シェア

「F1はレギュレーションの抜け穴を...」、@rui314 さんからのスレッド

F1はレギュレーションの抜け穴をついて新機能を開発したチームが異様に速くなるみたいなことが結構あるので、仕様書を読んで合法な(しかし可能な限り奇妙な)解釈をするのが好きな人たちには向いてるかもしれない。

パッと思い出すだけでも、
・燃料タンクが容量だけで規制されていたので、燃料を冷却することで密度を高めて他のチームより実質的に多い燃料を入れていたチーム
・クルマの下の気圧が低いほうがコーナリングが吸い付くようになるので、でかいファンを載せてクルマの下から空気を吸い出していたチーム

・車体後方の気流を整えるために排気ガスを利用していて、減速するコーナーでも排気ガスをたくさん出すために、スロットルを戻しても空ぶかしするだけのクルマを作ったチーム

・可変空力デバイスは禁止だが、人力なら禁止されていないという解釈で、ハンドルの横に空気の通る穴を開けてそれを手の甲で塞ぐと気流が変わるという仕組みを開発したチーム(みんなコピーしたので、禁止されるまでみんな片手運転しないといけなかった)

あと普通にエンジニアリングとして面白いのも結構ある。可変空力デバイスは禁止なので、フロントウィングはあまり歪んではいけなくて、実際に上から荷重をかけてたわみを計測するみたいなテストがあるんだけど、テストはクリアするけど実戦だとなぜか異様にたわむフロントウィングを作ったチームとか。

なんかたしかそれは、カーボンファイバーでウィングを作るときには普通は繊維の方向を揃えないようにして、たわみやすい方向みたいなのがないように作るんだけど、そのフロントウィングは、あえてある方向にだけたわみやすいみたいなものを作ったんだったと思う。

・スタートのシグナルが実は無線制御で、ある信号が送られてから0.5秒後とかにスタートするみたいなことを突き止めたチームが、異様によいスタートを決めていたとか。(もはや走りとは全然関係ないがルールにはたぶん反していない)

シグナルのリバースエンジニアリングに対しては、ランダムな遅延が足されるようにあるグランプリから仕様が(黙って)変わって、チートしていたチームのドライバーは全員フライングになった。

4人のドライバーがまったく同時に(つられてというレベルではなく)フライングしている動画

Google(日本とアメリカ)/スタンフォード大学大学院コンピュータサイエンス学科→無職

  1. トップ
  2. Rui Ueyama
  3. 2021/04/08 01:42:21 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ