シェア

「【拡散希望】 同様の被害を避ける...」、@tea_of_nepal さんからのスレッド

【拡散希望】
同様の被害を避けるため、可能な限り多くの方に読んでいただけると幸いです

「苦労して得た知識や人脈などは、たとえ信用できる方でも軽々しく教えるべきではない」というお話

今年の1月の末ごろに日本青年会議所からのご依頼で、ネパールでのビジネスについてのリモート講演を(1/20)

【拡散希望】 同様の被害を避けるため、可能な限り多くの方に読んでいただけると幸いです 「苦労して得た...

させていただきました。
趣旨としては大まかに「ビジネスとしての資本投下で途上国への援助支援などを行うため」であったと記憶しています。

弊社の紅茶にまつわる仕事内容や、どのように人脈を築いたか、如何にして最東端の僻地イラムでの仕入れに至ったか、
具体的に、0からスタートして、(2/20)

どのような手順で、どのあたりの地域に行って、どのような方に会って、どのような仕事をしているか、またそれによるリスクなど、
質疑応答などもありましたのでネパールのためになるのであればと思い、失敗談や命の危険にさらされた事など可能な限りの話を述べさせていただきました。(3/20)

この講演につきましてはネパールのためになるのであればと思い年末年始の業務の合間を縫って準備も講演も無償で行っています。
(おわびとして主催の方が紅茶をイベント用にたくさん買ってくれました。)(4/20)

時計を進めて今年の6月
一番信頼する取引先であり家族のように付き合いのあるイラムの方から
「少し前に日本青年会議所という組織のネパール支部の人が、急にイラムの自分の会社に訪ねてきて紅茶のオーダーをしてきた、
私は彼らのことを知らないがあなたは何か知っているか?」と言われました(5/20)

しかも話をよく聞くとオーダーの量はなんと1トン!
今日初めて会った会社の人間に対して大会社並みの取引量をいきなり売ってくれと!?
どんな人かもわからないのに?
飲んだこともないのに?

いくらなんでもおかしいでしょう。

彼らはこれを日本にプレゼントすると言っていたようですが、(6/20)

どう考えてもルートや販売方法などある程度の商売の形を見越した上での本気の商売の量です。

もちろんたまたま講演と時期が重なって紅茶の商売を始めようとしていただけの偶然の可能性もないわけではないが、(7/20)

1,他に紅茶の産地はいくらでもあるのにわざわざ最も遠いイラムまでやってきた。
(イラム以外にも産地はいくらでもある、茶園の良し悪しはそれぞれだがダージリンのように産地として名が飛びぬけているわけでもない)(8/20)

2,コロナで移動も難しい時期にわざわざネパール国内を500㎞移動してやってきた。
(交通網が寸断され、そもそも都市の出入りに通行手形が必要なことすらある今の時期にわざわざ?)(9/20)

3,紅茶を扱う業者はそれこそいくらでもあるのに狙ったかの如く弊社の取引先に。
(そもそも首都にも紅茶の業者はいくらでもある、普通の会社はこちらから買い付けるし、イラムに来てよりによって弊社の取引先に「やあ奇遇ですね」とはならない)(10/20)

昔誰かに言われたが、「偶然が三つも重なることなんてない、それは誰かがわざとやっている」。(さらに書けない内容はまだいくつかある)(11/20)

これらの内容から
善意でやった講演の内容から漏れた情報のせいで色々なものをすっ飛ばして販路や商売を真似る、或いは乗っ取ろうとしている輩がいる、
(またそのせいで知り合いに迷惑をかけている)
と考えるに至りました。(12/20)

もちろん他人が何の仕事をしようとそれは勝手です。
世の中の商売の殆どは誰かの専売ではないですから、ぱくろうが真似ようがそれも自由です。
だけどそのような事をされるために懇切丁寧に解説したわけではないです。(13/20)

善意でネパールのためにという聞き手であったからこそ普通はしないような話をもしているのです。

商習慣として行儀が悪いと思いますし

何一つ苦労をしていない輩に手柄を横取りするような真似をされて気分がいいはずがない。(14/20)

講演をご依頼いただいた方は本当にネパールのためにと思って話を聞きたいとの事であったと思いますし、
講演先が日本青年会議所という大きな組織である以上そこに所属する方々の行動や考えが良し悪し様々であるのも理解できます。(15/20)

これは対面で話をした方、ご依頼をいただいた方の人間性のみを見て、そこに連なる方をすべて同じ善意の人ばかりと考えた僕のミスです。
誰もが善意によって動いているわけではないし、大勢の人が関わるようになればうまい汁を吸う事だけを考える方もいくらでも紛れ込んできます。(16/20)

苦労して得た知識や人脈などは、たとえ信用できる方でも軽々しく教えるべきではない。
ということが身に染みた数日でした。(17/20)

ちなみに
「真似してルートごと販路ごと商売を取り込んで奪ってやろう」そう考える方がいるくらいに儲かっているように見えるのも光栄な話ですが、儲かってません。
紅茶の商売は紅茶協会のえらいさんがしみじみと「昔はよかった」とか語るくらいに儲かりません。利ザヤがないのです。(18/20)

両雄が並び立つことなどないですし、群雄が割拠すればみんな酸欠で死にます。やめてください。(19/20)

また、
わずか10年ばかりのまだまだ短い期間ではありますが
色々な方の直接間接の様々な支援応援をいただきながらネパールのために頑張っておりますので、
あとでこちらが模倣したなどと言われぬためにもここに書き記しておくものです。(20/20)

エベレストの麓で紅茶の買付・輸送を行う人、カトマンズでヤクザと追いかけっこしたりする、もちろん逃げる方で。 最近ネパール政府から勲章をもらった。 #ネパール紅茶 #イラム紅茶 #ほんものの紅茶 #戦う紅茶屋さん

  1. トップ
  2. TEAPARTY@紅茶王子
  3. 2021/06/27 02:51:32 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ