シェア

「① 【トランプの合法な奇襲】 木...」、@Tomo20309138 さんからのスレッド

【トランプの合法な奇襲】

木村太郎さんが指摘されている1887年に成立した「選挙人集計法(Electoral Count Act)」について、一筋縄でいかないので、少し添えたい。

記事↓↓

先日「なぜ上下院選がめちゃくちゃ大事なのか(後述)」で書いたことが

(続)

133年前の法律がトランプ大統領を救う?!逆転を可能にする奇策が浮上 大接戦のアメリカ大統領選で想定外の展開も

133年前の法律がトランプ大統領を救う?!逆転を可能にする奇策が浮上 大接戦のアメリカ大統領選で想定外の展開も

133年前の法律が、トランプ大統領を救うことになるかもしれない。ジョー・バイデン候補が勝利宣言を行い追い込まれたトランプ大統領は「司法の場で決着させる」とまだ諦めていないようだが、逆転を可能にする奇策が浮上してきだ。「各州議会の共和党議員の皆さん。あなた方が選挙人を最終的に決めるのだということを忘れないでください。選挙委員会や州務長官、知事あるいは裁判所でもありません。あなた方が最終的な決定...

fnn.jp

起きうるかもしれないので、掘り返す・・・・

アメリカの大統領&副大統領は「選挙人」が選ぶ。

こちらのアトランティックにも書いてある通り、1887年に定められた【Electoral Count Act=以下”1887ECA”】=35-day “safe harbour”=35日期限というのがあって、

(続)

The Deadline That Could Hand Trump the Election

A 133-year-old law creates perverse incentives for the Trump administration—and could make a chaotic postelection period even more tumultuous.

theatlantic.com

今回の選挙の場合は2020年11月3日+35日=【2020年12月8日(選挙人集会12/14の6日前)】までに郵便投票の集計やらが終わらない場合は「州議会」が「(トランプに有利な)選挙人」を選ぶ・・・ということが憲法上、合法的に「可能」。

2000年にも子ブッシュvsアルゴアのフロリダの

(続)

いざこざの際に、同様の動きはあった(ゴアが敗北宣言したので不発)。

トランプ陣営の法律顧問は、郵便投票で不正が濃厚な場合は「州議会が民意を反映すべきだ」と言っている。

12月8日まで再集計やら訴訟やらで粘って時間稼ぎをすれば、激戦州ジョージア、ペンシルベニア、

(続)

ウィスコンシン、アリゾナで、たとえ(不正の有無関係なく)トランプが敗れたとしても、郵便投票そのものを不服とするなり、集計が合法的に行われなかったなどの理由をつけるなりして、現在「共和党」が多数を占める「州議会」に「(トランプに有利な)選挙人」を選ばせることが

(続)

できる可能性がある。彼らが”faithless voter(誓約違反)”になるかは分からない。

一筋縄でいかないのが、憲法解釈によっては、「州議会」がトランプ支持の選挙人を選ぶと、対抗策として「州知事」がバイデン支持の選挙人を選ぶ事態もあり得るらしい。というのも、1887ECAに

(続)

記されてある「行政官」を「州知事」と解釈するのかどうかで憲法学者の見解が割れているから。

ジョージア、ペンシルベニア、ウィスコンシン、アリゾナ、ミシガンは共和党が州議会で上下ともに過半数を握っているが、ペンシルベニア、ウィスコンシン、ミシガンの州知事は民主党。

(続)

ジョージアとアリゾナの州知事は共和党だ。

もし「行政官」を「州知事」とみなすならば、民主党の州知事は、共和党優勢の州議会が選んだ選挙人を拒絶するだろうから、バイデンはまだ279本を持つことになり、この奇策は不発に終わる。

1887ECAでは、州が2通りの選挙人を提出した場合、

(続)

2021年1月に改選後招集される連邦上下両院がそれぞれ、どちらにするかを採決することになっている。ただ、両院の意見が一致しない場合に最終的にどういう決着になるかは「不透明」。米国史上、ECAが裁判所の争点になったり裁判所が解釈するところになったことはない。

(続)

上下両院が一致しない場合にペンス副大統領が「上院議長」としての立場を行使して、州議会と州知事がネジれ状態の州の票自体を「無効」にすることも、極めて可能性は小さいものの、できる可能性はなくはないらしい。

(続)
.

Old law could leave 2020 presidential race in stalemate - Roll Call

Legal experts are wary of an "almost unintelligible" law that could muddle the election outcome. It's unlikely, but 2020 is a year of historic worsts.

rollcall.com

で、ここで「なぜ上下院選がめちゃくちゃ大事なのか」をRTする。

上記の「合法的な」裏技を使ったとしても両候補の選挙人が270本に達しない場合や、トランプが270本に達して民主党が拒絶した場合、来年1月の改選後の新議会招集で、

(続)

上下両院が大統領と副大統領を選ぶことになる。だから上下院選が超大事。。。

下院の人数は民主党が多いものの、この投票に限っては【各州1票のみ】なので、共和党優位が26州あり、過半数を確保している。「大統領」は「下院」で50州の代表が1票ずつ投票⇒過半数獲得候補を選び、

(続)

「副大統領」は上院100名が1票ずつ投票⇒過半数獲得候補を選ぶ。

この奇策を確実に成功させるためには、必ず「上院(定数100)」で過半数をとらないといけない。現在共和党は48名が確定しているが、ジョージアの上院選2本は来年1月5日決選投票になる。まだ確定していない

(続)

ノースカロライナとアラスカはおそらく共和党が確保すると思われるが、それでは48+2=50なので、過半数に届かない。

「改選後」の上下両院が選ぶので、民意を反映していないとは言い切れない。少なくとも今回「総入れ替え」をした「下院」はまさに最新の民意だ。

(続)

数日前、CNN看板アンカーがトランプ大統領を「炎天下で仰向けになってジタバタしている肥満した亀のようだ」と罵った。今まさに「亀」のように、じっくり時間稼ぎをして「憲法上合法」な奇襲をかけることも、共和党は選択肢の1つとして当然検討しているはずだ。

~終~

  1. トップ
  2. Tomo
  3. 2020/11/08 16:05:38 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ