シェア

「一番発信したいのはここからです...」、@OrentTreant さんからのスレッド

一番発信したいのはここからです。
そもそも、どういう事情で濃厚接触者指定を受けたか。

結論から言えば、時期的なことを見ればお察しのことと思いますが、このお正月に実家に帰ってきていた弟が新型コロナにかかっていて、一緒に食事をしたことです。

弟本人が、こうして発信することを望みました。

父は入院する前から、そして母と最後に電話をした時にも、また入院先で弟本人にも繰り返し言いました。

お前だけが悪いのではない。自分たちにも油断があった。
たとえ自分がこの先どうなっても、絶対に責めるな。

それでも、弟は言いました。

俺がお父さんを殺した。
俺が帰っていなかったら、お父さんは死ななかった。

僕も母もそれは当然思っています。何度も自問自答しました。なんでこんなことになったんだろう。

弟は家を出たときには全然なんともなかったそうなのですが、こちらに向かっている途中に発熱を自覚していたそうです。でも、じぃじじぃじ久しぶりだと喜んでいる子どもたちを見て、引き返せなかったと。

弟もしっかりとコロナ対策をしていました。消毒はもちろん、家に来たあとも当然マスクを着用していて。しばらくすると発熱もおさまっていたからと、一緒に食事を。

これが結果的には命取りになってしまった。

俺は一生兄貴や母ちゃんに恨まれるだろう。自分も自分をずっと恨んでいく。そう言って泣きました。

父本人が許したのです。母も僕ももう何を言うこともありません。先を向いて歩いていきます。

弟にはもう、守るべき家族がいます。
危険と隣り合わせの仕事をしています。
もし仕事中に変なことを考えて失敗をしたら…

母も僕も、それこそ許しません。

そんな話をしました。

話がそれましたが、僕が言いたいことは一つ。

みんな生活があるのだから、感染対策を気を付けてやっていくしかない。外食とかお付き合いもいろいろあるでしょう。でもたとえどんなに気を付けていても、やっぱりどこかに油断はあるものです。

だから、つらいけれど寂しいけれど、まだまだ親に会いに行っちゃいけない。自分は気を付けてるから大丈夫、じゃないのです。ほんの少しの油断から、もう絶対に取り返しのつかないことになってしまうことがあるんです。

それから、今回のコロナですごく恐ろしく思ったのが、父は重症病床に移る直前まで、息が苦しいとかそういう自覚症状が全くなかったのに、実際は致命的な状況にあったという事実です。

幸いにも僕たち家族はすぐに検査を受けられ、すぐに入院治療を受け始めることが出来ました。結果的には命を落としてしまいましたが、病院の皆々様にはただただ感謝しかありません。

ニュースを見ると、所によっては治療を受けられないままに亡くなるなどの本当に痛ましい状況が起こっているようです。どうかこの状況が少しでも改善されますよう、祈ります。

FF14マンドラゴラサーバーでプレイ中のハイランダーヒーラーです!どうぞよろしく! 基本深夜ログインです(`・ω・´)

  1. トップ
  2. おれんと@まんどら
  3. 2021/01/26 22:26:53 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ