シェア

「マトモな科学者たちは、真摯に現...」、@takuramix さんからのスレッド

マトモな科学者たちは、真摯に現実を観察し理解し反省し改善してきたワケだ。それは10年前から既に始まっていたが、これを陰謀論と不安煽りで叩き続け、「科学者を信じるな!」の大合唱を指揮してきたのが報道である。
報道は何一つ反省していない。ただ、潮目を見て、論調を損しない方向に変えただけ

…やっと、科学側の地味な努力が無視できないほどのものになり、これまで好き放題にデマと不安煽りをしてきた連中についているのが不利になってきたから、報道の風向きが変わってきただけの事。今後もこういう事は繰り返されるだろう。
いつの時代も、悪辣で卑怯な者こそが短期的には勝者となる。

…なので、悪辣で卑怯な者が勝者であり続けるために採用する戦略は、
「不安を煽って稼げる内に稼ぎ、早く売り抜けて次の獲物を見つける」
というもので、
漁場を荒らしては他所へ移っていく密猟者みたいなもの。
大切なものを守る側は、地味で不利な状況に耐え抜くしか無い。それでも…

…それに耐え抜くしか道は無く、それに耐え抜けるだけの強さを、その社会がもっているかどうかが試される。
そこで、折れてしまえば、不安煽りやデマで稼ぐ連中に食い尽くされて終わり、悪辣な連中は何一つ責任などとらない。食い散らかした挙げ句に、それでも足りぬと墓を掘り出すような事さえする。

…涼しい顔をして、
「皆さんの努力が実ってよかったですね!ちゃんと反省して偉いですね!」
と味方のふりをしてすり寄ってきたりもする。
そして、こういう連中こそは、「信じさせる技術」に長け、それを悪用する事に何の躊躇いもない連中なのだ。
誰を、何を信じるべきか、が問題だ。

…その「信じる」は、「信じさせられた結果」では無いか?
その「信じる」の目的は何なのか?
それを「信じる」事で得ようとしているものは、本当に自分の為になるのか?
このあたりが、あまり考えられていないように思う。
その状態でも「信じる」には強く人を縛る力があるから厄介なのだ。

…「信じるな」ではない。「信じる」という心の作用が人の未来を大きく切り開いてきた事実がある。それは人間の大きな強みだ。
しかし、同時に、これは人間を滅ぼしかねないほどの力をも持っている。適切に使いこなせなければ身を滅ぼす。
なのに、その使いこなし方は、あまり重視されない。
危険だ。

私の機能一覧:歌う事以外、殆どやる気を見せません…人様のお役に立てるような能力は衰退しました(-_-;)……何をやってる人か良くわからない人なので、「機能」が欲しい人は私にがっかりするでしょう。<私が応援する写真家さんのリンク>→ juntakai.com

  1. トップ
  2. タクラミックス
  3. 2021/03/28 12:32:08 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ