シェア

「自分は #HSPの功罪 に通じる 影響...」、@ByFOBz2TbVj8GNc さんからのスレッド

自分は [#HSP](https://twitter.com/hashtag/HSP)の功罪 に通じる
影響力を深く考えるので
最近多い #HSP についての安易な 投稿= #HSPあるある
#HSPと繋がりたい みたいな発信をする人の思慮の低さからも

共感性が高いHSPならもっと
影響を考えれるのでは?
と思うので
実はHSPではなく勘違いしてるだけの側の問題を危惧する

続く

思慮が浅くて共感性が高い訳ではない…
という部分を具体的に指摘するなら

「共感性が高い=
様々な受け取り手への影響を必然的に考えれる」

「安易なHSP情報=
発達障害のチェックリストと共通点が多いHSPに固執する人が増える=

発達障害の可能性について考え難くなるリスクにも繋がる」

続く

当然、具体的なリスクとしても

「私はHSPだ!」
という思い込みが強まり
発達障害の可能性に目を背けてしまうなら

本来なら治療の余地があって
場合によれば福祉制度なども受けれる可能性がある発達障害だとしても

その見落としから
救済手段が遠のいて
重症化する事さえ想像出来る。

続く

だから

本当にHSPで共感性が高く
「1を見て10を知る」かのような

深い情報処理が出来る人なら

前述の説明のような
悪影響についても直ぐに把握出来て

高い共感能力から言われなくても相手目線で想像出来るはずだし

安易なHSPの情報発信は他人に迷惑を掛けることさえある…と気づけるだろう

続く

とはいえ自分が見る限りは
自称HSPの半数以上がHSPではなく

発達障害との共通点が多い
チェックリストや説明文から

本来その人は発達障害なのに
HSPだと勘違いしてる人がかなり
多いのは実例としても沢山見てきた。

続く

特にHSS型HSPなどにしても言えるが
自閉症スペクトラムに多い感覚過敏や神経過敏を
HSPの繊細さと捉え違いしてる人が多く

更には
HSSな部分=
ADHDの注意欠如多動性障害の特性=
情動性や感情抑制への問題が影響してる=
実はASDとADHDの混合型発達障害

というのが本来の診断名の場合もある

続く

なので
自分が発達障害であるにも関わらず

子供の頃に周りから発達障害を見落とされたり
大人になっても発達障害への知識が乏しい中で

本当の自分の問題に気付けていない
「大人の発達障害」な人達が

自己診断を間違った結果
HSPと思い込む人が続出し

安易な情報発信を行っている問題が起きている

あとは

前述のような
影響に対しての思慮が乏しい割に

「私には共感性があって人の気持ちが分かる!」
かのように言う人がいるとしても

例えばASDで
自己同一性(アイデンティティ)の問題があると
自分と他人の境界線が曖昧なあまり
自分が思ってる事は他人が思ってるはず…と思い込んだり

続く

こういう場所で
相手が何か言われてると

ASD=自分と他人の違いが明確で無いからこそ
自分が言われたかのような錯覚に繋がる間違った情報処理で

自分の事のように被害的に捉える部分に繋がり

更には傷つきやすさも合わさると

HSPの繊細さや共感性と勘違いしやすくなるロジックが隠れている。

特に勘違いしやすい傷つきやすさとして
自分が何かを言われたり
された時には凄く敏感に反応するのに
人の痛みには鈍感=
相手がどう思ってるか?が読み取りにくく
何をされたら嬉しいか?や
嫌がってる事などに気付きにくい
典型的なASD的発達障害なのに
自分の痛みの部分だけでHSPと思い込む人も多い

HSP研究者を含めて
心理学だけで考えても
HSPの問題は見えにくいはずだし

例えば発達障害の問題=
脳の特性=
生まれつき特定の脳の領域が弱く
脳の発達に阻害が見られる

という部分がある事で

共感能力に影響する部位の阻害があるASDが人の気持ちに鈍感で
合理主義的になりやすいのだし

続く

当然その逆引きで

共感能力に影響する部分の働きが
活発ならば

ASDとは異なり
共感性が強い事にもなりえる

そう考えると脳科学的視点で
共感能力について見るならば

共感性が高いとされるHSPと
共感性に問題が起きやすいASDの
脳機能そのものが相反するので

両立しえない事が導き出せるはず。

あとは
ADHDの場合はHSPとの共通点として
感情などに影響する右脳優位な事は言われているので
ASD特性が無いADHDだとHSPにも近い共感性がある場合もあると思うが

ADHDとASDの混合型からの書き取りだと
経験などの学習で自分の知ってる事は共感出来てもそれ以外は共感しにくい印象を受ける。

続く

分かりやすく言えば
共感と捉えられやすい仕組みとして

「その場面で自分が○○な気持ちになった」
という自己の経験を元にした自己理解があるなら

同じ場面にいる人が
「その時の私と同じ気持ちになってるはず」
という予測がたてやすくなる

しかし学習による要素を共感性として良いかも疑問である

これも以前指摘した
特定の犬の個体の脳の発達と
共感能力で例えたら

学習による共感的な要素とは隔たりがある印象で

共感性が高い犬の場合は
違う種の生き物にさえ
共感能力を活かした
コミュニケーションが取れるデータがある事からも

前述のような
経験による学習とは少し違う要素に思える。

なので脳の神経伝達に対する影響と
脳の領域の発達の強さで見た方が

HSPと発達障害の明確な違いについても
解明しやすくなるのではないだろうか?

なのであくまで自分としては
HSPと一部の発達障害は
両立しにくい…

というのが見解である。

寧ろ先日載せた特定のギフテッド特性とHSPの脳の発達の強さで言うならば

共通性はそれなりにあるように思えるし

1を見て10を知るかのような深い
情報処理にしても

発達が弱い発達障害ではなく

発達が強いギフテッドなら辻褄も
合いやすい。

リンク(元ツイやツリー)は
ギフテッド特性の可能性がある

自分を研究対象の被験者のように
捉えて自己分析した場合は

HSPに通じる神経発達特性と捉えても
そこまで非合理的では無いと感じている。

1を見て10を知る特性なら
独学でもこれくらい思考出来ても
不思議ではないし
(特別な勉強した事無い)

前述伝えたリンク=過去ツイとツリーで
要所要所自分の特異性については
記載してあります。

あとADHDに多い脳内多動で
考えが次から次に思い浮かぶものの考えが纏まらず着地点が見えない…
みたいな事はよく聞くが
自分は脳内多動的に考えが浮かぶものの
明確な繋がりを持って
RT元のような発展をさせているし
発達の不具合=ADHDとは異なり

発達しすぎな感覚はある

最近、高IQ高EQなギフテッドの可能性が出ていてHSP傾向もあるピアカウンセラー(講習済み)

倫理的には問題が無い個人の見解によるツイートに「気に入らないから」と攻撃の意図で絡んで来る悪質な方はブロックします
※固定&過去ツイや

ブログをある程度読んでからリプやフォローして頂けると有難いです

  1. トップ
  2. 龍之介
  3. 2021/01/14 14:14:30 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ