シェア

「出産時、病院でお腹が痛くて痛く...」、@myuuko さんからのスレッド

出産時、病院でお腹が痛くて痛くて唸っていたら、高圧的な助産師さんに「出産までまだまだなのに、こんなんで痛がってたら産めないわよ」と冷笑されたんだけど、交代した助産師さんが「さすがにこんなに痛がるのはおかしい」とチェックしてくれて、胎児の心音が止まっているのが発覚、緊急で

帝王切開、そしたら、へその緒が元々短い上に首に絡まっていたことが判明、そりゃそこで止まってたらいくら陣痛があっても出てこれない(お産の進みが遅い)わけだよねー、ということがあった。もしも担当が高圧的な助産師さんのままだったら、親子共々すでにこの世にいなかったかもしれない。

今思い返しても怖いのは、私自身が高圧的な助産師さんの言葉を信じて「こんなに痛がってちゃいけないんだ」と思っていたこと。心音チェックの時も「私が痛がるせいで余計な手間を…」って本気で思ってた。心音停止と聞いてもジョークかと思った。緊急度を患者自身が適切に判断するなんて無理だ。

そしてなにより、他の医療従事者にとっては異常に見える痛がり方でも、単に「大げさだ」としか思わない医療従事者もいる、ということ。医療従事者の判断がいつも正しいとは限らないことを患者側は頭に置いておく必要がある。

高圧的な助産師さんは、帝王切開になったと聞いた後ですら「結局切っちゃったのねぇ」とバカにした感じで言っていたので、一生変わらないんだと思う。ひとふたりを殺しかけて反省ゼロだもん。あれはさすがにむかっときた。

そういや、うちの母が入院したときも、どんなに調子がおかしいと訴えても夜中だからかナースに無視されたらしく、最終手段としてベッドから出て廊下に這い出してそこで寝るという形で抗議して、それで仕方なく血液検査してもらったら「普通なら死んでいる」数値が出たのだそう。

結論としては、ヤバイと思ったら医療従事者の言葉に従わなくていいってこと。そこで遠慮してたら最悪死ぬから。死ぬよりは、大げさに騒いで迷惑がられた方がマシだよ。ほんと。死なないで。

心理学系の論文アブストをまとめたログは togetter.com/id/myuuko をご参照ください。 ただしアブスト&適当翻訳なので間違っている可能性があります。botは過去のアブスト紹介(〜2021.1)の再掲です。内容が古いものが含まれていますので,その後議論が生じている可能性があります。ご注意ください。

  1. トップ
  2. Yuuko Morimoto
  3. 2021/04/05 19:03:52 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ