シェア

「先々週のことなので速報ではない...」、@hangorinnokai さんからのスレッド

先々週のことなので速報ではないですが、都内のオリパラ会場が今どうなっているか有志で見に行ってきました。そこで目にしたのは、どこもかしこも白い鋼板で封鎖された広大な敷地、これからさらに通行規制をするというお知らせの数々。公共の用に供されるはずの空間が奪われ続けているさまでした。

【有明テニスの森】約16万平米の敷地、48面のテニスコート、1万人収容の有明コロシアムなどを有し、スポーツを楽しむ人々で賑わう場所だったが封鎖され110億円をかけて改修工事中。(今はインドアコートのみ供用)昨年夏にはなかった仮設の観客席が増設されていて、観客入れる気満々。今も何か施工中。

【有明テニスの森】約16万平米の敷地、48面のテニスコート、1万人収容の有明コロシアムなどを有し、スポー...

有明テニスの森続き。ビックサイト側から真っすぐ続く、公園を南北に通りぬけるシンボルロードなる通路も7月3日~9月14日まで閉鎖されてしまうとのこと。こんなに大回りしなければならないなんて、すごく不便じゃないの?と思うけど、この辺りに住んでいる人の生活感覚としてはどうなんだろう?

【有明BMXコース】広い敷地が延々と白い壁で囲われている。一段高いゆりかもめの駅からのぞくと、何年もの間荒涼としたボタ山みたいだったところに観客席が3会場分作られていた。

【有明体操競技場】収容人数12,000人。総工費は200億超。でも、これ仮設施設なんですって。大会後は都に譲渡され、中小企業振興のための展示場として10年程度利用するとのこと。完全に無駄施設では?ここも白い鋼板で封鎖中。

ところで、有明では4カ所の都有地でオリパラに向けた仮設駐車場の整備工事がまさに行われているところだった。この写真は地図の①、作業員の方が除草作業をしているところ。#tokyo2020 開催中止を求める声にも関わらず、既成事実を作ってしまえば人々は黙るとばかりに着々と開催準備が進められている。

【有明アリーナ】昨年2月に完成披露式典をしたのに、その後もずーっと閉鎖されたままで、あれ?また工事中?都が新設した会場の中で唯一黒字が見込まれるのに運営権は電通に。建設に際し熱帯林破壊の疑いも。2019年に訪れた時には写真を撮るなと言われたこともありました。

ちょっと驚いたのが、有明アリーナから橋を渡った向いにある豊洲六丁目公園が大幅に封鎖されていたこと。え?まさかここもオリパラ関係あるの?と思ったら案の定。「観客の手荷物検査所」として使用するだって!?開催するのも観客入れるのも公園潰すのも全部ダメだろ!
toyosugururi.jp/news/entry-303…

【葛西臨海公園カヌー・スラロームセンター】建設費73億円、7500人収容、1億8600万円の赤字見込み。国内競技人口は300人しかいないのに年間10万人の利用を目論んでいるらしい。廃墟まっしぐらではないか。
ここも2年前に完成披露式典を行って以来、広大な敷地がずっと閉鎖されている。

葛西臨海公園続き。会場はやはり延々と白い鋼板で囲われている。観客席もチケット窓口みたいな小屋もある。

葛西臨海公園続き。この写真1枚目は先日、それ以外は2年半前のもの。来園者の駐車台数を増やすため、東京都オリパラ会場整備事務所によって松の並木が伐採されたことがわかります。代々木公園の件で多くの人が公園の木を切るなと声あげましたが、8年間こういうことは各地で起こっていたのです。

【夢の島公園アーチェリー会場】19年4月には完成第1号の完成披露式典が催された会場。てっきり公園内の「コロシアム」という部分に競技施設を作って終りだと思っていたら、昨年1月訪問時、一般供用されていた陸上競技場が五輪関連工事のため閉鎖されていた。まずその時の写真を。そして先日訪れると…

夢の島続き。こちらは先日の写真。行ってみて驚いた。園路以外のほぼすべてのエリアが立ち入り禁止になっており、案内図をよく見ると来週6月14日には公園出入口や階段を封鎖・通行止めにすると書かれている。(第五福竜丸展示館はやってます。)

夢の島公園続き。そして昨年訪問時「会場は完成したのにまだ何か作るの?」と疑問に思っていた陸上競技場には巨大な観客席がドーーーン!と建っていた。信じられない。オリパラでスポーツの素晴らしさを謳いながら、一般の人々がスポーツを楽しむ場を長期間に渡って潰し、その上コロナ禍に巨大観客席。

まだ続きます。一休み。

夢の島公園にはBumb東京スポーツ文化館という、スポーツ設備などを廉価で利用できる都の施設がある。ここもオリパラのため閉鎖。横断幕も垂れ下がって廃墟感が。なお2020年も当初の五輪開催期間に向け閉鎖されていたため(4枚目)長期間に渡って一般住民が利用できない状態だ。何がスポーツの力だか。

【辰巳海浜公園一帯】東京辰巳国際水泳場と東京アクアティクスセンターがあるこの一帯。そもそもアクアティクスセンターと仮設練習場建設で公園の大部分が潰されていたが、今、ますます広範囲が封鎖されつつある。まず4月には辰巳水泳場本体が封鎖。
(2020年1月の投稿↓)

辰巳続き。
BBQ広場→2019年7月仮設練習用プールのため封鎖
ドッグラン→2020年2月封鎖
連絡橋→2021年5月封鎖
道路左が仮設プール、右がアクアティクス、写ってないけど奥に辰巳水泳場という位置関係。奥までずっとフェンスが続いている。
そしてこの道路も最初の図面によると6月28日には封鎖される。

辰巳続き。公園内も広範囲にわたって白い鋼板で封鎖。その向こうに要塞のようにアクアティクスセターがそびえている。ペタンクなど珍しいスポーツが楽しめることが売りの公園だったようだが、それらも2月以降順次封鎖されている。今現在かろうじて広々しているエリアも7月1日には封鎖されるようだ。

辰巳続き。地域の人々に親しまれていた公園がどんどん狭められていく一方で開催準備は推し進められている。4月に封鎖されたシャッフルテニスやペタンクの施設(1枚目)には謎テントが乱立。その隣にはチケット窓口と思しきプレハブなど、観客を入れる気満々の設備がそろえられている。公園返せ。

【お台場海浜公園】大腸菌で悪名高いトライアスロン会場。レインボーブリッジから撮影。観客席も作られている。図面中央のわずか白い部分、水上バス乗り場付近を除けばほぼ全面封鎖。海側にまで鋼板を建てて、何かが攻めてくるとでも思っているのだろうか。

お台場海浜公園は果てしなく続く白い鋼板で封鎖。海上の五輪マークにはほとんど誰も興味を示さない。商業施設の中には #Tokyo2020 公式ショップがあり、しばし観察していたが足を止める人もなく閑古鳥。少なくとも「オリンピックまであと2カ月!楽しみ!」という雰囲気はどこにもない。

【潮風公園】ここも2年前から封鎖されている。その際、野宿者排除も起こった。ビーチバレー会場だとばかり思っていたら、それだけじゃなくオリンピック放送機構TVスタジオもここに作るらしい。ふざけてる。

オリンピック・ビーチバレー会場:潮風公園で野宿者排除(2020.3) tmblr.co/ZVXF2tXyg8jS4u…

【青海アーバンスポーツパーク】3on3やスポーツクライミング会場。写真1、2枚目の巨大な観客席は図面のほんの右側3分の1程度。それほど広範囲が封鎖されている。中央にあるシンボルプロムナード公園(実は都立公園)も3月から通行止めで、お台場方面に向かうには大きく迂回しなければならない。

青海続き。この封鎖されたエリアの西側(図面左半分)にはオリンピック・ワールドワイドパートナーのオメガや国内ゴールドパートナーENEOSなどの企業パビリオンのようなものが乱立。スポンサー企業のためのエリアになっている。

【大井ふ頭中央海浜公園】48億円で大井ホッケー競技場を新設。ここも大部分が封鎖されていた。写真3枚目は図面左下の角。もはやお馴染みになったチケット小屋や謎テントがここにも。公園に入ろうと思ったら画面右奥の歩道橋まで400m歩かなければならない。

大井続き。48億円のホッケー競技場を拝んでやろうと思ったが、くすんだ #tokyo2020 バナーのかかった大井スポーツセンター側からはフェンスやテントでよくわからない。大田スタジアム側まで足を運び、白い鋼板の上まで手をのばしてようやくそれっぽいものが確認できた。

レポはここまで。どこもかしこも封鎖、封鎖、封鎖。私たちの税金で、公共の土地に、頼みもしない巨額の施設を作っておきながら、私たちは締め出され奪われる一方。企業は儲け、負債は私たちの将来にのしかかる。こんなことはもうやめよう。東京で終りにしよう。五輪廃絶。
#NOlympicsAnywhere

2020東京オリンピック招致・開催に反対です!。 WE DON’T WANT THE 2020 OLYMPICS IN TOKYO! Facebook facebook.com/page.no.olympi… hangorin2020 (at) gmail.com

  1. トップ
  2. 反五輪の会 NO OLYMPICS 2020
  3. 2021/06/07 17:14:03 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ