シェア

「📞「初めまして。小学生の息子...」、@YASUHISA_KOKI さんからのスレッド

📞「初めまして。小学生の息子が御社を見学したいと言ってまして」

😄「大歓迎です(ちびっこ工場見学かな)」

📞「人工心臓に興味あって」

😊「あら嬉しい」

📞「HPの写真見て『これサック型だ』って」

🙂「ん?」

📞「三尖弁・僧帽弁の試作品と開発経緯を知r」

😱「シャチョー!シャチョー!!」

HPの写真から人工心臓のタイプと製造方法まで割り出し、模擬三尖弁(さんせんべん)と僧帽弁(ぞうぼうべん)と血液循環シミュレーターの仕組み・開発経緯を知るためにどうしても見学に来て実物を見たいという11歳の少年…

日本の未来は明るすぎるゼッッ!!!!!

大きすぎる反響に指がガタガタ震えております…

その後のやりとり及び今後のいきさつにつきましては、投稿済みのものも含めて改めてこのスレッドに統一して追加いたします。

何年経って読み返してもワクワクできる想い出の記録になればいいなと思います。

一点、先方のプライバシーやパーソナルな情報、研究内容については今後全て伏せる、又は脚色しますのでご理解ください。

コンプライアンス8:スッキリ2のバランスで投稿して参ります。

(再掲)
ちなみにその後の電話のやりとりは

📞「このご時世なので見学は…」

😄「ご心配ならリモート見学でも!」

📞「いや、本人が『絶対行く』って言って聞かないんです…」

😆「お住まいは?」

📞「北陸です」

😳「ほ、北陸!?」

😏社長「ほ〜ん(ニヤニヤ)」

でした!

(再掲)
自分としてはこんな有望な小学生君が当社に興味を持ってくれたことも喜ばしかったですが、無口な社長(父)が嬉しそうにニヤついていたのが印象的でした笑

その日は質問したいことや見学希望日についてメールですり合わせることを約束して電話を終えました。

しかしその後、驚きの事実が明らかになります。

翌日の朝、先方からメールが届きました。
あの電話の後、息子さんとこんなやりとりがあったそうです。

🙆‍♀️「安久さん見学OK!社長の田中さんが案内してくれるって。調べたら目の不自由な方のためのペンも開発してるんだね」
※弊社の『みつろうペン』のこと

🤔「……。」

🙆‍♀️「どうかした?」

🤔(自室から小5社会の教科書を持って来る)
🤔「田中さんてこの人じゃないかな〜?」

🙆‍♀️「え?……😱!!」

実は一部の社会科の教科書に中小製造業の紹介として安久工機が開発したみつろうペンの事例が採用されています。

会社名など載っていません。
社長の写真があるだけです。

その写真の作業着の胸元に小さく「安久工機」と書かれていることに彼は気づいてくれたんです。

それを知った私は思いました。

実は一部の社会科の教科書に中小製造業の紹介として安久工機が開発したみつろうペンの事例が採用されてい...

「いやもうマンガじゃん!!!」

「絶対会わなきゃいけないやつじゃん!!!!!」

「出会うべくして出会ってんじゃん!!!!!!!!」

どうやら小5の時に学んだみつろうペンのエピソードをずっと覚えていてくれたよう。
そして偶然にも、今一番見学したい会社がそこだったと。

そんなわけで、具体的なことはなーんにも決まってないわけですが彼に会えるのが待ち遠しい日々です。

別に"天才"だから会いたいんじゃないです。
彼を"天才"だとか"博士"だとか、そんなのは大人にとってキモチイイ脚本を当て嵌めてるだけです。
(大きな大きな自省をこめて)

純粋に、私たちが信じて取り組んでいる仕事に興味を持ってくれたこと、私たち(社長か?)に会いたいと言ってくれたことが嬉しいし、そんな子ボクらだって会いたいに決まってます。

この出会いによって彼のモノづくりが好きな気持ちがもっともっと飛躍してくれたら嬉しいなぁと思います。

つづく

試作開発・特注治具・特注実験装置・一品物等、“こんなモノがつくりたい”を実現する大田区の町工場。『構想設計→製図→加工調達→組立製造』までマルっと対応。人工心臓から折畳み式カラーコーンまで、分野材質問いません。

「アイデアを図面にできない」「どこに頼めばいいかわからない」
安久工機があなたと一緒にチャレンジします!

  1. トップ
  2. 安久工機_ゼロ→イチの試作開発設計専門_since1969
  3. 2021/06/02 13:59:29 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ