シェア

「それでは、本日のマガジンのお時...」、@terrakei07 さんからのスレッド

それでは、本日のマガジンのお時間です! / 暗黒メモ「文明の衝突(闇)」|白饅頭 @terrakei07 #note

暗黒メモ「文明の衝突(闇)」|白饅頭|note

暗黒メモ「文明の衝突(闇)」|白饅頭|note

 フランスにおける歴史教師殺害事件が大きな波紋を広げている。

note.com

フランスで教師が「表現の自由」を教える一環としてムハンマドの風刺画を見せたところ、それを嗅ぎつけたイスラム原理主義の男に殺害されてしまうという事件についての論点整理というか、この先の展望についてのお話です。

フランスは「風刺画やめない」 マクロン氏、教師国葬で宣言

【10月22日 AFP】イスラム教の預言者ムハンマド(Prophet Mohammed)の風刺画を授業で見せたことを理由に殺害されたフランスの歴史教師サミュエル・パティ(Samuel Paty)さん(47)の国葬が21日、パリのソルボンヌ大学(Sorbonne University)で営まれた。

afpbb.com

ハンティントンが大著『文明の衝突』を出したのが1996年。ハンティントンは同書のなかで「文明と文明(≒それぞれが他の文明圏に属する国同士)が摩擦を起こす境界線上で紛争が激化する」と述べていた。だが2020年代に起きている「文明の衝突」は、少し違った形になっている。

私たちが目の当たりにする文明の衝突は、文明の異なる国同士の断層線に生じる紛争ではない。ひとつの国のなかに別の文明が入り込み同居してしまったことで、文明と文明が衝突する境界線がひとつの国の市民社会の中にいくつも生じてしまった光景だ。

リベラリズムに基づく「多様性/多文化共生」の名のもとで、西欧文明が自らの国の門戸を「他の文明」に属する人びとに親切心から解放したことが、現代版にアップデートされた「文明の衝突」を結果的にもたらした。

「社会のイスラム化を許さない!」などと叫ぶフランスの市民社会は、はたして自分たちの西欧文明(自由・人権・リベラリズムなど)を守り通すことができるのか? この問いにはっきりと答えようと思います。

スキ&シェアで、雨が降ったのでレインコートを着ると雨が止み、脱ぐと雨がまた振り出し、着るとまた止んだ饅頭先生を応援しよう

西欧文明は、自分の国の中に招き入れた異文明との闘いにやがて敗れる。なぜなら西欧文明には自分たちを破滅に導く「自爆スイッチ」があり、いまそれを連打している状況だから――というお話をしています。

この「自爆スイッチ」の存在を言及することすら、西欧社会では不可能になっているため、もはや「詰み」となっている。イスラムは特になにをすることもなく、ただ人口を再生産していればそれだけでいずれ勝てる。いまはそういうフェーズ。

人権思想に合意する気も尊重する気もなどまったくない(それどころかそのような考え方には相容れない)者たちを人権思想の名のもとに擁護して権利を保障しなければならないというアホみたいなバグが生じている。しかもそのバグを指摘すると差別主義者扱いになるのでだれも言えない。終わりです。

今日の記事、マジでヤバいことを書いていることは自覚しているんですが、いまフランスで「私はシャルリ」だの言うて自己陶酔している人たちが直面している闘いのヤバさというのは、実際こういうことなのです。

自分たちにだけ「リベラリズム・人権思想」のルールによるレギュレーションを課しているかぎり、この闘いは確実に敗北する。極右政党でさえこのレギュレーションのなかで「よりよいリベラル」を目指しているので勝てない。詰みですわ。

さすがに今日の記事はnote公式に紹介されないのはわかる。だが重要なことだ。

インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者ですが、本当はゲームだけして暮らしたい者です。
お仕事等諸連絡:DM or メール terrakei07@gmail.com

  1. トップ
  2. 白饅頭(御田寺圭/光属性Vtuber/バーチャルツイッタラー)⛅
  3. 2020/10/23 17:03:14 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ