シェア

「知見がポロリ。何や、お前も知っ...」、@hirosetakao さんからのスレッド

知見がポロリ。何や、お前も知っとったんか、このテク(笑)

モデル業界を巡るマクロ経済的な話をしようか?

まずモデル・エージェンシーには IMG, Elite, Ford Models, Inc., DNA, NEXT, The Lions, Women 360, Wilhelminaなどがある。

このうち上場して株式を公開しているのはウィルヘルミナのみ。その開示情報から、かなりモデル業界の内側が推察できる。

ウィルヘルミナは「中の中」くらいの規模だろう。

登録モデルは2100人いる。モデル一人当たり年間売上高は378.9万円。一方、エージェンシーがモデルに払ったフィー(Model cost)は272.3万円。ペイアウトレシオは72%という計算になる。

モデルの世界も、他のビジネス社会同様「80:20のルール」が働いているはずだ。すなわち、上位20%のモデルが稼ぎの80%を叩き出している。するとモデルの年収272.3万円というのはあくまでも平均値に過ぎず、実際にはそれよかずっと稼げてないモデルの方が多い。

モデルさんのキャリアは短い。せいぜい3から4シーズンで消えてゆくモデルさんが大半。だからモデル・エージェンシーと契約したらテキパキ自分を売出し、メジャーにならないといけない。プレッシャーがすごい。

モデルさんは、まず母国のモデル・エージェンシーによって「発見」されることが多い。そのような、最初に所属するモデル事務所をマザー・エージェンシーという。

マザー・エージェンシーは、たとえばキエフ、ミンスク、トビリシetc.など東欧に多い。

それらのマザー・エージェンシーはNY、ロンドン、パリ、ミラノ、東京、ソウル、北京などのモデル・エージェンシーと「友好店」関係を築いており、モデルを融通し合う。

それらの大都会にあるモデル・エージェンシーはデザイナー、雑誌、広告代理店など、これまた沢山のクライアントとビジネスをしている。

整理すればマザー・エージェンシーはモデルさんを発掘するところ、大手モデル・エージェンシーはそのモデルさんを売り込むところ。

普通、キエフ、ミンスク、トビリシなどでスカウトされたモデルさんは、NY、ミラノ、ソウル、東京には1回ないし2回程度仕事で来られればラッキーなほうだろう。

ロシア妻が言う「フォロワー3,000人以下のモデルをフォローしろ!」というのは、つまりこの知見に基づいていると俺は思う。

モデル業界は、言ってみれば精肉器みたいなものだ。スカウトされたら、突然、激しい競争の中に放り込まれ、使い潰される。過酷な世界。これをわかってない人が多い。

モデル業界は、言ってみれば精肉器みたいなものだ。スカウトされたら、突然、激しい競争の中に放り込まれ...

ま、投資銀行も似たようなもんだけどな。

モデルさんの大都会への憧憬は強い。Bright lights, big city……

するとモデルさんは競争を勝ち抜いて初めて憧れの東京に来てバタバタと仕事して、後ろ髪を引かれるような思いで日本を去る。(わたし、また日本に来れるかしら、、、)という感じ。

モデルさんは「モデル・ビザ」で来日します。それはつまり「ワーク・ビザ」に他ならない。

この「仕事」と「ビザ」との関係がモデルさんに常につきまとう。

もっと単刀直入な言い方をすれば、じっくり日本に腰を据えてチャンスを掘り起こせば、それなりに仕事を「創れる」モデルさんでも、ワークビザの関係でそれが出来ない人が大半だ。もうひとつ、日本のローカルで戦うメリットは、「使い潰し」の色彩が強いモデル生命を、すこしでも延命することが可能。

ましてや近年ではインスタグラムなどの普及で、モデルさんとインスタグラマーの境界がとてもぼやけてきている。

つまり「プリント(印刷物)」「ランウェイ」だけがモデルさんの稼ぐ経路ではなくなってきている……

時代の流れから言ってモデルさんが自分のインスタとかにもっとちからを入れるのは当然だと思う。それは「営業」なのであり「失業保険」に他ならない。

ちなみにモデルさんの「来日!」スケジュールは、そのモデルさんの母国マザー・エージェンシーと親密な関係にある日本のモデル・エージェンシーが「〇〇ちゃん、何月に来日!」という風に顔写真とともに宣伝します(笑)

なぜならその短期間にどんどん仕事を取らないといけないから。

でも、ストーカーみたいなダサい真似はやめろ!(笑)

まず自分の気に入ったモデルをインスタでフォローし(=フォロワーすくない人のほうがいい)、その人がどのマザー・エージェンシーに所属し、日本ではどのモデル事務所がそのひとを扱っているのか?を突き止めろ!

そのモデルさんのインスタが更新されたら、ポジティブで軽~いコメを残すこと。

これは自分のインスタ上での名前を、モデルさんにおぼえてもらうためにやる。

そして彼女が来日したら、日本のモデル・エージェンシーに「〇〇さん宛て」とモデルさんの名前をちゃんと書き、花束を届ける事。エージェンシーのブッカーさんは「あ、〇〇さんに花束、届いていたよ」と伝えてくれるはず。

モデルさんにとって東京への憧憬は強い。仕事のプレッシャーもすごい。いつ「使い捨てポイ!」されるかわからない……(自分には東京への足掛かり、橋頭堡が必要だわ…)と感じる。

それだけで十分な動因だ。

ま、おれがこんだけ丁寧に教えていても「実際にGetしたことあんの?」とかリプ垂れているヤツ居るけど、すごい知見であることにすら気づけないホントおつむの弱いひとたちだな🤣

株やらせてもダメ、仕事やらせてもダメ、ナンパやらせてもダメなわけだ。

「相手の立場になってものごとを考える」ということを、いま教えている。
(え、モデルさんって、そんなに薄給なの?)
(え、ほぼワンチャンスしかないわけ?)
(え、東京に対してそこまで憧憬を抱いているわけ?)

それがinsights。

フロリダの田舎でワイフと老後を過ごしています。

  1. トップ
  2. じっちゃま
  3. 2020/09/25 17:52:44 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ