シェア

「先日大学院生と話していた。若い...」、@oxomckoe さんからのスレッド

先日大学院生と話していた。若い頃は体力もあるしアイデアなど湧くように出たし、金よりも認知される快感が強力だったので、若い時は多少給料が安くても馬車馬のように働き、年齢が高くなったら仕事を楽にして給料をどんどん増やし大所高所から助言しながら遊んでいられる社会が理想だと僕は思うと。

大学院生は言った。私もそう思います。だって仮に若い時に大きな仕事ができてたくさんの俸給をもらったところで、税金で回収されるし、長い人生、将来にどんなリスクが待っているか分からない。だから年取ってからこそ無条件に保障されたいです。

僕は応えた。「だろー?」。

僕は敷衍した。成果主義者は、そもそも給与ベースの低い人間にパッと見大きなお金を私て見せて、尚且つ、次世代を育成する人々を仕事づくめにして考える時間を奪い、さらに年寄を安い金で若い頃と同じように働かせて早く死なせて財政をキレイにしようという、最悪の極悪集団なんじゃないか。

大学院生は問うた。しかしそんな政策を取る人間だって人間ですよね。なぜ、そんな自分を窮地に立たせるような政策を実行しようとするのでしょうか。体力が枯渇し、経済的にもリスクを抱え、加齢によって成果を出せなくなるのは彼らだって同じなのに。

僕は応えた。外科手術は自分でできないだろう?地雷原があることを知りながら自分の意志で突撃できる人間なんていないだろう?ということは、解答は一つだよ。歳をとって成果が出せなくなっても、仕事と高額の俸給が保障されている人々がそんなことを言うんだよ。「人間の屑」というのはいるんだよ。

母が言っていたよ。「他人の痛みは100年でも200年でも耐えられる。痛くないからだ」と。最終学歴が遠別農業高校の母が理解できることになぜ僕らの世界の人々は騙されるんだろうね。

大学院生は問うた。バカは死んでも治らないのでしょうか。

僕は応えた。バカは僕らも同じなんだ。人間の欲望を見誤った。ホッブズがすでに気づいていたことを愚かにも見落としていた。つまり我々は、「動物」に支配されている状態にある。気の毒なのはあなたたちです。残念ながら僕の講義を受けると動物じゃなくなる。これは本当に申し訳ない。

アメリカ合衆国建国史研究を一生やっていくのではないかと思います。リツイートさせて頂く場合、基本的に賛意、こういう意見もあるなどポジティヴな動機によります。晒し上げはしません。2017年まで北海道にいました。稚内18年、長万部9年。それ以外は札幌(予備校と北大)です。飲酒時に書いたツイートは翌日恥じて消すことがあります。

  1. トップ
  2. オッカム
  3. 2021/05/11 05:29:42 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ