シェア

「「JKの娘にサーバをねだられた話...」、@a2see さんからのスレッド

「JKの娘にサーバをねだられた話」
というのが本日あったので、日記として記しておきたいと思います。

娘氏は何かをねだったりとか欲しがったりというのをあまりしないタイプなのだけれど、休日の夕方なんとなく歯切れ悪くそんなようなことを伝えてきた。
でもやっぱいいや、みたいに引っ込めそう

だったので、取り敢えず聞くだけ聞いてみたいと引き出したところ
・友達とマイクラの無料サーバで遊んでいるんだけれど、そこが重過ぎる。
・起動に30分程度とあるのだけれど週末など混んでいると50分くらい掛かる。
・なので有料のサーバを借りたいのだねれども結構高いのでお小遣いでも厳しい…

みたいな話だった。
エンジニアとして起動に50分と聞いてノーモーションで「あり得ん。借りよう」となって、マイクラ専用有料サーバのページを見せて貰う。
2000円弱くらいのさくらのVPSの一番下くらいのでいけるよね?くらいの気持ちで覗き込むと、5-10人弱でやってるので月3200円と意外とお高い。

マイクラ専用だからなのかとスペックを見ると4CPU、メモリ4G、SSD100Gとあって、素のサーバ借りてもたいして変わらない金額。さすがゲームは要求スペック高いよねと納得し、ここまできたらとりあえず3ヶ月ぶんはパパが出してあげようと。そこから先は自分で自分でどうするか考えてねと。

たしかにサーバ利用料としては高いけど、いわゆるサバ管の経験を自らやろうとしてる訳で、勉強・教材費も含まれてると考えればいいんじゃないかなと思った訳です。
それにやはり起動に50分と言うのはあり得ないので…
という訳で契約して一緒に設定。よくあるwebの GUIでボタン押してサーバ追加して

あとは勝手に構築してくれるってヤツ。
で、ここで1つ目の問題が発生。マイクラ専用VPSサービスなので、一緒にインストール&設定してくれるんだけどそれは最新バージョンらしく、娘たちの遊んでるのは古いバージョンでしか動かないワールドやmodらしくそのままじゃ遊べないと。

コンソールもあるんだけど、コマンド打ったり色々やって泥沼にハマりたくないので(この時はまだそれでイケると思ってた。マイクラ甘く見てた…)、GUIで出来る方法を探すと、古いバージョンのマイクラを選択してサーバを再構築するという機能があった。
まっさらなので再構築しても何の問題もない。

これでいこうとwebの画面からポチポチと選択し、マイクラのバージョン選択のところでどれ?と聞くと、ここにはないと。
マイクラの最新が1.16.x系だが、その前の1.12.x、1.8.x系という大きな節目があり、そこのバージョン向けのmodやワールドがたくさんあるのだと。
で画面で選べるのは12系まで、

娘が友だちと遊んでるのは8系だと。
ここでせっかくお金を掛けたのに出来なかったと一気にしょげて泣きそうになってしまう娘氏。
でも、諦めたら試合終了だし、そもそもこういうのを何とかするのがあなたのパパの本業なのですよ。
rootがあれば何でも出来る。
webからコンソールを開きrootのpasswdを

娘に打ち込んで貰いお馴染みのLinuxの画面へ。
取り敢えずマイクラがインストールされてるのは/opt/minecraft-serverでそこに置いてあるjarをweb画面から起動停止で叩いてるだけっぽいことは分かった。で、遊んでる1.8系のjarを娘に用意して貰う。ようは置き換えたjarを叩くように色々辻褄合わせれば

いいだけだよね。
でも置き換える前にエンジニアの勘がなんとなく働きました。
まず、再構築で出来る一番古いバージョンの1.12系にしてから置き換えようと。
今回のマイクラがどうかわからないんだけど、あまりにバージョンが離れ過ぎてると、起動停止周りの構成まで変わってる可能性があるので…

webから12系で鯖を再構築して、コンソールで入って8のjarを12と同じ場所に置く。
で、psでプロセス見るとたしかに12系が動いてるので、それを呼んでるヤツを見つけ出して8を呼ぶようにしてやればいいんだろうなと。
調べて見つからないので、psで出てるキーワードをgrepで全検索する。

/etc/systemd/systemみたいなところにいた。minecraft-server.serviceとかだったか。
バージョン付きのjar指定してjavaのヒープパラメタとか付けて確かに呼んでる。ってか、systemctlなのねとこの辺から既にお仕事モードに。
バックアップとってパラメタ書き換えてsystemctl restart minecraft-server

はい、なんか怒ってますね。
設定ファイル書き換えたんでsystemctl daemon-reloadが必要でしたね。ってことで叩いて改めてrestartすると無事起動。マイクラのログ見ても大丈夫そうだったので、娘氏に渡す。
ワールドやmod入れる時に再起動が必要らしくどうすればいいのかと聞かれたので、

systemctlコマンドを教える。自力でコンソールは入れるのでstatus/start/stop/restartくらい知ってれば十分でしょうと。
で、御目当てのバージョンでマイクラサーバが起動できたのであとは自分でやれると思うと言うので私はスプラのフェスをやったり風呂に入ったりしていた。
もちろんここで終わらない

風呂から上がると娘氏が思い詰めた顔でMacBookProに向かい(でも動いてるのはWindows。ゲームやるときはwinで起ブートしてるそうな。。)、やっぱりダメかもしれないと言う。
聞くと無料サーバでやってたワールドのプレイデータも引き継いで持ってきて動かそうとしてるのだけれど、エラーが出て上手く

いかないと。
私はワールドやmodだけ持ってきてやり直すかと思ってたので、そもそもそんなこと出来るの?って感じでした。
セーブデータ複製したり弄ったりやりたい放題になっちゃうじゃん…
でも調べたらworld配下にplay-dataってのも入っててプレイ状況も全部移行できるらしい。マイクラすごいな。

で、娘氏は無料の急サーバのweb画面からデータをダウンロードして、解凍して、scpツールで旧worldデータを新鯖の方に上書きしてサーバ起動をするところまでやったが、なんか入れたり入れなかったりするし、systemctl statusを見るとエラーっぽいのが出ているという。
ここまで自力でやるのは正直

たいしたものだと思いつつ、ここまできて結局遊べないというのも残念過ぎるので風呂上がりの半裸のままMacを借りて調べてみる。
たしかにエラーが出てるし、さっきバージョンダウンしたときは出てなかったので、ワールドデータが怪しいよねと。
バイナリ違うかも?ワールドにlinux版とかWindows版とか

ある?→なかったから大丈夫
娘氏がzip?落として解凍して持ってったってことはCRLFとか文字コードとかのアレ?→サーバ上でファイル開いてみると大丈夫そう。
あれ、マイクラって権限そもそも何で動いてるんだっけ??→webで構築したファイルたちはminecraft:minecraft。娘氏がscpツールで入れた

worldファイルの権限はroot。
「勝ち申した」ってヤツですね。脳噛ネウロなら「この謎は既に我輩の舌の上だ」って言うところです。
chown -R minecraft:minecraft ./worldみたいな感じで全部の権限を合わせてマイクラサーバを再起動。
エラーが消えて綺麗にマイクラが立ち上がりました。

娘氏に確認して貰うと前の鯖でプレイしてた状態でバッチリ引き継がれているとのこと。
で、どこかにLINEを打ったと思ったら、友だちもちゃんと入れてるとのこと。早いな。。
しかもラグ値?が前は500とかだったのが移行後は1桁になっていると、メチャクチャ喜んでいる。やはりスペックはパワーですよ。

途中から「これ完全に仕事だよね。移行案件だよね」みたいになってましたが、父親の仕事はこういうことをやってるんだよというのを目の前で見せられたのはいい機会だったなと思っています。なんだかんだ面白かったし。
ということで、完全解決大団円です。
勢いで書きましたが記事に出来る量でしたねw

ここ気付いて貰えて嬉しいですね。
娘氏がサバ管なのでセキュリティ含めて全部責任もってやって貰いたいなと思って。
私はお客さん立ち合いの元で作業するエンジニアに徹しました。
「いまこういう状況なんで、こういう対応するけどいい?」って作業前にちゃんと確認してたw

肩書:[VNOS 発起人、株式会社ブイノス 代表、Vの者、バーチャルツイッタラー]、 興味:[システム、コミュニティ、文学、ゲーム、アニメ、ボカロ、vtuber]

  1. トップ
  2. a2see@VNOSバーチャルCEO
  3. 2021/01/18 02:51:29 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ