シェア

「漫画アシスタントは結構マジで社...」、@BigotVinus さんからのスレッド

漫画アシスタントは結構マジで社会的に「仕事ではないし、職業ではないし、人間ではない」と考えられていて、アシ本人も別にそうした権利を望んでないし、そうした考えすらない人が多い気がします。
アシは漫画家になるための足掛かりで、半人前のお手伝いさんみたいな感覚。

アシスタントを長く続けている人は新人アシにナメられやすい(だって連載できてないんでしょ?笑 的な)し、場所によっては数年ごとに放流される職場もある(いつまでもアシしてないで自分の漫画描いてデビューしなさい的な)。
人気漫画の現場ほどこの傾向は高まる。業界の底辺がアシスタント。

実際漫画の裾野はかなり広がって、媒体を選ばなければ連載勝ち取るだけなら難易度はさほど高くはないと言われているし、社会的に漫画家はすごく求められている。
でもアシスタントは底辺職で誰からも見向きもされない日陰の劣等生なので誰もやりたがらない。しかも生活も大変。

結果、アシの多くは「早く抜けたい」というモチベーションで漫画を描きデビューして辞めることが多くなります。
しかもアシ技術が低い人ほど早く辞めます。なぜならアシ技術が高い人ほど多くの漫画家さんから求められるので、「生活できちゃう」んですよね。求められると嬉しいから仕事も受けちゃう。

そして今漫画家業界がどうなっているかとあうと、慢性的なアシ不足。
単純な話、1人の漫画家がアシ3人必要としてるとして、漫画家の母数が増えたらアシは足りなくなる…

現在の若手の漫画家さんは、たいていアシスタントをすごくリスペクトを持って接してくれて、とてもありがたいし、自分が連載を持った時もリスペクトを絶対に忘れないようにしたい。
しかし、業界全体的に感じるアシスタントへの蔑視、社会からの軽視は如何ともしがたいものがあります…

昔自分がアシスタントしてたマンガ(有名作品)の原画展に行った時、見知らぬファンの人たちが「見てよ、この背景の描き込みヤバい…●●先生スゴ…」って感動してたんですけど、それ私が描いた背景なんです…😂とはさすがに言えんかった。認識すらされないアシスタントの存在。

もちろん賃金的にはアニメーターの原画マンよりは優遇されてるのかなと思いますが、技術職、専門職としては下の下です。
時給換算で1000円以下、残業代無しの職場も多く、給料が安いため掛け持ちしなければならず複数の絵柄を描き分ける技術が必要とされ、生活は安定せず、なんの保障もされない。

アシスタントの生活が良くならないのはそもそも新人漫画家はお金を持ってなくてあげられないから…という悲しき事情もあり、賃金の値上げ交渉なども難しいのが現状。

アニメは日本の宝!アニメーターが薄給で使われてるのはおかしい!それはその通り。
そして、多くのアニメには原作の人気漫画があり、人気漫画を生み出すためにはたくさんの新人漫画家が必要で、その下には連載を支えるアシスタントがいるのです。

長々書いたけど要するに新人漫画家やアシスタントにもちゃんとお金を回して!ってことです。
ほんまに切実😭

「チェンソーマン」の背景がめちゃくちゃカッコよくていつも参考にしてたのですが、チェンソーマンのメインアシスタントだった方は今「ダンダダン」を描いていて、その超絶技巧を遺憾無く発揮している。
連載開始当初は「チェンソーマンのアシスタントだったんだって!」というコメントが多かったけど

3週間も経てばそんなコメントはほぼなくなり、作品そのものの面白さを語るコメントで埋め尽くされる。
ダンダダンは「チェンソーマンのアシスタントが描いた漫画」から「すげー面白い漫画」となり、アシスタントという存在は人々の記憶からまた消えていく。諸行無常。

それはそれとしてダンダダン、あまりに背景のクォリティが一定なのでまさか背景もぜんぶ一人で描いてるのでは?という説が自分の中で濃厚みを帯びてきており、作者の龍先生自身がターボババアなんじゃないかという疑惑がある。

漫画家 YouTubeで「漫画家漫語り」やってます。youtube.com/channel/UC0kqY… TRPGなどアナログゲーム好き。

  1. トップ
  2. た介
  3. 2021/04/22 08:58:01 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ