シェア

「拡散希望! #首相会見 本日17日の...」、@ESmdcre さんからのスレッド

拡散希望! #首相会見
本日17日の菅首相記者会見で、またも虚偽説明をした疑いが濃厚になった。当然の如くNHKでは中継打ち切りとなっていたが、最後のフリーランスのインターネット報道メディアIWJ代表の岩上安身(いわがみやすみ)氏の質問内容に、菅首相の顔つきが明らかに変わり紅潮した。

岩上『先程、G7サミットの話の質問が出ましたが、私もサミットに関連して質問をさせて頂きます。総理は先程、G7サミットで民主主義国家が結集したとこのように仰られました。しかし、G7サミット直接の6月10日にですね、フランスのマクロン大統領は記者会見において、インド太平洋戦略に関連して、

『我々は米国と連携しない。中国のしもべにもならない。とEUと米国の対中外交の違いを説明した』とロイターが報じております。『バイデン大統領が対中強行姿勢に傾くのに対して、EUは距離をおくという姿勢を示した。インド太平洋を米中対決で封鎖してはならない』と。このように述べたとロイターは

伝えています。因みに、このマクロン大統領の報じた国内メディアは、わずか産経のみでした。ここで疑問が湧くんですが、サミットでは本当に対中包囲網について、結束が図られたんでしょうか?

サミットの共同声明を読みますと、台湾有事については確かに言及されているんですが、中国を名指しで

非難することは、慎重に避けられております。これはG7では分裂は避けられたものの、妥協が図られたというのが実情ではないのか、というふうに思います。

総理、菅政権は今国会で重要土地規制法に見られるように、総理の権限を異常なまでに強化しようとしております。これは、内閣独裁を実現する改憲による『緊急事態条項』の先取りと思われます。何故、かくも、戦時独裁体制の確立を急ぐのか。ミサイル配備もそうですけれども日本国民には十分な説明も

ありませんし、同意もありません。また、もし、内閣独裁体制となれば、日本は先程総理が仰った普遍的な価値を重んじる民主主義国家のグループから脱落することを意味してしまいます。

ーー何とここで『すみません、ご質問をお願い致します』と司会進行役が横やりが入った。

はい、はい!と答え、質問が続く。

米国の覇権を守るため、中国との戦争の先兵となることを自ら買って出るような、原発を抱えたまま、破滅的な戦争に挑む愚というのは、避けるべきではないかと思われます。EUのように米中対立に冷静に距離を置くそうした道というものも探るべきではないかと。

考えますが、それもまた、従属国ではなく、主権国家の在り方ではないかと思いますが、総理のお考えをお聞かせ下さい」

ーー本当によくぞ、言ってくれた。メディアはこうでなくてはいけないという見本だ!

菅首相は、しばらく呆気にとられたようにそのまま5秒ほどが経過。
そして、「私は、まさに主権国家の内閣総理大臣として、G7サミットに参加をして、先程、申し上げました。国際社会の普遍的価値、このことについては、そこは、G7の中で全ての国々との中でですね、共有しているものであります。

それと、マクロン大統領とも私、個別会談をしました。そこについては、対中包囲網なんかは私ども作りませんから!まず。そこについてやはり普遍的価値を共有する国というのは極めて大事な訳でありますから、そこはしっかり対応して行こうということで一致をしております。

ー意味が全く分からない

それと、土地問題ですけども、その、独裁国家みたいな話ありましたけど、これは国会で『堂々と』国家として必要だから法案を提出をして、国会で議論頂いて決定した訳でありますから『極めて民主的な』中で、行われていることだというふうに思いますし、自らの国を自ら守るということがある意味で、

独立国家として当たり前のことだというふうに思います。」と答え、憮然とした表情でどこかを睨んでいる。

司会進行役「ただいま挙手されている皆さんには恐縮でございますけれど、このあと、一問メールでお送り頂きたいと思います。後日、回答を『総理』より書面で開示、HPで公開させて頂きます。

どうぞ、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。それでは以上を持ちまして本日の記者会見を終了させて頂きます。ご協力有難うございました。」

ーー内閣総理大臣による違憲・違法な住民監視法案にも関わらず、菅首相は『土地問題』と矮小化。
しかも、提出期限を超えて無理矢理提出した法案を、

堂々と提出したといい、衆議院での強行採決や、参議院での、参考人質疑だけで終わるはずの委員会で、それが終わった後に、突如として採決したいと言い出し、内閣委員長の職権を悪用し採決しようとしたことは一切語らず、極めて民主的に決まったなどと発言。更に、自らの国を自らが守るのは当たり前

だとして、戦争には一切言及しなかった。また、岩上氏が問うた、『戦争は避けるべきで、EUのように米中対立に冷静に距離を置く。そうした道というものも探るべきではないか。それについて総理の考えを聞かせて欲しい』ということには結局は答えない。そして会見終了。

追伸。恐らくこのやり取りは、官邸などの不当な圧力などで国内メディアは一切報じないことが予想されます。しかし、実際にあったことです。YouTubeでは最後まで見れましたし、ネット上に広がれば無かったことには出来ない。勇気を持って事実に基づき、菅首相の本質に迫った岩上氏に敬意を表します。

無言フォロー歓迎。共産党応援中。コロナはただの風邪、絶対NG! 自民党について。まず「日本会議 安倍」で検索してみて下さい。次に「四季の会 NHK」で検索して下さい。そして「宗教法人 安倍」で検索を!自民党の本質と岩盤支持層の一端が…。宗教法人に法人税はかかりません!それは一体どの方向に向かうのでしょうか。

  1. トップ
  2. ケイ
  3. 2021/06/17 22:30:18 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ