シェア

「 SARS-CoV-2に対するイベルメクチ...」、@Alzhacker さんからのスレッド

SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの作用機序:エビデンスに基づく臨床レビュー記事

現在、世界中でワクチンの普及が進んでいるが、これらのワクチンが提供する免疫力の持続性や、新たな変異株に対する保護の役割については、まだ議論の余地がある。

イベルメクチンは、ワクチン接種の順番を待っている一部の人々の「安全の架け橋」として採用されることは、「論理的」な選択肢として考えられる。

2021年5月16日に公開されたデータによると、早期治療および予防に関する36件の研究のうち、100%が肯定的な効果を報告している(全55件の研究のうち96%が肯定的な効果を報告している)。

このうち、26の研究では、隔離の統計的に有意な改善が見られた。最も深刻なアウトカムを用いたプール効果によるランダム効果メタアナリシスでは、早期治療と予防でそれぞれ79%と85%の改善が報告された(RR 0.21 [0.11-0.37],0.15 [0.09-0.25])。

この結果は除外を前提とした感度分析では81%と87%(RR 0.19 [0.14-0.26]と0.13 [0.07-0.25])査読付きの29件の研究に限定しても同様であった。82%と88%(RR 0.18 [0.11-0.31]と0.12 [0.05-0.30])であった。死亡率、換気回数、入院回数、症例数、ウイルス除去率について統計的に有意な改善が認められた

早期治療と予防については、17件の無作為化対照試験(RCT)のうち100%が肯定的な効果を報告しており、推定改善率はそれぞれ73%と83%(RR 0.27 [0.18-0.41],0.17 [0.05-0.61])28件のRCTのうち93%が肯定的な効果を示している。

これまでの55件の研究で、効果のない治療法が肯定的な結果を生み出した確率は、23兆分の1と推定される(p = 0.000000043)。このように、さまざまな症例で陽性結果が一貫して得られていることは注目に値する。観察された結果が偶然に発生した可能性は極めて低いと考えられる。

イベルメクチンは,健常者では血漿タンパク質に強く結合する(93.2%)。このような「avid-binding」は、栄養失調や低アルブミン血症が一般的な国で投与する場合に有益であり、イベルメクチンの「遊離画分」の利用率を高めることにつながる。

低アルブミン血症は、COVID-19の患者に頻繁に見られる所見であり、また、肺障害の重症度にも関連していると思われる。したがって、イベルメクチンはこのような環境で使用すると有用であるかもしれない。

通常量のイベルメクチンを投与した後に副作用を起こした患者に、機能喪失を伴う2つのヒトABCB1ナンセンス変異があることが報告されている。この知見は、イベルメクチンや他のABCB1基質の医療用処方に注意を促すものである。

高濃度のイベルメクチンは血液脳関門が「漏出」している場合にのみ宿主のGABA受容体にも結合できる。BBBが無傷の健康なヒトではP糖タンパク質の薬物ポンプ(MDR-1)によって薬物が「排除」されるためこのようなことはない。ChandlerらはIVMの過量投与を除いて神経系の副作用の可能性がないと考えている

イベルメクチンの抗ウイルス剤としての作用機序には、以下のようなものが考えられる。

1 細胞外のウイルス粒子を不活性化する。
2 ウイルスの付着や侵入を防ぐ。
3 ウイルスゲノムの複製を阻止する。
4 特定のウイルスタンパク質の合成を阻止する。
5 新しい感染性ウイルスの組み立てや放出を防ぐ

早期治療!多剤併用!イベルメクチン、フルボキサミンを手元に。

大量の論文を武器にCOVID-19と神経変性疾患(認知症)の根絶を目指す。
リコード法、FLCCC、Robert W Malone

・長文&誤訳多し 引用先を参照
・非医師 特定の治療を推奨せず
・疑問に思ったら過去ツイ読んでね

凍結まで後何日だろう…

  1. トップ
  2. Alzhacker
  3. 2021/06/16 15:12:49 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ