シェア

「鳥栖戦を振り返っている。左イン...」、@takegola さんからのスレッド

鳥栖戦を振り返っている。左インサイドの仙頭がフリーマンのごとく動いて組み立てで数的優位を作る鳥栖。鹿島は松村が仙頭につくはずなんだけど、仙頭がカバーエリアから逃げていくのでずっと松村が浮いたまんま守備してる。中野伸哉にいってるの広瀬なんだけど、ここ松村でもよかったのでは…?

松村の先制点はグッド。数的優位で前進させたところで、中央のスペースに登場する荒木。鳥栖の中盤3枚のところに人数かけて中央突破が効いた。切り替えの速さも感度が揃っていたし、裏抜け続けてDFライン押し下げて中央にスペース作ろうとしていた松村へのご褒美。

今日の鹿島は守備がハマってないのもしんどいけど、苦しい時に蹴っても前で収められないから無理にでも繋ぐしかなくてそこで奪われて、殴られ続けるのもしんどいな。こういう時に綺世だったりエヴェの出番だったんだけども、今日はあいにく。

35分くらいから鹿島のボール保持のターンになるけど、鳥栖は山下だけ最前線に張らせて本田は下がって中盤のスペース埋めてる。荒木とかにスペース使われるのが嫌だから最初からそのスペースなくしてしまおう!後ろは持たせても怖くない!って考えだな。実際結構機能しとる。

45分の白崎のヘッドがバーに阻まれたシーン。こぼれ球に超速で反応した荒木のところからカウンター発動。連勝中はこういうワンチャンスが不思議なくらい決まって流れ持ってきてたんだけども…

鳥栖の同点ゴール。数的優位の組み立てで鹿島のプレス剥がして中野伸哉へ。広瀬を食いつかせて裏に出して中野嘉大走らせて、犬飼引っ張り出して中央の強度下げさせたところで、クロスからフィニッシュ。前半から親の顔より見た形。ここでも仙頭がカバーエリアから逃げてるので、やっぱり浮いてる松村。

後半になって裏へのランニングを入れるようになってきた鳥栖。組み立てで時間を得ると繋ぐだけじゃなくてロングボールもあるので超めんどい。鹿島がやりたいはずの陣取りを全部鳥栖がやっている。

鳥栖の逆転ゴールそのものは犬飼のミスだと思う。でも、今節の鹿島は圧縮するためのポジショニングの修正だったり、まず相手陣内にボールを運んで押し込んでいくのが優先だったり、相馬さんになってからベースにしなきゃいけないプレーの質がかなり怪しい。そこら辺をもう一度確認した方が良さげ。

犬飼のミスだったり、ピトゥカの投入がちょっとだけ遅かったり、入りそうなチャンスが入らなかったり、そういう紙一重の積み重ねがこっちに来てれば今日も結果は違ったはず。逆に言えば、連勝中もこういうのが鹿島の方に向かなかったら、もっと勝点は落としてたはず。今日だけ激的に悪い訳じゃない。

終わり。鳥栖の方がいいサッカーをしていたので勝った、という真理。鹿島は前プレと徳島戦・横浜FC戦みたいな圧縮撤退守備を上手く使い分けられないと、たぶん夏場死ぬ。その辺の感度は誰かが揃えてあげたほうがいい。

メンバー揃ってくればもうちょっと戦い方の幅が広がってくると思うので、もうちょい凌ぎどころで我慢しなきゃかな、と。あと、ピトゥカはめっちゃいいけど、今のレオと三竿は中々代えづらいので難しいなとは思う。リスクをどこで取って、どこでリターンを得るか。個人的には荒木とセットで見たい。

Blogger|Football|Kashima Antlers|ANTLOVERS MAGAZINE note.com/antlovers Editor

  1. トップ
  2. タケゴラ
  3. 2021/05/22 21:12:48 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ