シェア

「予想通りだが、安倍政権に救出さ...」、@YASUDAjumpei さんからのスレッド

予想通りだが、安倍政権に救出されたと言う人々が湧いてきた。
救出してたらあり得ないいくつもの疑問点をこれまで指摘してきたが、メディアもその他の人々もそれらについて何ら説明していない。04年もデマを流したまま説明もなく反論も無駄だった。やはり法廷に出てきてもらう以外ないのだろう。

救出説のいくつもの疑問点は何度も指摘しているので日本社会について。
後藤さん湯川さんは身代金で確実に救出できたが、安倍政権は救出しないことを選んだ。日本人の大半はこれに賛同し、内閣支持率は上がり自民は選挙で圧勝。日本は人質が死ぬと政権が支持される国。2人を見殺しにしたのは日本社会。

2人を見殺しにすることを選んだ日本社会の人々が、私が解放されたとたん「救出した」と言い出した。
ではなぜ2人は救出しなかったのか。救出説を信じる人々は、2人と私との間になぜ命の選別がされたのか、なぜ自分たちがそれを受け入れているのか説明しなければならない。特に2人の遺族に対して。

04年のイラク人質事件は、自衛隊撤退要求に応じる気はないしその他の救出も不可能という状況で政権が思いついたのが、デマと印象操作を駆使して「本人たちが反日のクズだから死んで当然」という世論をつくって論点をすり替えることだった。一部メディアと人々がこれに乗って「自己責任論」と名付けた。

人質にすれば政策変更できたり身代金を取れたりするなら自国民が際限なく狙われるようになる。それでも救出するかしないかは、その社会が人の命の価値と国のあり方をどう考えるかという重大な問題だが、自ら命の選別をすることになりかねない議論をしたくない日本社会は「本人がクズ」論にすり替えた。

恐らく死ぬまで同じ話させられる無限地獄。
拘束状態での撮影ですら自分の言いたいことを言っていると信じてしまう人々は、俳優の演技を本人の本音と思い込むし、ただのショーとリアルの区別もつかない。絶え間なくわいてくるそんな人々に、世の中から誹謗中傷は永遠になくならないと確信させられる。

命乞いしたって?
本当の闘いは裏でやる。
メルマガでは「放置しろ」と暗号を送った話も現物の画像と当時の日記で書いている。次の次と、さらにその後くらいの配信でも「払っちゃいかん」「断固無視しろ」「無事帰る」の暗号の画像を公開の予定。
よろしくお願いいたします。

安田純平の死んでも書きたい話 - まぐまぐ!

安田純平の死んでも書きたい話 - まぐまぐ!

ジャーナリスト安田純平が現場で見たり聞いたりした話を書いていきます。まずは、シリアで人質にされていた3年4カ月間やその後のことを、獄中でしたためた日記などをもとに綴っていきます。

mag2.com

後藤さん湯川さんは日本政府が相手を無視して3カ月後には殺された。私の件も相手からの接触を無視し続けた政府が「死んでも仕方ない」と考えていたのは明らか。交渉に欠かせない生存証明をわざと一度も取らず、解放を事前に知らず、翌日まで確認できなかったというだけでも救出説はありえないのだが。

デマと矛盾だらけでほとんどオカルトレベルでしかない救出説をいまだに信じたい人々は、「死んで当然の反日クズでも安倍政権は救出する」という話にしたいのだろう。「身内優遇」の否定になるし、「最後の最後は助けてくれる」という信仰を広げられる。信仰には事実は邪魔だから彼らは事実に興味ない。

解放翌日の日本大使館員による本人確認が済んだ後、第一声で「ありがとうございました。ご迷惑おかけしました」と言い、「日本人を捕まえれば身代金を取れるというデマが広まると全ての日本人が危険になるから全力で阻止すべきです」と訴えて、帰国の機内でも帰国後もひたすらそれをやっているのだが。

多くの日本人は「直接ではなくカメラの前で政府に感謝するかどうか」「テレビの前のオレに謝るかどうか」にしか興味はなくて、それでいて会見で頭下げても無意味で、事実解明する気は全くないし、日本人が危険になろうと気にもしないどころかむしろ望んでいる、ということは約2年たってよく分かった。

国にツバ吐くなとか言う人々がいるが、私がずっと戦っているのはデマをばら撒いて日本人を危険にさらし、日本国を貶めているあなた達デマ屋である。

わーわーデマ叫んで、言い返されると親分の影に隠れて「親分の悪口言うなー」とか、ガキか。

2018年の約半年いた施設で私は韓国人のウマルと言わされていた。これは同じ施設にいて昨年解放されたイタリア人に聞けばわかることだ。身代金払ったとか言っているくせに、私と違って優秀なはずのみなさんがその手がかりになる人を取材しないのはなぜなのか?そんなに事実を知るのが嫌なのか。

完全なデマ。デマはさらにデマを呼んで無限に増殖するという典型例。

話は前後するが、命の選別に向き合ってそれをどう回避するかしないのかという問題から逃げ「本人がクズだから」にすり替えたのが自己責任論。それがあまりに国民の受けが良いので、あらゆる問題で「そもそも本人がクズ」とすり替え切り捨てることが常態化しさらに強化されていったのが04年以降の日本。

わざわざ文字を書く前に、書こうとしているものの根拠が何なのか調べることもしないのがデマ屋の作法。「本人がクズ」にするためならどこまでもデマを吐く。

政府に止められたにも関わらず、と言う人々がいまだにいるが、政府に止められたことなど一度もない。止められるどころか一切の連絡もない。

2015年6月にシリアに入る前に日本政府関係から連絡があったのは、2007年に「大使館に紛失物が届いた」というものが最後。その前は04年に帰国した後に、事前に立て替え+後払いが決まっていたバグダッド-アンマン間の飛行機代支払いの件で外務省から連絡があったのが最後。その前も何も止められてない。

最もひどいデマの一つについて書いたこの記事はyahooに転載され、ついたコメントの1位は「悪いのはマスコミだ」と開き直り、2位が「こいつは何度も止められたのに行った」と別のデマを被せてきたコメント。デマ屋はわざとやっているから反論だけでは永遠に終わらない。

シリアで拘束された安田純平氏が日本政府に情報公開請求、ネットで拡散するデマに反論 | ハーバー・ビジネス・オンライン

一度流れたデマを消すことは難しい会員制交流サイト(SNS)など、インターネット上の誹謗中傷が社会問題になっている。罵詈雑言はいずれ沈静化することもあるが、一度流れたデマは何年たっても蒸し返され、あた…

hbol.jp

情報公開請求で出てきた第193回通常国会用の想定問答。
「事前に承知していなかった」「説得に当たることはできなかった」と。

もしも「何度も止めたのに行った」のならばそのまま公表すればいい話であり、わざわざ隠すことでも嘘をつく必要もない。つまりこれが事実。

シリアで拘束の人質を武力で救出した事例はなく、日本政府が身代金を絶対に払わないことも承知のうえでやっている。
解放翌日に本人確認に来た日本大使館員には「日本政府ができることがほとんどないことは分かってやっていることなので、含むところは何もありません」と伝えてある。

2016年6月30日午前の萩生田官房副長官記者会見。
「仲介者と称する方はですね、世の中に大勢いらっしゃいまして、その正否も確かめなきゃならない」
そのために取るのが生存証明。これがなければ交渉も何も始まらない。
「交渉した」と言う人はまず何が生存証明になったのか提示できなければならない。

当然それを知っている日本政府が準備したのは、私しか答えられない5つの質問。2015年8月に外務省職員が私の家族から聞き取った。私がそれらの質問を初めてされたのは解放翌日の2018年10月24日。日本大使館員が目の前に来て聞き、正解だったので日本政府はそこで初めて「解放を確認した」と発表した。

目の前にいても本人から証明取らなければならないのに、拘束中に一度も取らずにどうやって本物の拘束者や仲介者を特定し、人質が生きていると確認するのか?超能力?

「交渉した」「救出した」と言っている人は誰一人、何を持って証明としたのか根拠を示せていない。だから救出説はただのオカルト。

生存証明とはどういうものか、どのように取るのか、についても何度も書いている。

本人から取ったという確実なものでなければ証明にならない。拘束者こそ証明したいのだから、本人に分からないように取るなんてありえない。

理解できない人はオレオレ詐欺にひっかかるから気をつけたほうがいい。

ジャーナリスト。イラクの基地建設現場の料理人になり民間人が支える現代の戦争を取材した「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」(集英社新書)など。シリア内戦を取材し報道番組等で発表。2015年から武装組織に拘束され、2018年に帰国。

  1. トップ
  2. 安田純平
  3. 2020/09/02 16:07:41 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ