シェア

「「私権制限が出来ないから思い切...」、@keiki22 さんからのスレッド

「私権制限が出来ないから思い切った感染症対策ができない」と言い張る連中は押し並べてバカだ。それを憲法改正に繋げようとする連中はさらに大バカだ。本来はそんなものはバーーーーかと言い放つだけで良いのだ。

そもそも強力な命令を出さなくても、この国の人たちは他国に比べて整然と従ってきた。当たり前の補償ももらおうとせずに自己責任で事態を改善しようとする人たちが未だ大量にいる。そんな中で強い私権制限をする権限なぞ行政が持っていなくても、易々と感染は抑えられたはずだ。

まず持って「検査をしないことの弊害」は人々に情報が共有されないことだ。人間は一発の正解を求めたがる。だからワクチンを求め、治療薬を求め、その一部の人たちが「行政に大きな権限を」と考える。

そもそも検査をしてない。検査の量が足りてないということは、俯瞰する地図がないまま前に進むようなもので、誰もがGoogle Mapを片手にナビゲーションで進めると考えてるからそんなことになる。

地図がない、ということは人々の間に地図がイメージできてないということだ。道は一つではないし、さまざまやれることがあり、その先にしか、ワクチンや治療薬はないのにもかかわらず、技術革新の能力がそれをもたらすと平気で考える。

検査によって得た地図を使ってする対策は、地味で繰り返しになり、試行錯誤もあるから一発逆転を狙う。そこに与野党は関係ない。この感染症が可視化された時に、「そこそこ長い戦いになる」と考えられなかった科学者、政治家はセンスがないとしか言えない。

今回は、とてつもなく多くの人にイメージの共有が必要だった。具体的に「検査を受ける」ということが、どういう手順で、どんな労力がかかり、どんな予算が必要なのか?それすら今の今でも多くに共有されてるとは言い難い。行政マン、政治家、はたまた医療者すら正確なイメージングができてない。

それを僕は去年からずっと「怠惰と無能」と言ってきてる。この「怠惰と無能」は本質ではなく状態だ。どうして頭のいい人たちが、社会に対しての責任感のある人たちが「怠惰と無能」に陥るのか?それは「舐めてるから」だ。感染症をそして不確定要素の起きる確率を舐めてるから。

「呑気」という言葉に置き換えても良いのかもしれない。とにかく「通り過ぎるはずだ」と思ってる。そりゃ通り過ぎますよ。その爪痕が死屍累々を生むとしてもいつかは通り過ぎる。でも、それで良いのにか?そんな状態で良いのか?それぞれが考え始めてるとは言えないのは、検査すら理解してないからだ。

徹底的な定量化、徹底的な可視化、これがこの10年近くの自民党政権、安倍晋三と菅義偉に壊された一番大きな部分じゃなかったのだろうか?そして、そいつらが一番望む憲法改正を、こんな災害時に連中は臆面もなく進めようとしてる。それを後押しするのは現状を理解できないバカどもだ。

国が無料で検査をするのがいい。でも、このコロナ禍に少しでも余裕のある人は自分で検査を受けてみて欲しい。どれでもいいよ。高いのでも安いのでも、巷間言われるほどの精度の違いなんて複数回の検査でなかったことに出来る。そのくらいPCR検査は確度の高い結果を出す。

それがどんなタイミングで受けた検査なのか?そして、その間どんなことを考えたのか?自分が受けた分だけの興味をネットでも良いから調べてみて欲しい。そして周りに伝える。1年経ってもこんな地味なことしか解説の糸口がないのは辟易するが、それが現実。

そしたらわかるはず。こんな検査ごときで「社会的なロジが組めない」「予算が」とか言ってた連中が国民の8割にワクチン接種できるはずないじゃん。しかもワクチンには、それ自身の有効期限と、打ったことの効果の期限がどちらもある。

そして、ワクチンも治療薬も膨大な臨床がないと決定的なものはそもそも作れない。その「臨床」の過程で検査は不可欠なの。その不可欠な検査を満足に出来ない状況で、神風のようなその効果に期待してても、検査がなければやはり知見は得られない。そんな仕組みくらい理解しようよ。

その間に何人が死ぬことを許容するんだ?

  1. トップ
  2. 横川圭希
  3. 2021/05/04 15:26:16 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ