シェア

「「チコちゃん」去年1月31日放送「...」、@ksk18681912 さんからのスレッド

「チコちゃん」去年1月31日放送「なぜお肉屋さんでコロッケを売っている?」

答え:洋食のコックさんがお肉屋さんに転職したから

チョウシ屋という店の創業者がポテトコロッケを発明し、昭和2年に日本初のコロッケを売る肉屋を開店したという話。

この話、全て嘘です。

チコちゃんに叱られる.com/8779.html

「チコちゃん」去年1月31日放送「なぜお肉屋さんでコロッケを売っている?」 答え:洋食のコックさんがお...

嘘その1

東京では大正時代から肉屋がコロッケを揚げ始めました。

大正12年の関東大震災後には、肉屋でコロッケを揚げる習慣が広がります。

昭和2年創業のチョウシ屋は、他の肉屋の習慣に追随したにすぎません。

嘘その2

ポテトコロッケはチョウシ屋の創業者が発明したものではありません。

もともとはフランス/イギリスの伝統料理。

現存する日本最古の西洋料理書にも登場する、日本では明治時代からおなじみの料理。

嘘その3

西洋料理店ではポテトコロッケを出していなかったというチョウシ屋の話は嘘。

大正時代には安洋食屋でポテトコロッケが出されていました。

まず嘘その1について。

夏目漱石の息子、夏目伸六は明治41年東京の早稲田南町生まれ。

彼が小学生の頃、つまり大正時代には肉屋がコロッケを揚げていました。

”ところで、当時、このN達が通って居た早稲田小学校の前あたりに、小さな肉屋が開店して、夕方になると、店先で、即製のコロッケやカツレツを、ジュージュー音を立ててあげて居た。”

”今でこそ、何処の肉屋でもやって居ることだけれど、その頃は、まだまだこれが珍らしい時代であって、夕飯時ともなると、付近の内儀さん連が集って来て、いつも店頭に列をつくって居た”(『続 父・漱石とその周辺』)

この早稲田小学校に通っていたNという小学生ですが、夏目伸六の記憶によると、後に文芸春秋編集長となる鷲尾洋三の同級生。

鷲尾洋三は夏目伸六と同じ明治41年生まれですから、早稲田の肉屋がコロッケを揚げ始めたのは大正時代から。

『串かつの戦前史』では、この他にも大正時代の肉屋がコロッケを揚げていた事例を取り上げ、なぜ大正時代に肉屋がコロッケを揚げはじめたのか、その理由について考察しています。

新刊『串かつの戦前史』冒頭部分公開|近代食文化研究会|note

上流階級向けの高級フルコース料理として始まった明治初期の西洋料理は、次第に大衆化し、庶民の日常へと溶け込んでいった。 その大衆化が行き着いた究極の姿が、屋台でコップ酒片手に立ち食いする串かつであり、肉屋のじゃがいもコロッケであり、社食や学食のカレーライスであり、デパートのお子様ランチであった。 西洋料理はいつ、どのようにして大衆化していったのか。フルコースから串かつに至るまでの歴史を明らかに...

note.com

『古老がつづる下谷・浅草の明治、大正、昭和2』には、明治43-44年生まれの三人の女性の思い出話が掲載されています

彼女たちが女学校1、2年の頃、つまり大正時代には谷中にコロッケ屋ができて、そこでコロッケを買っていたそうです

コロッケ専門店らしきものも、大正時代にはできたのです

早稲田の肉屋のコロッケがポテトコロッケであったか否かはわかりませんが、関東大震災後には、肉屋や惣菜屋がポテトコロッケを揚げる習慣が東京中に広がっていきます。

昭和2年創業のチョウシ屋は、そのような多くの肉屋の一つに過ぎなかったのです。

明日は、関東大震災後の肉屋におけるポテトコロッケの普及について。

新刊「串かつの戦前史」発売中です amzn.to/3eEtKyO
過去ログはtwilogで並び順を朝→夜に設定すると読みやすくなります goo.gl/3zafho
本の更新情報等一部情報はblogにて管理しています
goo.gl/uL8DWB

  1. トップ
  2. 近代食文化研究会@新刊「串かつの戦前史」発売中
  3. 2021/06/15 04:49:56 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ