シェア

「いま廃止が検討されている銀河ア...」、@soymilk_mg さんからのスレッド

いま廃止が検討されている銀河アリーナとは、相模原市のスケート場・プールの兼用施設です。正確には、「でした」と過去形になります。プールとスケートの切り替え費用が赤字となっており、スケート場通年化を視野に入れてプールの営業を廃止したためです。施設改修ののち、通年化を検討していました。

しかし、このコロナ禍を引き金にしたわけではありませんが、相模原市の財政は他の殆どの自治体と同じく歳入は減少または減少が見込まれ、介護などの福祉の費用の増大から悪化が見込まれています。また、予想より高額だったのか、23億円の改修費用を負担することが難しくなったというのが背景のようです

単に廃止しないでほしい、という声がたくさん必要なのはもちろんですが、実際に銀河アリーナでスケートを始め、今に至り、実情もある程度耳にしているので、パブリックコメントにおいていくつかの提言をしました。焦点は大きく分けて3つあります。
スケート教育、収益確保、そして運営についてです。

スケート教育について。現在は、相模原市スケート協会が、早朝スケート教室をはじめとして、県民スケート教室、相模原市内全校の小学校を対象にしたスケート教室を担っています。これは大変意義のある活動であり、相模原のスケートの歴史を語る上で市スケート協会の尽力を無視することはできません。

銀河アリーナの電話番号の末尾4桁は、銀河アリーナ設置に尽力した当時の相模原市スケート協会会長の誕生日です。初心者の私の手を引いてスケートを教えてくださった恩師でもあります。別の場所にあった野外リンクの頃からスケート教室を運営してきたのは、会長のお力あってのものと考えております。

そうした感謝を持った上で申し上げますが、銀河アリーナでは、基礎スケート以上のことを習うことができず、スケート教育に不足が生じています。これが何をもたらすかというと、「習うために別のリンクへスケート人口が流出する」ということです。なぜかというと、スケートは独学が難しいからです

なぜ基礎スケート以上のことを習うことができないかというと、一般滑走中の営利目的の指導が禁止されていることに起因します。そのため、親を伴ってやってくる子供と、自主練する大人が、いわゆる繰り返し施設を利用する「常連客」になります。しかし、習うとなれば別のリンクへ行く必要があります。

スケート業界に限らずですが、習い事のほとんどは、先生の下に生徒がいる、いわゆる徒弟制に近い構造で維持されています。そのため、先生がいるからリンクに行く、レッスンがあるからリンクに行く、という行動が喚起されます。銀河アリーナには先生がいないため、リンクに行く動機が減っています

基礎スケートの最高点であるA級は、クロススケーティングと両足のターン。これは、フィギュアスケートの級に照らせば初級にも満たない内容であり、それだけ練習し続けるのはモチベーションの維持が難しいためか、型が厳しく決まっているためか、級を取る前にスケートに来なくなってしまう方が大半です

習い事を習い事として続けるためには、新たな課題が必要ですが、基礎スケートには新たな課題のバリエーションがもうないのです。ハーフサークルや片足でのターンなど、趣味で続ける人にも練習できることはたくさんあるのに、一般滑走中に、銀河アリーナではそれらを習うことができません。

基礎スケート課程が果たしてきた役割は大きく、スケートの入門や、スケートに親しんでもらう人を増やす目的には十分かない、人口も多かったために今まではこの形を維持することができました。しかし、人口減少に伴い、今後のスポーツ施設維持には独立採算に近しい黒字が求められると考えられます。

特にスケートに関して言えば、基礎スケートよりスモールステップで、先が長く、スケート愛好者が長くスケートを続けることのできる課程があります。世界中で採用され、日本でも導入が進むISIテストによる指導課程です。プロの指導を解禁し、ISIテストを導入して再起を図っていただきたいと考えます。

スケート場の維持には、定期的に通ってくる人の存在が不可欠です。選手になるのは若年層のごく一部ですが、その選手になる子供達が練習するためのリンクの維持には、そのほか大勢の利用者が利用料を支払う必要があります。それには、多くの大人がスケート場を利用し利用料を落とす仕組みが必要です。

残念ながら、選手になるのは子供たちですが、子供たちをリンクに行かせてやれるのは、大人の財力でしかないのです。趣味でスケートを続けてリンクに行く人も、レジャーで遊びにくる人も、リンクの維持には必要不可欠な人材です。こうしたスケートに親しんだ人材が増えることには大きな意義があります。

スケートに親しむ人が増えれば、自分の子供がスケートを習うことに理解を示したり、各企業でスケート場やスケートチームのスポンサーとなったり、選手個人のサポーターとなるなど、競技への支援が広がります。リンクの維持を容易にし、競技を続けるアスリートの利につながる大きな意義を持っています。

政令指定都市となった今、相模原市は他市町村をリードする存在たらねばなりません。しかし、市が過剰な財政負担を負うこともまた正しくはありません。市営である以上、市民のための施設であるべきですが、市民のためにも受益者負担の原則のもと、他市利用者を含め利用者を増やす取り組みをすべきです。

二つ目に、収益確保の取り組みです。すでに収益については教育の項でも触れましたが、他にも収益確保のために、ネーミングライツ・場内広告などのスポンサーを募るべきと考えます。また、市民団体のみならず、企業や個人による占有利用枠取得の促進をすべきと考えます。

端的に言えば、収益を得る機会を逃しているのです。市営の施設に対し広告がそぐわない、という考えもありますが、それだけではリンクの運営が立ち行かない。そもそも、建て替えや改修に関する費用は、ここまでの運営で資金がプールされていて然るべきでした。過度に市が財政負担を負いすぎているのです

利用者を増やすことで広告の対比用効果が上がり、かつ広告費による歳入確保ができるのですが、相模原市はそうした取り組みを積極的に進めてきませんでした。努力はしたが廃止しなければならない、ではなく、努力もしないが廃止する、では納得できないのは当然の考えではないでしょうか。

先生がいないから基礎以上を習えない、広告もない、ネーミングライツもない、これは、市としての全ての公共施設の運営姿勢に通ずるものがありますが、金を取ればいいというものではありませんが、金を取らなくていいわけでもないのです。維持管理のために必要な費用は、原則受益者負担であるべきです。

そして、受益者負担を原則としつつ、事業の主体として市が旗振りに立つべきなのです。なんでも市が負担して公共サービスを行うべきではありません。公共サービスを念頭に置きすぎたからこそ、今日の市政の行き詰まりがあります。行政だからできること、行政が負担すべきことの境界の引き方が甘い。

廃止しないで、建て替えか補修かしてよ、23億円出してよ、とは言うのは簡単なのですが、今後の地方行政の歳入が厳しいのは目に見えています。介護負担に加えて労働人口も減っていますし、そもそも国民の多くが低賃金で労働しているためでもあります。地方行政はあおりを食っている状況です。

しかし、同時に子供たちの未来の可能性を断つわけにもいきません。その競技を始めるきっかけは、住居の近くに協議を行う環境があったから、というのが大半のアスリートに共通の条件です。未来のトップスケーターは、リンクのある環境からしか誕生しません。また、優れた指導者も必要です。

銀河アリーナには、スピードスケートショートトラックの優れた指導者がおり、日本トップレベルの選手が育っています。フィギュアスケートは、残念ながら一般滑走中の指導ができないため、他のリンクに移籍するなどして銀河アリーナからはトップ選手が育っていません。環境と指導者はセットです。

逆に言えば、銀河アリーナという住居の近くのスケート環境を失えば、相模原市民の子供たちがスケート選手になる未来は絶たれるということになります。ぜひ、子供の未来につながる環境を残していただきたいと考えます。

三つ目は、割と個人的な思いになるので簡単に致しますが、立地条件的に駅からも遠く、わざわざやってくる利用者に対して、着いたら「混雑してるからジャンプ・スピン禁止」と言われることを想像してほしい、という要望をいたしました。これでは足が遠のいてしまいます。

レッスンが受けられて練習ができるからこそ人は通ってきます。子供が学校に行くような時間帯にも多くの大人がレッスンを取るからこそ、指導者はスケート指導専業で子供の指導を行うことができます。日本は少子化で子供がとにかく少ないため、大人を取り込まねば全てのスポーツは立ち行きません。

日本が世界に誇るスケート選手の台頭には理由がなかったわけではありません。環境があり指導者がいたのです。未来の日本の子供に、どうしたら環境という可能性を残せるでしょうか。廃止の選択だけでなく未来に続く行政のために、改革と利用者への適切な負担を求め、パブリックコメントを送りました。

皆様、よろしければメールフォームのところをクリックしていただき、住所とお名前を添えて廃止に反対のご意見をお送りいただけませんでしょうか。コメントは自動入力メッセージ記載の通りで結構です。どうぞ宜しくお願いいたします。

どこにでもいる普通のよっぱらいです。昭和生まれ主婦大学生趣味スケーターの個人アカウント。国内外、あちこち旅に出ています。趣味は燻製、特技は洋裁、猫分は必須栄養素。特に理由もなくメシ画像と猫画像と妄想その他をTLに流すよ!※RTミュート推奨 勝生勇利推し。夫妻で気絶するとマイルが減って航空券が生えるぞ✈️

  1. トップ
  2. 手前豆腐(葉月)
  3. 2021/02/20 13:47:52 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ