シェア

「僕も先日全く同じこと書いたけど...」、@constructuralis さんからのスレッド

僕も先日全く同じこと書いたけど、ヴィーガンの言うことは正しい。でも僕にはそれを実行できない。だからそこに対しては自分に矛盾があることを認めて生き続けないとならない。いつか人類に肉食は全く必要ないっていう信頼できるエビデンスが出たら宗旨替えしないといけない可能性もあるとは思ってる。

矛盾を抱えることを恐れてはならないし、でもその矛盾に対してはドン付きまで考えてやっぱりやめるのか、それでもやはりそうするのかは、その時点においてはっきり決めなきゃならないし、新しく入ってきた情報や考えや状況によって常に再考し続けなきゃなんない。しんどい作業ではあるけど、それを

し続けて都度答えを出し続けていくことが僕は真のリベラルだと思ってる。

新しい考えにすぐ乗っかるんじゃなくて、そこまでの自分の知識をフル動員して新しい考えを再考し検証し探索し推論し持てるあらゆる方法でそこまでの知識とトーナメント戦をやってみるわけ。だからそこまでの持ってる知識が脆弱だとすぐ負けちゃうので、常に質のいい情報を取り入れ続けなきゃなんない。

まあそれが僕がいつも家人に本読め!新聞読め!って怒られる理由なんだけど…大層なこと言ってるけど僕も全然できてない。僕の知識はまだまだ脆弱だ…神に頼らなくてもいいように、超人になるために知識の筋肉をモリモリつけなきゃなんない。あと筋トレもして体力もつけなきゃなんない。思考し続ける

のにもフィジカルな体力が必要なんだよ…!

(基礎体力があればいいので、フィジカル面ではそんなバキバキになる必要はないとは思います)

でもそしたらやっぱ肉食べないと僕は力が出ないんだよね…

あれっでもまてよ、ニーチェがベジタリアンだったら僕のこの理屈は覆させられるんじゃね…!?って思って検索したら、最初そうだったけど途中からこらあかんわ。ってなっててちょっと安心した。まだ僕はしばらく肉食してて大丈夫そうな気はする。

『ベジタリアンの世界 肉食を超えた人々』鶴田静著。圧倒的な情報量!菜食の歴史をアウトサイダーにまなぶ。|工業ダイヤ.|note

『ベジタリアンの世界 肉食を超えた人々』鶴田静著。圧倒的な情報量!菜食の歴史をアウトサイダーにまなぶ。|工業ダイヤ.|note

・『ベジタリアンの世界 肉食を超えた人々』鶴田静著を読んで。 ブリューゲルの装丁を見た瞬間から、内容を読まずして、既に多くを予感、本著がすきになっていた。 ジャケット絵:果物や花や野菜の房にかこまれた聖家族(ヤン・ブリューゲル二世) -------------------------------------------------------------- ・読書のきっかけ ニーチェの菜食と...

note.com

※でもこれは僕の個人的な感想なので肉食を強要するものではないです。体質もあると思うし。

ツイッターの石の下にいる虫です。世界の事象を食んで腐葉土としての言語化努力をここでの職業にしています。たまに火に入って火傷したり、腐葉土にしようとして毒物を作っちゃったりします。えへ気をつけるねてへぺろ。人類が反出生主義に打ち勝つために、反出生主義を消滅せしめようとする者から守る会。

  1. トップ
  2. construction
  3. 2021/02/14 10:38:31 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ