シェア

「先日、取材先に事前に原稿は見せ...」、@y_shida さんからのスレッド

先日、取材先に事前に原稿は見せてはいけないというジャーナリズムの原則をつぶやいたところ、多くの批判が寄せられました。これは私の主張ではなく、世界のジャーナリズの普遍的な考え方です。そこでジャーナリズムの考え方をQA方式で回答していきたいと思います。(1/9)

Q取材先に事前に原稿を見せていないって本当?
A本当です。例えばロイターのジャーナリズム・ハンドブックには「ニュースを配信する前に、記事、草稿、写真イメージを取材先に送ったり、見せたりしてはならない。このような行為はロイターの独立性を揺るがす」と書かれています。(2/9)

Qそれは一部の報道機関だけじゃないの?
Aどの社にも似たような規定があります。なお、これについては畑仲哲雄(2018)『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』勁草書房の「第3章 取材先との約束」の「CASE010 記事の事前チェックを求められたら」にも論点が紹介されているので参考にしてください。(3/9)

Qなぜ事前に原稿を見せてくれないの?
A日本新聞協会は倫理綱領で「新聞は公正な言論のために独立を確保する。あらゆる勢力からの干渉を排除するとともに、利用されないよう自戒しなければならない」と指摘しています。事前に見せれば「干渉」される恐れが出てきます。(4/9)

Qそんな大袈裟な話ではなく、コメント部分を確認させて欲しいと言っているだけなのですが。
A言った言わないで論争になっているケースをたまに見かけますが、どちらが正しいかは録音を聞けばすぐに分かります。したがってコメントに関しては、記事全体を見せるよりもハードルが低くなっています。(5/9)

Qストーリーありきで取材され、そこに趣旨とは違うコメントを嵌め込まれた。
A仮説を立て、それに向けてピース(事実)を集めるということ自体は悪いことではありません。問題はそれに引きずられて事実を見る目が曇ってしまうことです。ストーリーに合うようにピースを加工するなんて論外です。(6/9)

Q最近の記者は勉強不足。記事が正確かどうかを確認するためにも事前チェックしたい。
A事実関係の確認は、当然しなければいけません。ですから誤りがあればその時、指摘するのがいいと思います。ただ、解釈にまで口を挟むと「編集権の独立」や「検閲」の問題に発展します。(7/9)

Q事実関係は正しくても、おかしな記事が少なくない。
A事実だけで構成された記事でも、自分にとって都合の良い事実を選んで記事を書けば、それは「主張」になります。このあたりは原寿雄(1997)『ジャーナリズムの思想』岩波新書 にも書かれているので参考にしてください。(8/9)

Q独立性は必要?
A以前、ステルスマーケティングが問題になりました。仮に記事の内容は事実でも、裏でつながっていることが明らかになれば客観性が疑われます。報道機関としての信用に関わってきます。誤解を招く行動はやはり避けるべきです。(9/9)

以下の記事も参考にしてください。
「記事の事前チェック」はアリなのか business.nikkei.com/atcl/opinion/1…
「原稿確認させてください」と編集部に言うと何が起きるのか
xtrend.nikkei.com/atcl/contents/…

北陸大学准教授/ジャーナリスト。2000-20年ロイター記者。日銀/金融市場/通信/総務省/テック/自動車/金融庁/公取委など担当。最後は日本語ニュースの経済政策報道を統括。ソフトバンクのボーダフォン買収スクープ等実績。日刊工業新聞ファシリテーター。東京経済大学大学院非常勤講師(ジャーナリズム論)。

  1. トップ
  2. 志田義寧@北陸大学
  3. 2020/11/18 15:44:36 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ