シェア

「僕は大学時代(あー、嫌だイヤだ...」、@hirosetakao さんからのスレッド

僕は大学時代(あー、嫌だイヤだ…特権なんて!)と痛切に感じた組なので(=つまり慶應非内部進学者)、この世に特権というものは存在すると思う(笑)

慶應という処は、ほんとうにクソな大学で、なにも得るものは無かったのだが、社会の不条理、世の中の不公平というものを若者に叩き込むという点では、ほんとにリアリティーに満ちた「学びの場」だったな(笑)

だからこそ、今日の自分が居ると思う。

学食の券売機が壊れていたんだ……大学1年生のときは、それで餓死せずに済んだ。

僕は岐阜から東京に出てきた田舎者でお金も無かったし…日吉の学食にすら、毎日行くのがためらわれたほどだ。

そんなとき、同郷の友達から耳寄りな情報を得た(笑)

彼は「おい、すごいテクがあるんだ。これでお前はひもじさから解放される!」「教えて欲しいか? それなら情報料として500円俺によこせ!」

僕は「500円は大金だ。そんなカネは、渡せない!」と拒んだ。

彼は「5日で元が取れる!」

彼は僕を券売機の前に連れてゆき「一皿140円のカレー」の券売機にコインを放り込んだ……

白い食券が出てきた。

その直後……彼は「返金」のボタンを押すと、、、

140円の硬貨が、そっくり返ってくるではないか!

つまり、その券売機にはバグがあったのだ。

(これで……もう昼飯を抜かなくてもいい)と気付いたとき「パァっ」と未来が広がったような思いがした。

それからは毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、毎日カレー喰って、顔が黄色になった。

ある日その古い券売機が撤去され、ピカピカの新しい券売機に置き換わった…

人生詰んだと思った。

なんで俺が「広告研究会」とか「葉山の海の家でチョメチョメする」とか「スキーツアーの企画」とか、そーゆーことを敵視しているか、これでわかったろ?

だから俺は(くそ!社会の仕組みを知り尽くして…幼稚舎出身の連中を見返してやる!)という意地で、ここまで来た。

じっちゃまが「おカネ大好き人間」になった原体験は、それや。

フロリダの田舎でワイフと老後を過ごしています。

  1. トップ
  2. じっちゃま
  3. 2020/09/12 20:46:45 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ