シェア

「あとで英語の映像授業で勉強して...」、@buriburi_unchii さんからのスレッド

あとで英語の映像授業で勉強してもなんとかなるって思った根拠と、実際にやってみてどう感じたかを書いていこうと思う。

まず根拠から。
途上国とか諸外国では、教科書が翻訳されてなかったり、そもそも概念や言葉が翻訳されていない事がある。だから専門分野を勉強する人はわざわざ英語で勉強したり、留学する必要があるっていう現状があるんだよね。
実際に医学を英語で勉強している学生と接する機会もあったしそういう↓

国では過去現在合わせてほぼ全ての学生が第二外国語で医学を勉強している。多くの人が当たり前にこなしていることなら俺でもできるくない?っていうのが根拠。だいぶ雑だけど笑笑

それから、実際勉強してみてどう感じたかだけど、英語で勉強するのも日本語で勉強するのも対して変わらないと思った↓

たとえば"肺"と"Lung"って言葉の意味を知らない状態の人がいたとして、「胸腔に存在する呼吸するための臓器」のことを"Lung"という単語でまず覚えたら、「Lungって日本語では肺って言うんだ!」って言うふうに覚える順序が逆になるだけなんだよね。
だから、対して変わらなかった。もしかしたら↓

勉強サボってた人の方が素直に訳さずに英語のまま覚えられて得かもしれない。わかんないけど。それから、文法やら医療系以外の単語についてだけど、しゃべる人が同じなら、同じような表現や文法がひたすら使われるから、最初は慣れが必要だけど慣れてしまえば特に困ることはない。もちろん人によって↓

そのチョイスは違うから人が変われば戸惑うこともあるけど、すぐなれると思った。動画の中での話ね。

総括すると、うんちぶりぶりって皆やってることで誰でもできるようになるし、使う筋肉はいつも一緒だし、気づいたら無意識にできるようになってたでしょ、それとと同じ。

国立便器機構洋式排便脱糞センター / 春から検便医/ 第115回日本排便師国家試験/ 排泄物取扱者甲種/ 国連排便検定特A級/ 国立便器大学排泄学部うんち学科脱糞学専攻6年/ 世界中のあらゆるトイレでうんちをぶりぶりしたい

  1. トップ
  2. うんちぶりぶりブリ大根
  3. 2021/02/16 19:17:52 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ