シェア

「個人的に世界最高レベルだと思っ...」、@satetu4401 さんからのスレッド

個人的に世界最高レベルだと思ってるスウェーデンの教育でさえ、経済競争力の低下や若者の就職難を解決できていないので、教育で国をどうこうするのは無理だと思ってる。スウェーデンに出来ないなら何処にもできないと思うわ

フィンランドとか北欧のあの辺は教育にどんどん新しいものを取り入れていて、オンラインゲームをテクノロジーや協調性の訓練に取り入れたり非常に意欲的なんだけど、結局そんだけやっても最も重要な社会の発展にはなんら影響を与えられていない、教育力的には遙か格下の中国にボッコボコに負けてる

こうした教育への素晴らしい取り組みと、惨憺たる結果を照らし合わせるほど「読み書きそろばん以上の教育は有害なのでやるべきではない」という結論になる

ではなぜ教育レベルの低い中国がこれだけ勝っているのか? 他の教育レベルが低い国と中国との違いは何か?

これは調べて行くと簡単で「工場の多さ」が国民のレベルに直結している

もっと本質的な言い方をするなら「近代化後に登場したものが多い国ほど発展する」ということだ

学校は近代化前からあった、それを増やしても近代化には影響しない、工場は近代化後に生まれたので増やすと近代化が加速する

つまり近代化の根源である工場で働く人間が増えれば増えるほど、感覚で近代国家を理解する人間が増える

近代の感覚を持つ人間が増えれば、国は急激に近代化し経済力やテクノロジーが発展するというわけだ。工場こそが近代国家の真の教育施設であるということ

考えれば当たり前のことだ。20世紀初頭に近代的な工場で働くことが出来るのは近代国家の国民だけだった。

後進国には農場しかない。せいぜい地主の白人から「この機械は我が国の最先端の工場で作られたものだ」と教えて貰うくらいだろう

そしてアメリカやヨーロッパの人間は最先端の工場で働いて近代的な経験を積み、後進国の人間は農場で作物を育てるだけだ

最先端の工場で働く白人たちはどんどん近代的感性を身に着ける一方で、農場で働きながら話で効く程度、差はどんどん開いて行く

ところが近年その構造が逆転している

現在は後進国の人間が近代的な工場で働き、どんどん近代的な感性を磨いて行く一方で、先進国の人間は教師から「この製品は中国の工場で作られています」と話で聞くだけだ

なぜ中国がこれだけ発展したのか、なぜ先進国が落ちぶれたのか、考えるまでもない

工業機械や大量生産の現場すなわち「近代国家の基盤」が街中にあって、大人はそこで働き、子供はそれを見て育つ国

工場で作られた製品は身の回りに沢山あるが、生産については話で聞くことしか出来ない国

どちらが先進国で、どちらが後進国か?

Twitterの極北へようこそ。思考実験や未整理の情報を散らかしているから、使える物と危ない物を区別して持って帰ってね。Amazon amzn.asia/gTe1vFR

  1. トップ
  2. 砂鉄
  3. 2021/04/21 02:15:19 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ