シェア

「陰謀論を信じる人に知能的には結...」、@soudai3 さんからのスレッド

陰謀論を信じる人に知能的には結構高等な部類の人が含まれるという話にも通じるアレだが、結論から言うと陰謀論というのは論理的整合性を高度に求める心性との親和性がものすごく高い。

公正世界信念なんかにも共通するのだけれど、ある事象が生じた時に何故そうなったのかを説明して理解、納得出来なければ何か隠された理由があるに違いない、と思ってしまうのが陰謀論の入り口である。

言ってみれば偶発性による幸運、不運を認められない心の弱さとも置き換えられる心性なのだが、理由が説明できるということは同じ事をすれば真似られる、元を断てば避けられる、といったような再現性を見出せる事によりそれが安心に繋がるのだ。

大地震などの大規模災害に陰謀論が一定数出回るのもこうした心性の表れと考えればわかりやすいだろう。逆に言えば多くの人々が不安に陥っているタイミングこそが陰謀論の広がりやすいポイントなのだ。

今回のアメリカの大統領選に絡んだ陰謀論などはまさにコロナによる不安とそれを払拭させてくれた指導者の退場という事件が単に数で負けただけだという説明では納得させきれないほどの不安がもたらしたものだと言えるだろう。

納得出来ないものに適当な説明を加えて安心するというのはまぁ振り返れば自然現象を神に見立てたおそらく有史以前からの営みでもあるわけで、宗教的説明を省いた現代社会において陰謀論が求められるのはある種の必然ではあろう。

しかしながら特に論理的整合性を求める人にその傾向が見られるというのは、逆に言うとその手の人らは現代の知識を宗教的に信じているという言い方もできるのであろう。

チェスタトンのいうところの「狂人とは理性以外のあらゆるものを失った人である。」「狂人の最大の特徴が何であるかを見た。無限の理性と偏狭な常識との結合である。」というのが陰謀論者に対する最も端的な解説の一つであろう。

要するに少ない材料から知的能力を全開に論理的整合性を高める努力をした結果こそが陰謀論の導く答えなのだ。そしてそれは少なくとも前提となるピースの少ない中においては至極論理的なのである。

では陰謀論にハマらない為にはどうすればいいか、実は言葉にすればとても簡単なことである。「“たまたま”を信じよ」という事だ。

諸条件が重なってたまたまそうなっただけだし、何を変えればそれを避けれたかなどという事は事前にも事後的にもわかりやしない、という身も蓋も無さを受け入れるしかないのである。

無論科学の進歩の先にはもっと厳密な検証や予測も出来るようになるであろうけれど、それにしたって所詮はヒトの悩みとはイタチごっこでしかないであろう。

ポリティカルインコレクトマン 名も無き市民の会 youtube.com/watch?v=rHccYT… 名無し会チャンネル登録お願いします

  1. トップ
  2. 宗田威@Peace党
  3. 2021/01/19 01:05:30 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ