シェア

「① 【トランプ大統領再選、イバラ...」、@Tomo20309138 さんからのスレッド

【トランプ大統領再選、イバラの道(だが、可能性はなくはない)・・・】

1) トランプ大統領敗北宣言⇒終了

2) 再集計・裁判を経て、ペンシルベニア、ジョージア、アリゾナ、ミシガン、ウィスコンシンをひっくり返す→選挙人37本以上奪還すればトランプ勝利

3) 選挙人に託す(合法)

(続)

「選挙人に託す」場合……↓↓

ジョージア、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンで12月8日まで再集計やら裁判やらを引き延ばす
↓ 4州の州議会は「共和党」が優勢

「Electoral Count Act of 1887」を発動して、州議会に選挙人を選ばせる
※一筋縄ではいかないので後述(◎印)

(続)


【選挙人に誓約違反させる】

※州法&FairVoteチェック済

★ペンシルベニアとジョージアはどうやら誓約違反に対するペナルティがないので、堂々と誓約違反できる(合法)
※この2州の選挙人が丸ごと誓約違反してもバイデン(306)は選挙人270なので大統領になる

(続)

※アリゾナは誓約違反した選挙人は「入れ替え」のため除外(Ariz.Rev.Stat §16-212)

★ミシガンは誓約違反した選挙人の票は「キャンセル」され、選挙人の入れ替えは「ない」(罰金・投獄なし)=Mich.Comp.Laws §168.47

★「ウィスコンシン」は誓約違反した選挙人の票は

(続)

(誓約違反したまま)カウントされる(罰金・投獄なし)=Wis.Stat.§7.75(2)/おそらく§7.75(1)の"refusal to act"は誓約違反(faithless vote)を意味しない。

ペンシルベニア、ジョージア、ミシガン、ウィスコンシンの選挙人のうち「37名」が誓約違反すれば、バイデンは270を下回る

(続)

※トランプ当確がでている州で誓約違反を確実に阻止しないといけない(テキサス・フロリダ・オハイオ等々)
※他にも複数の州で選挙人の誓約違反はできますが、おそらくその可能性は極めて低い・・・

◎「一筋縄ではいかない」理由
最近FOXや保守論客あたりから「slate(名簿)」という

(続)

単語がよく聞かれるようになった。州議会は、理論上、州知事が認証した選挙人とは別の選挙人を連邦議会に送ることができる。ペンシルベニア、ジョージア、ミシガン、ウィスコンシンは全て州議会で「共和党」が過半数を制しているが、ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニアの

(続)

州知事は「民主党」なんですよ。「連邦議会」は、州議会と州知事のどちらが送り出した選挙人の投票を集計するのかを決定する。連邦下院と上院の意見が一致すれば問題はないが、今回おそらく確実にもめる。上下両院で意見が割れた場合は「前例のない状況」へと突き進んでいく。

(続)

米国史上「似たような」事態が発生したのは144年前の1876年大統領選挙。共和党のラザフォード・ヘイズと、民主党のサミュエル・ティルデンが選挙人の獲得本数を巡り、熾烈な戦いを繰り広げた。選挙委員会が立ち上がり、ガチャガチャした結果、共和党ヘイズが第19代大統領に就任。

(続)

で、上に書いたようなことをワチャワチャやって、バイデンもトランプも選挙人が270に満たなかった場合は【上下両院で投票】ということになります。

来年1月に改選後の新議会を招集し、「大統領」は下院で50州の代表が1票ずつ投票⇒過半数獲得した者が大統領に選出される。

(続)

「副大統領」は上院100名が1票ずつ投票⇒過半数獲得者が副大統領。

来年の上院議席2本の決選投票で共和党が上院過半数を維持できれば、ペンス再選。タイの場合、ペンスが上院議長として自身再選のために1票を投じれるかどうかは分からない。

(続)

下院は民主党が今回も過半数を維持するが、この投票に限っては【各州1票のみ】なので、共和党優位が26州(過半数)ある。トランプ大統領「再選」の道は、とっても険しいが、なくはない。

以前にも書いたけれど、下院で大統領が決まることになると、196年ぶりの一大イベントになる。

(続)

同様の事態が発生したのはジョンクィンシーアダムズとアンドリュージャクソンが大統領の座を争った1824年大統領選。修正第12条(1804年)成立以来初の下院決選で、翌年2月9日にアダムズが大統領に選出されている。

再集計、ソフトウェア調査、裁判をして、それでも勝てそうにない場合、

(続)

トランプ大統領は「敗北宣言」をすると思う。

不正調査は、州単位でなく全国規模で実施すべき。2012年のピューリサーチの調査で、米国内の有権者登録のうち2400万件以上(8件につき1件)が「無効」もしくは著しく「不正確」であることが分かった。

pewtrusts.org/~/media/legacy…

(続)

★180万以上の【死者】が有権者として登録されている
★約275万8千人が【複数の州】で有権者登録(2州=2,688,046名、3州=68,725名、3州以上=1,807名)
★約1270万人の記録が最新でない
★約1200万人の有権者登録データが誤っているため、郵政公社が住所に辿り着けない可能性

(続)

★有権者の4人に1人(約5100万人) が有権者登録していない

国民が主権をもつ民主主義国家の「恥」でしょう。全面的に見直すべきですね。

そういう機会を与えたということも、ドナルド・J・トランプのレガシーとして歴史に刻まれるはずです。

~終わり~

【訂正】

このスレッドの④で「ミシガンは誓約違反した選挙人の票は「キャンセル」され、選挙人の入れ替えは「ない」(罰金・投獄なし)=Mich.Comp.Laws §168.47」と書きましたが、再度確認したところ「宣誓違反をした選挙人の票はキャンセルされて、選挙人を入れ替えます」。

(続)

アリゾナ州法と近いです。申し訳ないです。

再集計やら裁判やらで12月8日までに決着がつかず、バイデンの選挙人本数を270に満たないようにするためには選挙人「37名」の誓約違反が必要。

トランプ再選は一筋縄ではいかないけれど可能性はなくはないです(合法)。詳しくはスレッド参照ください。

  1. トップ
  2. Tomo
  3. 2020/11/14 12:00:37 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ