シェア

「「おたくでホームページ作るとい...」、@inada_h さんからのスレッド

「おたくでホームページ作るといくら!」と大阪弁のお爺さんから元気な電話。

ぼく「ど、どちら様ですか」
じじ「大阪の◯◯という会社ですわ。そんなんどっちゃでもいいんで、おたくでホームページ作るといくら!」
ぼく「何のWebサイトを作るご予定ですか?」
じじ「00ページだといくら!」

じじ「旅館や旅館。長野の旅館。部屋の予約とかそんなんの連携ができるホームページいいやろ!」
ぼく「あーー。外部とのシステム連携をやりたい観光サイトだとウチじゃない方がいいと思います」
じじ「んん?」

ぼく「そういうシステムをウチが一から作ったら000万円とか0000万円になっちゃったりします」
じじ「そんなかかるんか…」
ぼく「一から作るとそうなる可能性は高いです」
じじ「そんなかかるんか…」

ぼく「だから観光サイトではそういうシステムを既に持っている制作会社を探した方がいいと思います」
じじ「そうなんか」
ぼく「一から作らないで提供できるからリーズナブルなはずです」
じじ「そうか。どこの会社がいいか教えてくれるか」

ぼく「観光が得意な会社についてぼくはそんなに詳しくないし、御社がどんなことをやりたいか分からないので、どこがいいって言えません」
じじ「何かないんか」
ぼく「それよりもっと大切なことがあります」
じじ「んん?」

ぼく「お話聞いた感じだと、御社は今までWebサイトにそんなに注力してきたわけじゃないですよね?」
じじ「うちは外の◯◯に◯◯を委託して(よく聞き取れず)全然やってくれんし、予約なんか全然こんのよ」
ぼく「大事なのはですね」
じじ「んん?」

ぼく「Webサイトにそんなに詳しくない御社はぜーーーったい会って相談できる制作会社を探した方がいいです」
じじ「そうなんか」
ぼく「絶対そうです。長野の会ったことない制作会社より、地元で会える会社を探して相談した方がいいです」
じじ「そうなんか」
ぼく「ぜーーーったいそうです」

じじ「どうやって探せばいいんかや」
ぼく「大阪の制作会社は全然知らないですか」
じじ「全然しらん」
ぼく「そうしたらおすすめの方法があります」
じじ「んん?」

ぼく「他の旅館のWebサイトを見て、こういうのやりたいって思うのありますよね?」
じじ「ある」
ぼく「そしたら、その旅館に電話して、今こういうことで困っていて、あなたのWebサイトみたいなことをやりたいから、どうか制作会社を紹介してくれませんかって頼むんです」
じじ「そうか」

ぼく「教えてくれる旅館さんが見つかるまでそれをがんばってみてください」
じじ「そうか。なるほどな」
ぼく「それで制作会社を紹介してもらえたら、ちゃんと会って、こういうことやりたいって相談してください」
じじ「わかった」
ぼく「しつこいけど会える会社が大事ですよ」
じじ「うん」

ぼく「会ったこともない長野の会社に電話して一発で決めたりしちゃだめですよ」
じじ「わかった」
ぼく「コツコツ周りに聞いて回るのが今はすごく大事ですからね」
じじ「うん」
ぼく「じゃあ、がんばってください」
じじ「おお。ありがとうー」

うーむ。大丈夫かしら。いい人と出会えますように。

皆さん、コメントありがとうございます。「Webリニューアルをどうすれば…」の迷子電話って制作会社あるあるですよね。ぼくの中ではシリーズ化しています。笑

以前のブログもよかったらー。
『自社にフィットするWeb制作会社を電話で探すための4つのポイント(初級編)』

自社にフィットするWeb制作会社を電話で探すための4つのポイント(初級編)

自社にフィットするWeb制作会社を電話で探すための4つのポイント(初級編)

自社にフィットするWeb制作会社を電話で探すためのポイント 01 見積もりから相談するのではなく、目的から相談する 02 電話で決められるとなるべく思わない 03 最初は「決めるため」ではなく、「把握するため」を目的にする 04 把握したら、ドキュメントにまとめて社内で改めて協議する

jbnet.jp

制作会社探しで困ったら「そのサイトを持っている会社に電話して直接教えてもらう」という考え方は、ネオンホール清水隆史さんの「本気でやろうと思ったら、誰でもいいから手あたり次第に聞くんです」から学びました。

■清水隆史ロングインタビュー 信大からネオンホール編

清水隆史ロングインタビュー 信大からネオンホール編(三/五)|稲田英資|note

(このインタビューは二〇一一年に行った) ※ 前回までのあらすじ やりたい放題やっていた信大松本キャンパスから、人も少なく勉強も忙しい長野キャンパスに移ってきた清水さん。 思うように演劇や音楽をやる場がないので、自分で作ろうと思う。 稲田 長野にないから自分で作ろうってなったんだ。 清水 拠点が松本にあるから、最初は松本に通ってたんです。でも、当時の演劇仲間に実践派で一目置いている男がいて、...

note.com

長野県BtoB企業のWebサイト戦略策定およびWebマーケティング運用支援を担当/顧客事業に貢献するWebサイト制作『JBN』に所属/jbnet.jp/ミッション=「伝わる」をふやす/HubSpot Gold パートナー/執筆ブログ『成果につなぐWeb活用』jbnet.jp/staffblo

  1. トップ
  2. 稲田エイジ(JBN/BtoB/Web戦略・Webマーケティング・HubSpot)
  3. 2020/12/03 12:47:00 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ