/ Unityで簡単に作れて、ローンチして、ディストリビューションして、マネタイズができるのが評価されている

ゲーム開発側は開発に専念できる。

4/ 財務サマリー (1)

売上:
・2018年:$380M
・2019年:$541M
・2020年(1月〜6月):$351M

R&Dコスト
・2018年:$204M
・2019年:$255M
・2020年(1月〜6月):$166M

4.1/ 財務サマリー (2)

Sales and Marketingコスト
・2018年:$134M
・2019年:$174M
・2020年(1月〜6月):$86M

EBITDA
・2018年:▲$131M
・2019年:▲$163M
・2020年(1月〜6月):▲$54M

4.2/ 財務サマリー (3)

$100K以上のクライアント数:
・2018年:484社
・2019年:600社
・2020年(1月〜6月):716社

$100K以上のクライアント(合計売上%)
・2018年:68%
・2019年:74%
・2020年(1月〜6月):74%

4.3/ 2018年から2019年の売上増加の主な理由は既存顧客からアップセル出来たこと

増加した売上のうち71%が既存顧客からだった。

5/ 事業モデル

1) Create Solutions:2D/3Dコンテンツを簡単に作れるソリューション(月額利用料)

2) Operate Solutions:ゲームの運用オペレーション、ユーザーベースとのエンゲージメントやマネタイズさせるサービス(レベシェア)

6/ Create SolutionsからOperate Solutionsへどうクロスセルさせられるかが鍵となる

7/ Create Solutions概要

Create Solutionsは43%の売上、そして5つのプランがある。

・Unity Plus
・Unity Pro
・Unity Enterprise
・Unity Personal
・Unity Student

大体1〜3年使うユーザーが多い。

8/ Operate Solutions概要

Unityの57%の売上、ゲームの人気度合いによって売上が上がったり下がったりするが、ここが一番拡大できる部分。

9/ Unityは安定した収入をCreate Solutionsからとり、アップサイドをOperate Solutionsに寄せている

10/ Unityが考える市場規模

合計$29Bの市場規模と考えていて、そのうち$12Bはゲーム、$17Bはゲーム以外の領域。

今現在だと$100K以上のクライアントのうち8%がゲーム以外の領域。

メタバースには直接触れてないが、将来的に市場規模が何倍も大きくなる可能性があると言っている。

11/ 売上が成長しているとともに、収益改善を行っている

2018年から2019年で売上が42%成長。

2020年のペースから行くと最終的にマイナス$100M〜$120Mになる(去年は▲$160M)。

12/ マージンも78%でかなり良い実績

VivoxやdeltaDNAなどM&Aをしているが、特にM&Aに頼って伸びていない(そのにしゃは2019年売上の10%以下だった)。

キャッシュも$453Mあるので、当分の間は大丈夫そう(IPOで資金調達もするし)。

13/ Unity CEOからのメッセージも良かった

14/ Unity実績 (1)

ゲームだとArena of Valor、Iron Man VR、Pokemon GO、Fall Guysなど。

14.1/ Unity実績 (2)

ゲーム以外だとボルボや去年リリースされたライオン・キング。

14.2/ Unity実績 (3)

ライオンキングのメイキングをみると、Unityがどう使われたのかが分かる。

15/ 従業員すうは3,379人

そのうち最もコストかけているR&Dに1,879人(55%)。

16/ 主要株主
・Sequoia: 24.1%
・Silver Lake: 18.2%
・JA Technologies: 8.2%
・John Riccitiello(CEO): 3.4%
・Egon Durban(Silver Lake CEO・Unity社外取締役): 18.2%
・Roelof Botha(Sequoiaパートナー・Unity社外取締役): 5.9%
・David Helgason(創業者): 4.4%

17/ Unityが記載したリスクで面白かった点

・OSプラットフォーム(AppleやGogle)のポリシー変更が記載されている。これはEpic Gamesの話があったから入れているのかな?

・最近リスクの部分にコロナのような感染するパンデミックを入れるケースが増えてきた。

18/ IPOが完了したら75万株をチャリティーに寄付すると記載がある

今後こういうことをする上場企業が増えそう。

19/ Unityの事業をみると、2015年に何故マークさんが買収したかったのかが分かる

事業としても、将来性(メタバースのインフラ)として今後期待できる会社。

20/ S-1を読みたい方はこちらをご覧ください

sec.gov/Archives/edgar…

  1. トップ
  2. Tetsuro Miyatake
  3. 2020/08/25 13:03:26 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ