シェア

「東芝の報告書、深刻な内容なんで...」、@shonboring777 さんからのスレッド

東芝の報告書、深刻な内容なんですけど、、、示唆が整理しきれていないので、ちょいちょい出てくる小ネタを紹介していきたいと思いますw

①メールを使わずSMSで長文を送り付ける車谷氏

①メールを使わずSMSで長文を送り付ける車谷氏

②強権発動をほのめかす菅首相(当時官房長官)

③「丘の上」と隠語で呼ばれる菅首相(当時官房長官)

④「日本人の典型的な~」「...は基本です」「ハーバードの場合」等等、イラっとする上から目線のコメントを繰り返す某M野氏(元経産省参与)

⑤電話の後は元気がなくなり、メールが遅くなる某M野氏(元経産省参与)

⑥ハーバード(HMC)から露骨に迷惑がられる某水N氏(元経産省参与)

⑦経産省とのズブズブの関係が明るみになることを懸念し、報告書の開示を渋る東芝社外取締役

⑧虚偽の供述を繰り返す車谷元社長

⑨「エフィッシモをMETI(経産省)に叩かせる」「こわもて対応」等、あからさまに経産省の圧力を期待する東芝代表取締役副社長

⑩こわもて対応の結果、「エフィッシモがびびってきている」となぜか誇らしげな経産省課長

⑪期待通りに動かなかったエフィッシモに対し、「一般的な信義則として」「一社会人として」等と抽象的な感情論で非難をぶつける経産省課長

⑫強権発動・越権行為で得た情報をボロボロと漏らしてしまう経産省課長

⑬執行役が経産省を利用して株主に圧力をかけていることを知りながら、黙認する社外取締役(監査委員会委員長)

なお、5月の決算説明会では、株主のファラロンがこの社外取締役(太田氏)の取締役選任に異議を表明していました。この報告書を読む限り当然の主張に感じます。

nikkei.com/article/DGXZQO…

最後にM野氏のツイートを振り返って締めたいと思います。

水N氏"ハーバードとは長年の信頼関係にあり、その上で相談に乗ることはあります"

ハーバードの見解と随分異なりますね!
"HMC(ハーバード)と関係のない人物から、望んでもいないミーティングの要請を受けた"

なお、経産省関係者はK1課長、K2審議官、K3局長、と全員Kで表記されていますが、イニシャルではなく経産省のKと思われます。

K1→K氏(現製造産業局総務課長/京大→コロンビア大留学)
K2→A氏(現総括審議官/早大政経)
K3→N氏(退職→東大客員教授/東大法→オックスフォード大留学)

愚鈍なる自宅警備員。呟きの大半は非保有銘柄の備忘録です。
ヘッダーの絵はHenri Fantin-Latour 「Hydrangeas, cloves and two pots of pansies」

  1. トップ
  2. しょんぼりんぐ
  3. 2021/06/10 16:48:22 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ