シェア

「何年かかってもいいから「東京202...」、@NAVY_ICHIHO さんからのスレッド

何年かかってもいいから「東京2020大会史録」みたいな分厚い本を作成してほしい。ここに至るまで膨大な資料が作られ、多くの人が関わり、そして今の状況になったわけで、事例研究として格好の材料になる。

招致時点で想定していた気象条件と現実の乖離、大会ロゴマーク選考に代表される「有識者」の不見識、市民参加の不発、責任者の不在、政治との距離の置き方、広報対応やマーケティングの不味さなどなど、数えきれないほどのものが積み込まれている。

東京大会で問題となった部分は、ロンドンやリオでも大小の差はあれ指摘されていたことで、これらで課題となった部分を研究していたのかどうか。「日本なら大丈夫」と思い込んでいなかったかどうか。

東京オリパラ組織委は東京2020大会のビジョンとして「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会」を掲げているので、それも検証対象ということで。

本当にこの大会ビジョンとコンセプトで掲げたものと、現実でやらかしたことを比べるだけで、分厚いものが出来上がりそう。

大会ビジョン

大会ビジョン

東京2020大会の大会ビジョン及び3つの基本コンセプトについてご紹介します。

olympics.com
  1. トップ
  2. ユキカゼ
  3. 2021/07/20 09:02:29 公開
シェア

「すまとめ」はTwitterの長文スレッド(長文スレ)・連続ツイート(連ツイ)を1つの記事にキレイにまとめるサービスです。長文スレの最後に、「@matomesu まとめて」とコメントを付けるだけで、まとめ記事がこのように作成されます。

おすすめスレ