シェア

「私は司法試験合格のために途方も...」、@chihirotsukada さんからのスレッド

私は司法試験合格のために途方もない時間を費やして努力した。それは紛れもない事実。努力「した」のは自分。だけど努力「できた」のは幸運でしかない。小さい頃から挑戦を是とし、子どもの意思を尊重し、応援してくれた両親をはじめ、周りの人々・環境のおかげでしかない。

そういった、自らの努力では如何ともし難い幸運の数々に思いを致すとき、そういった環境に不運にも恵まれなかった人々を見て、自己責任だと突き放すことが本当にできるだろうか。人生はあまりにも生まれながらに不平等だからこそ、それを補う政治が必要なのではないか。

悲しいほどにたくさんの人が、自分の成功はほとんど自分の努力に依存すると思っている。それは間違いだと私は思う。私たちがそう思うから、それに沿った政治が行われている。その現実を変えたい。

そもそも人が努力することができるのは、努力した先にある幸福や成功を、現実的に可能なものとして想像できるから。自分の境遇や家庭環境に照らしてそれらが非現実的で獲得不可能なものに映るとき、どうして努力しようとすることができるだろうか。私はできない。

そう思うと、「努力したら何とかなるよ」と思えること自体が、ある種特権的な、幸運に恵まれた環境な下でしか生じ得ないモノなのだと思えてくる。そう思えるかそう思えないかで、人生は大きく変わってくるのに。

こうした先天的で構造的な不平等は、私たち自身が選挙を通じて作り出したのだから、私たち自身の手で修正できないはずがない。一足飛びには到達しない。だけど少しずつでも、1人でも多くの人にとって公正な社会であってほしい。生まれ育ったこの国をもっと好きになれるように。

そして、誰もが、それぞれの夢を抱き、実現のために努力できる環境に、自らの意思で身を置くことが「できる」、そんな公正な社会に僅かでも近づくなら、冷笑されても偽善者と非難されても、私にできることをしたい。社会は他ならぬ私たちの手で変えられると信じています。

沢山のリアクション、誠にありがとうございます。リベラルから保守まで「異なる」思想の方々が「同じ」投稿に共感して下さっています。

人は皆違うけれど、理解し合い、共感し合うこともできる。私たちはバラバラじゃない。温かみのある公正な社会を夢見ています。

公正な社会に。弁護士(2014-)/米国公認会計士(WA州)/危機管理/法教育/University of Pennsylvania Law School(LLM President)/予備試験/慶大法・小林節ゼミ(学生代表)/渋幕・サッカー部/ 伊藤塾・Abitus ツイートは私見。法律相談にはお返事できません。

  1. トップ
  2. 弁護士•米国公認会計士 塚田智宏
  3. 2021/01/21 09:08:12 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ