シェア

「川上先生も、写真に写ってる松田...」、@kyoshimine さんからのスレッド

川上先生も、写真に写ってる松田先生も、私が世話になったことのある弁護士で、言いたくないんだけど、この記事に出ている日弁連の態度は無責任。

問題提起はいいけど、何を根拠に不接種は「不利益を被ることがあってはならない。」と主張するのか。医学研究の同意と違う。

「ワクチン接種しないと退職要求」「職場にチェック表貼り出し」医療従事者の相談、日弁連が公表(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース

「ワクチン接種しないと退職要求」「職場にチェック表貼り出し」医療従事者の相談、日弁連が公表(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース

日弁連は6月9日、新型コロナウイルスのワクチン予防接種に関する「人権・差別問題ホットライン」の結果を公表した。 ホットラインは5月14、15日に実施し、37都道府県から208件の相談が寄せられた。

news.yahoo.co.jp

ヘルシンキ宣言26項
患者の研究への参加拒否または研究離脱の決定が患者・医師関係に決して悪影響を及ぼしてはならない。

31項
被験者候補は、いつでも不利益を受けることなしに研究参加を拒否する権利または参加の同意を撤回する権利があることを知らされなければならない。
med.or.jp/doctor/interna…

これは、医学研究には原則説明と同意がなければならないとした上で、さらに進んで、同意拒否は患者にとって不利益とならないことを保障すべきだたと規定したもの。
医学研究(主に介入研究・人体実験)が患者にリスク・不利益をもたらすことと歴史的反省を踏まえて、患者を強く保護するものだ。

少なくとも、今問題になっているコロナワクチンは、公衆衛生的な必要性が高く、医学研究のように任意性を強く保障しなければならない状況ではない。
日弁連が、公衆衛生と人権保障のバランスをどう考えているのか、それを憲法や法令のどのような規定で根拠づけて主張するのかが見えない。

「ワクチン接種をしないと実習を受けさせない。そのため単位を与えられないなどと言われて強制されている」(看護学生)

私はセミナーをやったので知ってるんだけど、看護実習は、医療現場にとっては負担で、色々な問題があるが、医療の将来のために必要不可欠だから協力しているもの。

医療現場ではクラスター発生は大変なリスクで、従事者や患者の生命健康を害し、医療提供継続ができなくなってしまう。感染防止のために、例えば家族の面会もできないし、従事者の会食制限など、医療機関はもう1年も大変な犠牲を払ってきている。
あえてワクチンを打たないと実習できないのは当たり前。

日弁連は、そのような犠牲と困難を考慮も紹介もせず、一方的にワクチンを打たずに実習できないとはけしからん、不利益を一切与えるべきではないと高所から主張すしているように見える。少なくとも報道ではそうだ。

そのような姿勢は、人権擁護でもなんでもなく、公衆衛生の敵ではないだろうか。

なお、看護実習と、退職要求は全くレベルが違う。引用の通り、どういう状態でどういう要件が雇用者に課され得るのか、法的な整理が必要。それを日弁連が整理するべきなのではないのか?
(おそらく日本では、従事者の善意頼みなのでは。労働法は暗いので分からない)

東京の弁護士(58期、第一東京弁護士会所属)。経済学部出身。千葉県市川市出身。【趣味】スキー、日本酒、読書(中毒)【興味ある分野】医事法(医療情報法、医学研究法、ヘルステック、応招義務)、統計的・経済学的証拠、デリバティブ、デジタル・フォレンジックス、裁判のIT化、リーガルテック、刑事弁護【物欲】カメラレンズ、靴

  1. トップ
  2. 弁護士 吉峯耕平(「カンママル」撲滅委員会)
  3. 2021/06/10 07:27:58 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ