シェア

「VIX指数って聞いたことありますよ...」、@e_us_stock さんからのスレッド

VIX指数って聞いたことありますよね?「恐怖指数」なんて言われていて、この指数が上昇してくると『理屈は分からないけどとにかくヤバそう』という人が結構多いと思います。

これからVIXを理論的に解説していきます。めちゃ長くなりますが、VIXの理解は深まれば嬉しいです。ではいきます。

ひとつ確かなのは、VIXの意味が理解できれば、市場の心理状態を予想することができます。強気なのか、弱気なのか。アクティブ投資において市場心理を把握できるのはとても大きいメリットです。

まず、VIXとはVolatility Index(ボラティリティインデックス)の略称。そして結論から言うと、VIXとは「S&P500指数の"将来"の変動の市場"予想"」を意味します。ポイントは"将来"と"予想"という言葉。

ちなみにボラティリティは「変動」のことです。よくボラが高いとか、ボラが低いなんて言います。

ここで説明が必須なのが、ボラティリティには実は2種類あるということ。

ヒストリカルボラティリティ(HV)とインプライドボラティリティ(IV)。名前の通り、HVはヒストリカル、つまり「過去の」変動を意味します。過去の変動を数値化したのがHVです。

そしてVIXはHVではありません。IVなのです。なので、「過去の変動の大きさはVIXには1mmも関係ない」いんです。
仮に昨日までS&P500がジェットコースターのような上下動を見せていたとしても、VIXは逆に低下するということは起こり得ます。

VIXに関係するのはインプライド、"暗に意味された"ボラティリティなんです。

暗に意味するとはどういうことか?ここから難易度がグッと上がりますけど分かりやすく解説するので頑張ってください🙇‍♂️

ここで登場するのが「オプション取引」です。投資の本で最後の方にちょこんと出てくるデリバティブって奴です。殆どの投資家にデリバティブは不要ですが、実はVIXはデリバティブです。

具体的には、S&P500を買う権利(Call、コール)、売る権利(Put、プット)の価格、理論値を決めるいくつかある

構成要素のひとつが、インプライド・ボラティリティ(IV)です。

これらのオプションを取引するのは個人ではなく、金融機関や機関投資家などの所謂『プロ』たちです。彼らは株式に投資したり、リスクヘッジとしてコールやプットを売り買いしてます。

ここで、仮に株価がなんらかの大きな材料で長期的に上昇する可能性が出てきたら、投資家はどうするでしょう?普通は直接、株を買いますよね。

プロも基本はそうですが、一定割合、保険的にコールオプションを買います。例えば上昇に確信は持てないけど、万が一上昇したときのために保険は売って

おきたい、こういう時に買う権利であるコールを買います。

当然、オプションは商品なので、人気があれば値段は上がります。

ここで思い出して欲しいのが、コールやプットの理論値を決めるひとつの構成要素がインプライド・ボラティリティだということ。

つまり、オプションの人気が高まってコールが買われれば買われるほど、インプライドボラティリティ(IV)は上がるんです。

そしてそのIVを指標化したものがVIXなんです。逆に、S&P500が今後も下がるとの予想が増えれば増えるほどプットが買われてVIXは上昇します。

ポイントは、オプションが売られるとVIXは下がるということです。今後、横ばいで推移するとの予想が広がれば、プロたちはオプションを売ることで対価を得て利益を得ます。

なので、VIXの数値が大きいということは、IVが高いことを意味し、IVが高いということは、投資家は今後コール側(上昇方向)か

プット側(下落方向)のどちらかに大きく変動していくと予想していることを意味することになるんです。VIXの変動が小さいときは逆になります。

つまり、実はVIXは投資家がS&P500の将来の変動を予想して上下するもの、だということになります。

実際の値動きとして多いのは、株価が急落して「どこまで下がるか分からない」ときに、保険的にプット(売る権利)が大量に買われます。相場下落時にVIXが上がることが多いのは、プットが買われるからです。

逆に、株価が高値をとっていくときは投資家の予想としてそもそも株式に対して強気なので、

保険的なオプションではなく株が直接買われます。オプションの買いの量が減るから、オプション価格が下落し、結果的にIVが下がってVIXが下がります。

では現在のVIXはどうかというと、低い水準なので投資家の警戒感は高くはないものの、コロナ前の水準よりは高い状態が続いています。

ここからは私の予想。足元はコロナ前の水準を超えてS&P500が高値を更新し続けてますが、投資家たちの株価に対する警戒感がなくなったときはVIXが大きく低下すると思います。

恐らくはそこが一旦の頂上になるのではないかと思っています。

以上です。ブログで記事にしよ、コレw

貼り忘れてた。ちなみに今のVIXはこんな感じです。低下気味(投資家の警戒感は一時期より低下気味)ですけど、地味に下がりきらない、警戒感は燻ってる状態です。

貼り忘れてた。ちなみに今のVIXはこんな感じです。低下気味(投資家の警戒感は一時期より低下気味)ですけ...

VIXが地味に下がりきらないのは、ジャクソンホールでのFedの政策スタンス変更(インフレ許容)によって株高の可能性が高まったものの、そうは言っても現物株が高くて怖いから、オプションでヘッジしておく(コール買い)流れからです。

上に書いた「警戒感」は、更に上に行くかもしれない警戒感です。

流れからです、って断定してるけど、そういう面もありますって意味で捉えてください💦

銀行で働くベンチャーキャピタリスト。元マーケット、元M&A|主にテック系スタートアップ🇯🇵に投資する仕事をしています|自己資金の運用は米国ハイテク株🇺🇸への長期集中投資|米国株の動向をメインにツイート|資金調達の相談はお気軽にDMを。

  1. トップ
  2. Edo|Capitalist and US Stock Investor
  3. 2020/09/02 12:37:34 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ