シェア

「所功氏() ・皇位は男系限定。男...」、@Yaruo2021 さんからのスレッド

所功氏(cas.go.jp/jp/seisaku/tai…
・皇位は男系限定。男子優先だが女子も一代限り可に
・内廷と各宮家の女子一名に(女性宮家創設ではなく)当家相続資格を認める(今の女性皇族は結婚したら皇籍離脱する前提で育っており実際には離脱するだろうとも言及しているので、多分相続強制する案ではない)

所功氏() ・皇位は男系限定。男子優先だが女子も一代限り可に ・内廷と各宮家の...

・相続者が男女問わず不在となった宮家に、適任者がいれば、旧宮家の子孫を養子に迎える検討も可(ただし、その子孫は生まれてからずっと国民であり、平等などの観点から現行憲法下では極めて難しい。旧宮家が一夫一妻で既に半数絶家している事実を直視すべき、とも)

・皇籍離脱した女性皇族に公務を担当していただく必要はあると思う。ただ、その称号は「元内親王・元女王」でよく(「皇女」の拡大乱用は不可)、またその位置づけは、元皇族として天皇のお手伝いをさせて頂く内廷の職員とすることがふさわしい(公務員としての雇用は不可)と考えられる。

・明治の皇室典範・帝国憲法ができるまでの動向をみると、皇位継承の資格を男系男子に限らず女系女子も認めておく案や、側室庶子を認めるのは不適切という意見もあった。→

→ しかしながら、「男尊女卑」の傾向が強い当時の日本では、男性の上に「女主」を推戴し難いとか、男子を確保するには側室も否定し難い、というような主張が通り、成文化されるに至った

あと、「天皇には姓が無いのに女系継承すると易姓になる。欧州でも女系で家名が云々」という謎の理論もやな。

・戦後の「皇室典範」では、一夫一婦制を自明の前提としながら、側室も庶子も否定しているから、内廷でも宮家でも複数の男子をえることが難しくなったのだと考えられる
・男系継承は古代中国の儒教などが絶対視する父系(男系)尊重の思想的な影響だが、長く続いている歴史的事実は重視する必要がある

・戦後七十余年間に生じた皇室制度の諸問題に関する改革を一挙に解決することは難しい。実現可能な改善策を速やかに実現し、その後も検討を続け、状況の変化に応じて改善を重ねる努力が必要。典範の原則を残したまま、当分必要な改善策を「特例法」のような形で可能にすることが今のところ望ましい

以上の案、「女系継承・女性宮家創設以外は概ね認めて時間を稼ぎ、女系継承・女性宮家創設は今後も引き続き検討する」という考え方のように思われる。戦後70数年の問題を一度に解決するのは困難という氏の主張に全く同意なので、個人的にはこの方向性は良いと思う(ただし世論ウケは悪そうw)

何より、
・今の女性皇族の方々が結婚したら皇籍離脱する前提で人生設計している
・旧宮家の男系男子子孫は生まれた時から皇族で日本国憲法で保障された人権がある
・旧宮家の約半数が絶家している
・男系継承は古代中国の影響である
等々言及している点が個人的にとても高ポイント(笑)

ツイッターでやるお/最近読んだもの → note.com/yaruo2020/n/n2…

  1. トップ
  2. やるお寿司
  3. 2021/04/22 16:11:58 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ